ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 315】 THE ART FARMER QUARTET FEATURING JIM HALL / TO SWEDEN WITH LOVE semスキン用のアイコン02

  

2012年 06月 24日

e0006692_16322369.jpg かなり風変わりな響きの作品だ。1曲目からして変だ。3拍子に乗せてうねうねと、どこかとらえ所のないモーダルなメロディが流れる。耳慣れない奇妙な節回しだ。スウェーデンの民謡集だという話である。

 「ディア・オールド・ストックホルム」みたいなのを想像していたが全然違う。「日本の歌」で例えて言えば、「月の砂漠」みたいなのを想像していたら「ずいずいずっころばし」が飛び出してきたような感じだ。

 なんで1964年にこんなのを作ったんだろう。スウェーデンの演奏旅行の最後に、現地で気に入った歌を録音したということだが、現地で売ろうと思っていたのだろうか。アメリカで売れたとは思えない音楽だ。

 2曲目はちょっと哀調を帯びて、「ディア・オールド」に近い感じもしないでもないし、寂しげな3曲目も聴き慣れると違和感はなくなる。いや、3曲目はかなりいいぞ。このグループの、クールで素っ気ないような、それでいて抒情味のあるサウンドには合うのかな。

 4曲目がまたとりとめのない曲だ。5曲目が哀調を帯びたバラード。ラストがまた軽快で淡泊な風味のワルツ。明るいようでどこか寂しげだ。アルバム全体の統一感はありまくりだな。そして、今日の一日中雨が降り続く暗い天気にはぴったりと合っていた。

 変わった味わいのアルバムだが、この調べが妙に聞きたくなる日もあるかも。

e0006692_17115132.gif

by pororompa | 2012-06-24 17:11 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 最下位なめんなよ 【JFL’12第14節 ホンダロック 1-0 藤枝MYFC】 semスキン用のアイコン02

  

2012年 06月 03日

e0006692_16134467.jpg
e0006692_15401020.jpg 階段を上がると、「最下位なめんなよ」の貼紙が目に飛び込んできて笑った。有名なロック・フェスをもじった「藤ロック・フェスティバル」というネーミングも冴えている。

 連敗地獄のまま突入したアウェイ4連戦だったが、上位組を相手に勝点4を手にして戻ってきたホンダロック。今日は、昇格組で波に乗れていない相手なので、ここは絶対に叩いて、反撃の兆しを確かなものにしなくてはならない。

 開始早々、いきなりショートパスから木下が中央突破して決めた。グラウンダーで逆サイドをビシッとねらった、FWらしいシュートだった。その後も攻勢が続く。どうしたんだホンダロック。目覚めたか。相手が弱いだけでもなさそうだ。いいリズムでボールも回っている。

 監督が掴んだ反撃の糸口は、前田の抜けた穴に伊勢を使うことではないかと見た。諏訪園といわゆるダブル・ボランチを組んでいた前田が移籍して以来、そこに誰を当ててもしっくりしないまま連敗を続けてきた。中央にぽっかり穴が空いたようだった。「勝っているチームはいじるな」というサッカー界の格言があるが、そこに伊勢を使った時勝ったなら、これでいこうと思うのもよく分かる。

 だが、前田の時よりも、伊勢はより攻撃的にプレイしているように見える。諏訪園との縦の関係がよりはっきりしていて、ボランチというよりもトップ下に近い感じだ。サイドの山下、悦田も交えて、中盤が菱形のようになっている。戦術なのか、それとも元FWの血が騒ぐのか。

 試合は、ほぼ一方的に押しまくり、CKは何本とったか分からない。だが、点が入りそうで入らない。隣のおばあさんが、チャンスを外す度に「アーイタヨー」と方言で言うのでおかしかった。

 結局最後まで点は入らず、終了間際には相手の捨身の攻撃をくらってひやっとしたが、何とか逃げ切った。ホーム初勝利。しかし、終了間際に2枚目のイエローをもらって次戦出場停止になったのは、よりによって伊勢だった。そこに誰をあてがうのか。監督は勝利の余韻に浸っている暇はないに違いない。とは言え、ひとまずはこれで最下位は脱出だそうな。

by pororompa | 2012-06-03 16:08 | ホンダロックにわかサポ | Trackback | Comments(0)