ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 312】 KENNY BARRON TRIO / LIVE AT BRADLEY'S semスキン用のアイコン02

  

2012年 04月 29日

e0006692_21461839.jpg 本来ならサッカーの観戦記を書いていたはずだが、朝からチャーリー・パーカーの伝記を読み耽って、すっかり試合のことを忘れてしまっていた。行ったにしても8連敗だったというから、ここに記すのも気の重いことだったろう。

 連休に入ったのか、入ってないのか、職場ではまだ家庭訪問が2日残っているから連休気分ではないのだが、季節はすっかり次の段階に進んだかのようで、気分が緩んでいたのは確かだ。

 このところ、このアルバムが気に入って繰り返し聴いている。ヴィーナス盤で何かもう一つ満ち足りなかったケニー・バロン。あの時期待していたのは、こういう演奏だったのか。

 曲数わずか5曲。一番短いのが9分44秒であとはみんな10分以上。15分以上が2曲もある。危ない構成だ。一つまちがうと、どうしようもないアルバムになりかねない。

 1曲目が鳴り出した時から惹き付けられた。何だろう。何か全体の響きがよい。録音がよいのか。リズム隊がいいのか。渋く、しかし確実にスウィングする。2曲目がやや騒々しいが、その後は悪くなかった。

 でも、一回聴いた時はまあまあかなという程度だった。さすがに1曲が長過ぎるかな。だがまたすぐに聴きたくなった。今度は3曲目から聴いてみる。バラード「ブルームーン」。しみじみと聴かせる。4曲目も、じわっとした出だしからしだいに盛り上がっていって、どんどん引き込まれてしまう。そして、ラストの「カナダの夕日」が楽しい。

 聴き終わると、また聴きたくなった。この感じは「ナイト&シティ」を聴いた時に似ている。ドラムが入っている分、より「動的」だ。ピアノ・トリオを芯から堪能した気分になる。本当に聴きたかったバロンのトリオがここにあった。

e0006692_22363917.gif

by pororompa | 2012-04-29 22:36 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 連敗脱出に向け奮闘するも及ばず 【JFL’12第7節 ホンダロック 2-3 FC琉球】 semスキン用のアイコン02

  

2012年 04月 22日

e0006692_15444571.jpg
 逆転したのはよいが、今のホンダロックには残り時間が長すぎると思っていたら、案の定再逆転されて7連敗を喫した。しかし、連敗脱出に向けチーム一丸となってがんばる選手の姿が印象的な試合だった。

 季節は「寒」から「暑」に変わったのか、やや蒸し暑い。見た目は美しいピッチだが、昨夜からの大雨で激しく水しぶきが上がり、ボールが急に止まったりする。

 立ち上がりから押しまくるホンダロック、今日こそは勝ってやるという意気込みが感じられる。諏訪園の強烈なロングシュートがバーを叩く。立て続けのコーナーキック。ところが前半も半分ぐらい過ぎたころ、あっさり先制点を奪われる。隣は、琉球サポのおばさん達。敵地ファンのまっただ中で、あからさまに大声で喜んでいる。何の遠慮もないあつかましさが癪に障る。

 後半から、前半生彩の無かったFWの原田に代えて肝付を投入。その肝付が開始早々CKのこぼれ球を押し込んだ。さらに右サイドから山下が切り込み、松瀬が逆転シュートを決めた。ベンチも選手も、一体となって喜び合い、これは連敗脱出かと期待が膨らんだ。しかし残り時間はまだ30分以上も残っていた。

 どこかやはり気持ちが受けに回ったかもしれない。攻め続けている時間だった。立て続けに攻め立てればいいものを、サイドでボールをキープしようとしてファールまがいのプレーで奪われ、ショートカウンターのような形であっさり失点した。もったいない失点だった。

 この反則を見逃されたのはロックには大きかった。主審はこの場面までは無難な印象だったが、ここだけは疑問に残った。ちなみに、この試合の主審は女性だったが、女性が男の試合を裁くのを見るのは初めてだ。この場面以外はうまく裁いていたように思う。

