ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 327】MISCHA MAISKY / SCHUBERT: SONGS WITHOUT WORDS semスキン用のアイコン02

  

2012年 12月 29日

e0006692_11262816.jpg 年末に聴いた九民研のアーサー・ビナードの講演は、期待以上におもしろかった。本も買って、ついでにサインまでもらって、その時にぼくの作品も差し上げたのだが、迷惑だろうに笑顔で受け取ってくれた。高田渡の名前も彼の口からこぼれたりして、本当に興味深く感じのいい人物だ。本もおもしろい。

 さて、帰って年賀状に取りかかろうと思ったが、なかなかその気にならない。今日は東京から娘が帰って来るので、早めにすませたいのだが。

 冬の日が差し込んできて、冷気の中にもほのかに暖かい。こんな日はチェロでも聴こう。シューベルトの歌曲をチェロで弾くという企画盤。

 レパートリーの拡大にはとてもいい企画だと思う。ただ、全体の雰囲気はとてもいいんだが、最初に長々と「アルペジオーネ・ソナタ」を置いた構成には首をひねる。せっかく歌曲を弾くという趣向なのに、それ歌曲じゃないだろ。雰囲気が違っていて違和感がある。シューベルトの歌曲なら、まだまだいっぱい曲はあるだろうに。どうしても入れるなら、後の方にしてほしかった。

 それでこのCDを聴く時はいつも4曲目からにしている。ゆったりとマイスキーのチェロが歌い出すと、冷気の中に差す朝日のようにじんわりと染みてくる。ふだんシューベルトの歌なんか聴かないから知らない歌が多いけど、人懐っこいメロディが流れる。「ます」とか「野ばら」、「セレナーデ」なんてのもやってる。「言葉無き歌」では売れないと思ったか、邦題「セレナーデ」はここから取ったわけだ。

 最後に「アルペジオーネ・ソナタ」を聴いた。うん、悪くないけど・・・、やっぱり無くてもいいかな。

e0006692_1245828.gif 

by pororompa | 2012-12-29 12:05 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 326】 ROD STEWART / STILL THE SAME... GREAT ROCK CLASSICS OF OUR TIME semスキン用のアイコン02

  

2012年 12月 16日

e0006692_11111129.jpg 師走も半ばを過ぎ、ぼくにとっては年末恒例の九州民教研が近づいてきた。去年は学校の忘年会と重なったこともあって珍しく欠会した。今年も重なっているけれど、今年はちょっとした発表もしなくてはいけないので参加することにした。今日はその準備をしようと思っている。

 昨夜YouTubeで矢沢永吉を見て寝たので、その余韻というか、何かビートと歌心のあるものが聴きたくてこれを選んだ。矢沢は1枚も持っていないしもちろんあのイメージは遠慮したいが、何曲かいい歌がある。矢沢については今度何か書こうと思っている。

 1曲目の「Have You Ever Seen The Rain」が鳴ると、「いいね、これ」と言って急に妻が入ってきた。「ロッドの声だけど、歌は私たちの世代なら誰でも知ってるあの曲だ、こんなのあったの?」というわけだ。矢沢なんぞは毛嫌いしている妻なら、同列で語るなと言うだろう。

 ロッドの歌うロック名曲という企画だが、知っている曲は2曲しかない。ぼくがロックに疎いせいか、それとも向こうでしかはやらなかった歌なのか、あるいは年代が微妙にずれているのか。

 その、かろうじて知っているもう1曲、バッドフィンガーの「Day After Day」が何とも懐かしい。わりと原曲風にやってくれている。ついいっしょに、「デーイ・アーフターデーエーイ」と歌ってしまう。

 その他の曲では、「It's A Heartache」がいい。後半はどれも聴きやすくていいが、特に「Love Hurts 」とラストの「Crazy Love」が耳に残る。この2つは何か聞き覚えがある。全体的に悪くはないが、もう少し知っている曲があればよかったと感じる「ロック懐メロ集」だ。

e0006692_1222121.gif

by pororompa | 2012-12-16 12:02 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)