ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 353】JIMMY GIUFFRE / WESTERN SUITE semスキン用のアイコン02

  

2014年 08月 28日

e0006692_18523460.jpg 無作為に棚から選んだのでなければ、あえて聴くようなことはあまりないような作品だが、今日の気分には合っていた。

 少し前にアトランティックのCDが廉価でたくさん出たときに買ったものだ。ジミー・ジュフリーのクラリネットと、ジム・ホールのギター、ボブ・ブルックマイヤーのトロンボーンという、変則的なトリオ。「ジミー・ジュフリー・スリー」と名乗って、映画「真夏の夜のジャズ」に出ていたのを見たことがある。だが、ここではあの時の曲「トレイン・アンド・リバー」はやっていない。「ウエスタン組曲」と、「トプシー」「ブルー・モンク」の3曲だけである。

 「思索するミュージシャン」と言われるジュフリーだが、頭でっかちな音楽ではない。「フォーク・ジャズ」とも呼ばれているが、それほど素朴というのでもない。一聴とぼけた味わいのサウンドだが、よく聴くと、一ひねりも二ひねりもあって、決して軽くはない。「人懐っこいけれど、それ以上は入っていけない友人」のような音楽だ。

 しかしこの人の、「ドラムにリズムを刻んでもらわなくてもスウィングできる」という考え方は、共感できる部分もある。ぼくは元々ドラムという楽器の「自己顕示過剰」というか「存在感過剰」なところがあんまり好きではなくて、特にジャズを聴く前はモダン・フォークなんかを聴いていたので、ウッド・ベースに生ギターという絡みの密やかさを、無遠慮な打楽器が壊すような、そんな感じでドラムをとらえていたこともあった。だから何となく共感を感じる面もあるわけだ。 

 このアルバムは買ったきりあまり聴かずに放っていたけど、今回、LPで言えばB面にあたる「トプシー」「ブルー・モンク」の2曲が、なかなかに味わい深いことに気付いた。夏の終わりの、ちょっとだけ涼しくなってきた頃の、今日のような曇り空にいい。日本の真夏は、夜でも昼でもジャズには合わないとぼくは思うけれど、これは「夏でも聴けるジャズ」だ。

e0006692_19321982.gif

by pororompa | 2014-08-28 19:37 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 2年ぶりの新作 semスキン用のアイコン02

  

2014年 08月 15日

e0006692_23524018.jpg
 今週は丸一週間かけて久しぶりの新作に挑戦した。もちろん既成の曲を使えば苦労はないわけだが、せっかく同僚も気をつかってくれているし、うまくいった時は、ぼうっと過ごすよりも充実感があるので、やってみることにした。

 先週からじわじわと準備はしていたが、本気で始めたのは月曜日から。昨日大体の形ができて、今日はブラスで飾ったり、間奏を凝ってみたりしている。

 タイトルは「アレレ・ウクレレ」。メッセージ性は特にない軽いものだが、主人公がウクレレ好きな女の子という設定になっている。それに「ハナコサーン」を絡ませてユーモラスな内容にした。曲調は急速調のエイト・ビートにちょっとレゲェやラテンがかかったような感じかな。子どもたちが喜んでくれるといいのだが。

 これまで使っていたCakewalkが古くなって不具合が多いので、初めてフリーの打ち込みソフトを使ってみた。「DOMINO」というソフトだが、十分使えた。フリーとは思えないほどだ。作者のTAKABO氏に感謝したい。

by pororompa | 2014-08-15 23:52 | 歌が生まれる時 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 352】THE BEST OF THE GIPSY KINGS semスキン用のアイコン02

  

2014年 08月 08日

e0006692_17145148.jpg けだるい夏の休日の午後である。何ともすっきりしない気分でいるのは、明日開催予定だった行事を、台風のために中止にしなければならなかったためだ。多分それるんだろうなあと思いながらも、悪い方の場合も考えて中止にせざるを得ない。この気分は何とも微妙ですっきりしない。

 気晴らしと、眠気覚ましと、そしてこれから取りかかるダンス音楽の創作に刺激をもらおうという気持ちもあって、ジプシー・キングズをかけた。もう、とうに書いたと思っていたが、まだこのブログでは取り上げていなかったようだ。

 ジプシー・キングズなんかを好んで聴いていたのは、'90年代だっただろうか。小さかった子ども達を連れて山間僻地の学校に赴任した30代の頃に、ボブ・マーリーやマイケル・ジャクソンなんかと一緒によく聴いたものだった。

 だみ声のオヤジが吠えまくるようなヴォーカルは長く聴くにはちときついが、キレのあるギターと煽るようなリズム、そこに絡む哀調あるメロディは、たまに聴きたくなる魅力がある。デビュー盤に入っていた「マイ・ウェイ」や、この盤に入っている「ヴォラーレ」なんかの有名曲を料理させてもいい味を出す。「ホテル・カリフォルニア」が入っているベスト盤があるそうだが、聴いてみたい。このベスト盤は中古屋で安く買ったものなので文句は言えないが、やや物足りない。

e0006692_17561238.gif 

by pororompa | 2014-08-08 17:55 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)