ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 357】JOHN LEWIS / GRAND ENCOUNTER semスキン用のアイコン02

  

2014年 11月 30日

e0006692_14503648.jpg 雨が降っている。晩秋の雨は物寂しい。昨日若い人のお通夜に行ったせいかもしれない。若い人のお通夜は何とも気の毒でいたたまれない。

 チャカチャカしたものは聴きたくないので、「ジョン・ルイス・ピアノ」を聴いた。LPから起こしたものだったので、その次にこの「グランド・エンカウンター」が入っていた。

 これは一般にジョン・ルイスの名前で通っているが、正確に言うと特にリーダーは書いていない。アメリカの東西海岸の音楽家の「出会い」という趣向になっている。まあ仕掛け人はルイスだろうとは容易に想像できる。有名な「2 Degrees East - 3 Degrees West」は、この時ルイスが提供した曲だったようだ。全体に抑制されたサウンドもルイスの好みを反映したものだろう。

 東側のもう一人は、ベースのパーシー・ヒースで、西側のジム・ホールも、ドラムのチコ・ハミルトンも、それに応えた演奏のできる人だ。レスター・ヤング風に吹くビル・パーキンスという人の、モターッと引きずるようなテナーはぼくはあまり気に入らなかったが、少なくとも全体の雰囲気を壊しはしない。

 名盤が名盤と呼ばれるには、アルバムのコンセプトというか、統一感は大事だと思うのだが、そういう点でこの盤は見事だ。サックスの出てこない「言い出しかねて」と「スカイラーク」をAB両面の中間に挟み込んだ構成もいい。心の安らぎを得られた。

e0006692_151619100.gif

by pororompa | 2014-11-30 15:16 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 356】NEIL YOUNG / UNPLUGGED semスキン用のアイコン02

  

2014年 11月 09日

e0006692_14492418.jpg 年末調整の申告を書きながらこれを聴いた。秋だからジャズでも聴こうという気にはなるが、ギターや歌の実演の予定があったので、参考にと思ってこれにした。

 このところ年に一度ぐらい人前で実演する機会があるのだが、頭で思い描いているようにはなかなかならず、老いと衰えを実感する。今回ドラムもベースも入るのだが、あまりそういうバンド経験はないので若干不安ではある。しかし職場の仲間と音を合わせるのはなかなかに楽しい。

 このニール・ヤングのライブ盤は、ひところはやった「アンプラグド」からのものである。電気が無ければ始まらないロックの諸君に、非電気でやらせるこの企画は、元々非電気音楽を好むぼくには興味があった。

 と言っても、ニールは両面併せ持つ人だからそんなのは珍しくもない。いつものように、何人かのサポートを得て、ちょっとラフな感じで淡々と弾き語っている。「ライク・ア・ハリケーン」を足踏みオルガンみたいなのでやっているのがちょっと面白い趣向だ。ライブではあまり取り上げない曲もやっていて、このアルバムで初めて聴いた曲もあった。

 味のあるギターもハーモニカも、技術的にはそう難しくなく、それっぽく弾くこともできるが、この声は真似できない。この声を悪く言う人もいるが、ぼくは大好きだ。やはりこの種のジャンルは、歌が主役だ。改めてそのことを感じる。

e0006692_15142583.gif
 

by pororompa | 2014-11-09 15:15 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)