ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々377】THE MILLS BROTHERS / THE MILLS BROTHERS & FRIENDS semスキン用のアイコン02

  

2016年 06月 19日

e0006692_17334463.jpg 夏風邪だと甘く見ていたら、38.7度まで上がったよ。何だこれ。ちょっとしたインフルエンザの感じ。一日ずれたら参観日が欠席で、色々面倒なことになっていただろう。まだちょっと頭がふらつく。

 ヤフオクで買ったLP3枚組の箱物。送料込即決で500円とかだったのですぐ落としたが、これ、売ってる方に何か利益あるのだろうか。届いてみたら盤も箱もかなりきれいなのでさらにびっくり。

 調べてみると、久しぶりに買ったLPだった。以前立て続けにLPを買い続けたが、期待通りの盤に出合えなくて、それから買ってなかった。本棚買ってLPが何十枚か入るスペースが空いたので、また買おうかという気にはなっていたのだ。

 DISKPORTっていうレコード会社あったかな? 西武系? 調べたらやっぱりそうだった。解説は瀬川雅久さんで、ジャケットもしっかりした感じだから、安っぽさはない。帯まで付いてるけど、すぐ外した。こんなものありがたがる人の気が知れない。

 曲はもちろん手持ちとダブりは多いが、時代がSPの頃の人だから仕方がない。ただ、昔、CDが出初めの頃聴いたミルスが、LPより格段落ちる、加工されたような音だったので、ミルスは針で聴きたいと何となく思っていた。サッチモとの共演が11曲入っているので楽しみにしていたが、全く聴いていないのは2曲だけだった。

 その2曲は最後の2曲、「懐かしのヴァージニア」と「スワニー川」。さすがに音は悪かった。派手なスクラッチ・ノイズ。あまりいいSPが残っていないのだろう。でもその隙間から流れてくるのは…。本物だなあ。本物の音楽にしばしノイズを忘れてうっとり。ジャケットも含めて得した感満載。

e0006692_1881243.gif

by pororompa | 2016-06-19 18:08 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々376】SONNY ROLLINS / CUTTING EDGE semスキン用のアイコン02

  

2016年 06月 05日

e0006692_1449884.jpg 梅雨入りだそうである。毎年6月は教員にとってはそう忙しい月ではないのだが、今年は久しぶりに研究授業なんぞが回ってきて若干忙しい気分ではある。指導案書きが終わってしばし休憩。

 「野ばらによせて」。ロリンズのこのアルバムを取り出すのはいつもこの曲を聴くためだ。買ったのももちろんこの曲を聴くためだった。まだ職に就く前、FMで流れて来たのが初めてだったと思う。素晴らしいバラードだ。クラシック畑の人の作品らしい。

 ロリンズは、ゆっくり時間を掛けて、語り、綴り、解きほぐしていく。無伴奏ソロの最後の方で、モントルーの聴衆の感動が高まり、拍手喝采に包まれながら、バックの演奏が加わり美しいテーマに入っていく所がたまらない。

 他の曲はあまり印象には残らないか、聴くのに疲れるような曲だ。4曲目のバラードはまあまあだけど、ラストの「スウィング・ロウ~」の調子っ外れの珍妙なバグパイプにはちと閉口する。ギターの増尾はがんばっているけれど。

 それでもこのアルバムは、好きなアルバムだ。「野ばらによせて」1曲だけでも持っている価値はある。

e0006692_15113743.gif

 

by pororompa | 2016-06-05 15:12 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)