ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 314】 NAT KING COLE / AFTER MIDNIGHT semスキン用のアイコン02

  

2012年 05月 27日

e0006692_12574059.jpg 題名は「ミッドナイト」だが、5月の昼下がりにもよく似合う。ナット・キング・コールの有名な弾き語り盤だ。

 存在は知っていたけど、インスト盤かと思っていた。ポップス畑で有名になってしまった御大が、「ジャズももちろんやれまっせ」という所を見せた盤という話だが、甘い歌もたっぷり聞かせる。編成は、自らのピアノ・トリオにソロイストを加えたカルテット。数々の大ヒット曲もいけれど、ジャズ・ファンならこっちかな。

 手に入れたCDは「コンプリート」と謳ってあって、オリジナルのアルバムと曲数だけでなく曲順も違うそうな。吹き込み順となっている。マニアなんかは喜ぶのかもしれないが、研究資料みたいで、そこまでしなくてもいいのにといつも思ってしまう。

 でも、このCDの場合は始まりからの曲の流れがよい。元々のアルバムを聞き馴染んでいないので違和感がないのだろうが、緩やかに入ってくる1曲目「You Can Depend On Me」が何とも言えないくつろぎを作りだしてしまう。これも、その次の、リー・モーガンの演奏で有名な「キャンディ」も、オリジナル盤には入っていないというのだから驚きだ。

 ゲスト・ソロイストは一人に4,5曲演奏させて入れ替わるという趣向になっていて、これもなかなか楽しい。ハリー・エディソンのトランペット、ファン・ティゾールのトロンボーン、スタッフ・スミスのバイオリン、ウィリー・スミスのアルト・サックスという、さすがの豪華ゲストだ。どれも甲乙付けがたい。

 これ以上ないほど聴きやすくて、聴くほどに味が出る。なるほど、ナット・キング・コールの最高傑作に挙げられるのも当然だ。これに対抗できるのは、「エラ&ルイ」か、「コルトレーンとハートマン」、あるいはレイ・チャールズのカントリー集ぐらいだろう。
e0006692_1333462.gif

by pororompa | 2012-05-27 13:33 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 長い長いトンネル 【JFL’12第10節 ホンダロック 0-3 HONDA】 semスキン用のアイコン02

  

2012年 05月 06日

e0006692_15374543.jpg
 長い連敗街道からまだ抜け出せないロック。前節のHOYOに勝てなかったので、そうとう深刻な不振という感じがする。今日のホンダも厳しい相手だし、これから金沢、長崎、長野、佐川滋賀と、強敵ばかりのアウェー戦が続く。

 やはり、負けが続くチームというのは、どうなんだろう、「負け癖」みたいなのがつくのだろうか。つまり、精神面でなかなか前向きな「やる気」が湧いてこなくなり、負の連鎖みたいになってしまうのか。去年の開幕から連勝を続けていたメンバーと、それほど大きく変わったようにも思えないのだが…。

 今日のメンバーを見ると、DFに「串間」という初めて見る選手が入っている。CBはファンと上田。負け続けても、この二人しかいないだろう。勝っていた頃もこの二人だったし。SBは屋宮とその串間。屋宮はやや安定感に欠けるかなあ。

 MFはインサイドにいつもの諏訪園と、今日は猿渡。二人ともがんばっているが、攻めの鋭さが足りないし、守備も淡泊だ。サイドが山下と悦田。悦田の復帰はうれしいが、前の負け試合も出ていた。本調子じゃないのかもしれない。山下も諏訪園も、心なしかいつもの元気がないような気がする。

 FWは肝付と木下。肝付は、ヘディングでは競り勝てるけど、FWとしての迫力に欠ける。決定的な場面で放ったヘッドは、GK正面だった。木下はチャンスを作ろうとバタバタ動くが、2トップが孤立する場面が多い。かといって二人とも、個で打開する力はない。

 それでも前半の半分ぐらいまではがんばっていた。失点は自陣右サイドを崩され、走り込んだ敵CFに付くのが甘く簡単に合わされた。それからキックオフ直後にまた裏を取られて押し込まれた。気落ちしたのだろうが、1点ならまだしもこの2点目は余計だった。

 後半、まだ2点なら試合の興味もあったろうが、早々と3点目を失った。突然ギアが入れ替わったようなドリブルを仕掛けてきた敵17番に、強引な中央突破を許してあっさり決められた。これで勝負あり。それからの時間は長かった。会場はホンダ・ダービーで会社の動員があったのだろう。1200人の観客は、せめて1点を期待して最後まで応援したが、選手の気力がもうなかったかも知れない。采配も、後半出た下木屋が代えられたりと、ちぐはぐだった。ただ途中で出てきた釘崎は闘う姿勢を見せていた。次戦は肝付に代えて釘崎を試してほしい。

 さてさて、前回見た時は出口が見えたかと思っていたのだが、まだまだ連敗トンネルの闇の中だ。強豪相手のアウェイ4連戦は、今のチーム状態では、地獄のドサ回りと化すだろう。しかし、居直ればいいではないか。落ちてもいいと腹をくくろう。サッカーはまだ続く。

by pororompa | 2012-05-06 16:12 | ホンダロックにわかサポ | Trackback | Comments(3)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 313】 MILT JACKSON / BALLADS & BLUES semスキン用のアイコン02

  

2012年 05月 05日

e0006692_2015860.jpg 休みの無駄遣いみたいな連休三日目の、けだるい夕暮れ、金の無駄遣いみたいな安くてまずいワインを嘗めながら、これをかける。まだ日射しは明るいが、フライングで、一足先に夜に片足を踏み入れることにしよう。

 アトランティックの千円盤、何枚も注文してしまった。未聴盤が何枚か積まれている。うちでは珍しい。このジャケットも昔からLPでよく見かけたものだ。試聴したこともあるかもしれない。何となく安っぽく見える作品だから買わなかったのかな。2012年の春、55になったぼくの手元に、CDの形でやって来た。

 音はいい。ゴージャスなオープニングだ。そして2曲目、ギターの音に導かれて始まる「ジーズ・フーリッシュ・シングズ」。これが素晴らしい。何とも言えずいい。ほんとにうまいねえ、ミルト・ジャクソン。「ソリチュード」を挟んで、「メロディズ・リンガー・オン」。サッチモの歌で聞き慣れた曲だ。

 連休中に曲を一曲ぐらいは作りたいと思っていた。曲想程度なら今日少し浮かんだから、まあよしとするか。草むしりをしようかと思っていたが、いきなり27度では暑すぎた。仕事のことも考えたり。そんな風で少しばかりの空しい気分とともに日は暮れた。でもこの音楽とワインでずいぶんと慰められるから不思議だ。

 5曲目の「ゼイ・ディドント・ビリーブ・ミー」というのも、初めて聴くけど、なかなかいい。「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」はMJQの「ピラミッド」でのアレンジと同じだし、後半はそれほど面白くないけど、持っておきたいアルバムの一つではあったな。

e0006692_2022752.gif

by pororompa | 2012-05-05 19:56 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)