ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々380】BOB MARLEY / KAYA semスキン用のアイコン02

  

2016年 08月 21日

e0006692_17571189.jpg 夏はやっぱりこれかな。暑い夏の午後、締め切った部屋で今年買ったエアコンを効かせて、大きな音でボブ・マーリーを聴いた。少しばかり心が満たされた気分だ。

 駄曲なしのこの充実した作品が、「Exodus」と同時期の録音なんだそうな。とても「残り物」という感じではない。怒濤の名曲連発。名盤そのものという感じだ。もう一方の「Exodus」も相当凄いから、何を作っても傑作ができるような創造性のピークにいたのかな。

 最初の3曲、この明る目の3曲がアルバムのカラーを決めている。この感じは好きだな。大きな音で聴くとまたよさが引き立つ。ズンと来るベース、歌に引き込むようなフィルインのスネアの音。バックのコーラスの絡みもいいし、じわっと流れているオルガンの響きもいい味を付けている。

 ③とともに⑤の「Satisfy My Soul」も ベスト盤「Legend」に選ばれているが、その他のどの曲もベスト盤に選ばれそうな曲ばかりだ。それに、テンポの変化もあり、短調の曲もうまく配してあって、飽きさせない。曲良し、録音良し、流れ良しだ。

 ⑦がやや弱いけれど、終わりの2曲がまたいい。特にラストの、太鼓が絡む「Time will tell」がいいな。余韻が残る。この終わり方は、「Burnin'」の「Rastaman Chant」を思い出す。

 1991年の「レコード・コレクターズ」誌、ボブ・マーリー特集号を開く。山の村にいた頃。ちょうどこの夏に見た家族ビデオの時代。ボブ・マーリーも、その頃よく聴いていた中の一つだ。子どもたちもこんな音楽に包まれて育ってきたんだな。「Time will tell」か…。確かに時が語ってくれた。思った通りのいい子達に育ってくれて幸せだ。

e0006692_1993439.gif

by pororompa | 2016-08-21 19:10 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々379】RY COODER / PARADISE AND LUNCH semスキン用のアイコン02

  

2016年 08月 13日

e0006692_13161668.jpg 帰省していた息子と娘がまた街へと戻り、ゆるやかな時間が流れている。今年は教育関係の集会にも参加してくれたりして、ひときわ印象に残る夏の帰省だった。家族を撮った古いビデオを大笑いしながら観たのもいい思い出になった。

 その古い動画の中で、ぼくがその頃聴いていた音楽が流れていた。このライ・クーダーに合わせて、幼い息子が踊る場面もあった。「刷り込みじゃ」と息子達は笑っていた。

 このアルバムは、「流れ者の物語」の次に出たアルバムで、出た当時はジャケットがあまり好きじゃなくて持っていなかったが、30才辺りからまたいろいろと音楽を聴き始めた中で買い求めたものだった。この辺りの一連のライの作品は、全て星5つの傑作だと思う。

 昔は好きじゃなかったこのジャケットも、今見直すとなかなかいい味を出してる。明るいイエローも、とぼけたようなライの表情やトロピカル・ドリンクも、アルバムのトーンに合っている。明るいアルバムだ。

 ラストにジャズ・ピアノの重鎮、アール・ハインズがゲストで出てくるが、この後「ジャズ」と題した作品を作ることを考えると、ライのその頃広げていたアンテナが想像できる。分厚い野郎コーラス隊もそうだ。これもこの後の「ライ・クーダー・ライブ」辺りに自然に繋がっていく。

 それからもちろん、たっぷり聴けるライのギターも最高だ。甘く温かい音色でマリンバが絡んでくる「Mexican Divorce」なんかを聴いていると、家に居ながらもリゾート気分に浸ることができる。
e0006692_15353327.gif

by pororompa | 2016-08-13 15:36 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)