ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 344】DINO SALUZZI,ANTHONY COX & DAVID FRIEDMAN / RIOS semスキン用のアイコン02

  

2013年 10月 27日

e0006692_16494270.jpg アコーディオンに木琴とくれば、勤務先の4年生が音楽の発表会に向けて取り組んでいる、慣れない楽器群だ。いや、ここで聴かれるのは正しくはバンドネオンにマリンバ、そしてベースのトリオによる即興音楽である。

 このアルバムを知ったのは、時々覗く、「山帽子」さんという方の「満天ジャズCD倶楽部」というジャズ・ブログだった。買い求めて聴いてみると、正に書かれていた通りの音楽であった。黒人音楽をルーツに持つ伝統的なジャズの色はあまりないが、躍動的なリズムに乗って即興が紡がれていく様は、やはりある種のジャズかなという感じはする。というより、現代の即興音楽は全てジャズの中に取り込まれていくしかないのだろう。

 初めて聴いたとき、どこかよそよそしさとともに、矛盾するようだが、ある種の親しさも感じさせた。ジャズには珍しい楽器なので調べてみると、聞き慣れないバンドネオン奏者はやはりタンゴの人であった。と言っても伝統的なタンゴではなく、ピアソラの流れを引くモダンな奏者という話だが、もう少し人なつこい感じがした。

 それは俗な表現で言えば「哀愁」ということになるのだろう。躍動的なリズムに乗って即興が紡がれても、そこに奏者の技の見せびらかしや独りよがりの暴走はなく、民謡調のメロディが現れては消えして、秋の冷気に溶け込むように漂う。

 それでもどこか、冷たいよそよそしさを感じていたのだが、今日は前に聴いた時よりもすっと入ってきた。それは多分この季節のせいなのだろう。幸せではあるけれども、どこか寂しい秋の休日を過ごす勤め人の心を慰め、時には刺激した。「秋深き隣は何をする人ぞ」の音楽である、これは。

e0006692_17262691.gif

by pororompa | 2013-10-27 17:27 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 343】MEL TORME / SINGS SUNDAY IN NEW YORK semスキン用のアイコン02

  

2013年 10月 15日

e0006692_1725839.jpg 連休も今日で終わりなので、少しばかり仕事もした。さすがに秋である。日が暮れるのが早い。

 いろいろ聴いても、なかなか感じるのがない。クラシックを聴いたり、あれこれ取っ替え引っ替え…。その中でこのメル・トーメの「ニューヨークの休日」が、秋の夕暮れ時に似合った。

 これはLPを立て続けに買って外ればっかりだった時に、わりと印象がよかった盤だ。それほど好きな人じゃないし、昔から聴いてきた人でもないけど、これはなんか作りがいい。趣味がいいというのかな。まとまりもあるし、変化もある。盤質もいいのに当たった。ジャケットも品がよい。

 初めの「ニューヨークの秋」や「バードランドの子守歌」なんかが流れている内はそれでもよかったんだが、聴き進む内に、何か違うかなという感じもしてくる。軽薄の一歩手前というか、バタバタと元気のいいところも見せようとする。

 ただ、編曲家を3人使っているのは変化を付けるにはよかったかもしれない。ストリングスも効果的に添えられて、聴き飽きないように工夫してあるように思う。それで最後まで聴き通せた。

 まあ、作品のできは四つ星程度だろうけど、何かプラスアルファの惹かれるものを持つ佳品という感じかな。

e0006692_17533254.gif 

by pororompa | 2013-10-15 17:57 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 342】ART FARMER / ON THE ROAD semスキン用のアイコン02

  

2013年 10月 12日

e0006692_1773984.jpg ずいぶん更新しない間にもう秋だ。けれども、暑かった今年の夏は秋になってもいつまでも居座っているようだ。10月とは思えない。

 運動会も終わり、1学期も終わって、今年度のハーフ・タイム。年に一度の平和コンサート出演もうまくいって、ほっとしている。ずっと買ったままだったこのLPを、やっと聴いた。

 新品ということだった。「同様」ではなくて、「新品未開封」だそうである。昔の売れ残りか何かなのだろう。針を落としてみる。確かにノイズのないクリアーな音が流れ出した。

 ’70年代のコンテンポラリー。このジャケットは懐かしい。町角でたばこを片手に微笑むアート・ファーマー。学生時代にジャズ喫茶で流れていた。それほど話題になった作品ではなかったが。

 いや、話題にはそこそこなったかもしれない。アートはアートでも、麻薬地獄から帰ってきたあのアート・ペッパーが客演していたからだ。そして、そのプレイは、何かが欠けていた。昔誰もが魅了されたあのペッパーではなかった。そんなこともあってか、それほどもてはやされなかった作品と記憶している。

 今の耳で聴き直してみる。再起後のアート・ペッパーは別の人だ思うことにする。そんな思いで聴き直すと、なかなかよい。そして主役のファーマーはいつもの通りのファーマーである。温かいフリューゲル・ホーンの音色が好ましい。

 '50年代に比べたら洗練されたスタイルに変わったハンプトン・ホーズも、さりげなく好演している。ファーマーとふたりでやる「My Funny Valentine」が聞き物だ。続いて流れる「Namely You」、この曲のよさを再認識した。全体に選曲もよい。ベースがレイ・ブラウンで全体を引き締めている。

 本当に何十年ぶりに、新品のLPのわくわく感を味わった。
e0006692_17421241.gif

by pororompa | 2013-10-12 17:44 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)