ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2015年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々370】ART PEPPER QUARTET semスキン用のアイコン02

  

2015年 11月 23日

e0006692_18403035.jpg 風邪をひいてなかなか咳が止まらず、苦しい日が続いているが、娘が帰ってきていたので、気分的には明るかった。友人の結婚式だったとかで、またすぐ東京に戻っていったが。正月には息子も帰って、家族全員揃いそうなので楽しみだ。ぼくが事務局長の年末の大きな集会もその頃には終わって、ゆっくり正月気分を味わえるだろう。

 さて、アンプを替えてから、休みの日にはLPを主に聴いている。「ベサメムーチョ」の名演で有名なこのタンパ原盤のアート・ペッパーは、以前CDにしようとした時に、音跳びが発生してうまくいかないまま、ずっと聴いていなかった。でも昔から大好きな盤である。

 コンテンポラリー盤ほどではないけれど、56年にしては音もいい。そして、このLPの大きな魅力は、「ベサメムーチョ」と「アイ・サレンダー・ディア」の楽譜が付いていることである。吹けるわけではないけれど、ペッパーのアドリブを譜面を見ながら追っていくのは楽しい。

 それにしても、この軽やかなソロよ。緩急付けながら、情感豊かに綴られる即興の旋律の見事さ。天才の絶頂期だったのだなあ。麻薬がなければ…。惜しいものだ。それでも、残されたいくつかの名演を喜ぶべきか。

 盤面が傷んでいなかったので、またCDにしてみることにする。作るのは面倒だが、聴くのはやはりCDが便利だ。

e0006692_19135516.gif

by pororompa | 2015-11-23 19:14 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々369】HELEN MERRILL / THE NEARNESS OF YOU semスキン用のアイコン02

  

2015年 11月 07日

e0006692_21391367.jpg 忙しい日々だが、突然思い立ってアンプを替えた。サンスイの「AU-α607MR」。昔から関心を持っていた中古アンプではあった。

 中華デジタルアンプの音に不満を持っていたわけではないのだが、LPを聴きたいと思ったり、いろいろな入力を切り替えて聴けない不便さを強く感じ出してこうなった。不調だった元のアンプマランツの「PM-90」に戻る気はしなかった。これはいずれ売ろうと思う。

 音についてはあまり期待していなかったが、やはり何か豊穣になったような気がする。濃いというか、深いというか。インスタント・コーヒーから豆で淹れたコーヒーに変えたような違いを感じた。思い込みでも、そう感じられるだけいい。とにかく急にいろいろ音楽が聴きたくなった。でもなかなか時間がとれなかった。

 週末が来て、教員集会の事務局会も終えたし、明日こそは大きな音でジャズを聴こうと思う。待ちきれずに今、夜中に小さめの音でかけているのはニルソンのスタンダード集、そしてこのヘレン・メリル。

 このヘレン・メリルのマーキュリー盤が、機械のせいか、今までで一番よく聞こえる。ジャケット的にはクリフォード・ブラウンとの例の有名盤よりずっと品のいいこの盤だが、中身はいささか淡泊である。それでも今夜はちょっとダシが効いて聞こえる。

 音の細かい違いはよく分からないぼくも、結局音楽に浸れる音かそうでないかはすごく感じる。浸れるならずっとそれでいい。歌が歌らしく、その歌手ならではの声で聞こえればそれでいい。夜中にこのジャズ・ボーカルをゆっくり楽しく味わえているから、とりあえずこのアンプ交換は正解だ、今のところ。
e0006692_2203325.gif

by pororompa | 2015-11-07 22:04 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)