 残念な失点だったが、これで終わればまだよかったのにと思う。終了間際に自陣左サイドを突破されて3点目をくらった。

 何が悪いのだろうか。全体に何かが足りないのだろう。ただ、仕掛けの遅さは相変わらず残る。「今」という仕掛け時を逃して、よっこらしょとご近所で球回し。相手が「もういいよ」と言ってからやおら攻めに出ている。MFはFWと連動して、素早く急所を突け。プレーするばかりでなく、もっといいサッカーを見て研究せよと言いたい。

 ともあれ、連敗脱出に向けチーム一丸となって奮闘する選手を讃えたい。次こそ勝てる気がする。

by pororompa | 2012-04-22 16:21 | ホンダロックにわかサポ | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 出口は見えたか 【JFL’12第5節 ホンダロック 1-2 カマタマーレ讃岐】 semスキン用のアイコン02

  

2012年 04月 08日

e0006692_1629127.jpg 今期初観戦。年間シートを買ってないのでローソンでチケットを買う。日程の組み方が不満で買う気になれなかったのだ。ただ、チケットも、手数料を入れると800円と当日券とあまり変わらない。手間とか考えたらやはりカードがあった方がいいな。

 温かい春の日だと思っていたが、会場は風が吹いてかなり寒い。セーターを着込んでくるべきだった。客は500人ぐらいの入り。入り口で得点者を予想する投票券をもらう。面白い趣向ではある。「山下」と予想して入れておいた。

 さて、開幕から一度も勝てずに4連敗中とどん底のホンダロック。どこが去年と違うのだろうか。スタメンを見ると、トップに肝付という選手が入った他はあまり変わったように見えない。いや、前田と小原がいないのは大きな違いか。立ち上がりの陣形を見ると、4-4-2。CBがファンと上田、SBが右が猿渡、左が屋宮、MFは中が諏訪園と山下、右が松瀬、左が伊勢、それにFWが原田と肝付だ。肝付は2番という番号が示すように、元はDFが本職のようである。長身だからポスト・プレー要員なのだろう。こういう使い方は去年の釘崎を思い出す。

 5分もしない内にホンダロックが点を決める。左からのコーナーキックを肝付がファーポストで折り返して、ファンがボレーで押し込んだ。全体的に攻勢で、パスも流れているし、どうしてこれで負け続けたんだろうという気持ちで見ていた。負けが込んだので、去年のいい頃の形に戻したのだろうか。とにかくいい感じの立ち上がりだった。

 ところが、前半もまだ半ば頃に、屋宮が2枚目のイエローで退場になる。よほどの悪質なプレーでない限り、こんな時間に2枚目のイエローは出さないだろう、普通。2回とも、ボール扱いがまずくて相手に奪われ、慌てて止めようとしてとられたファウルだった。

 これで試合が壊れた。すっかり流れが変わり、ワントップで乗り切ろうとするものの、防戦一方になってしまった。守りから組み立てていくことができず、必死でクリアしても拾われて波状攻撃を受け、前半終了前にあっけなく2点を奪われてしまった。

 後半はどちらもゴールがなくそのまま試合は終わったが、入りそうな気配はあまりなかった。むしろ、よく失点をくらわなかったなという気はしたが、それでも選手の必死さは伝わってきた。会場の反応も、「これまでよりはいい試合」という声が聞こえていた。多分、レフェリーが違えば勝っていた試合だったと思う。

 帰って順位表を見てみると、相手は今日で5連勝無敗で首位ではないか。2位も3位もロックが負けたチームである。そう悲観することはない。これからこれから。

by pororompa | 2012-04-08 17:27 | ホンダロックにわかサポ | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 311】 ELLA FITZGERALD / SINGS THE JOHNNY MERCER SONG BOOK semスキン用のアイコン02

  

2012年 04月 07日

e0006692_22585431.jpg 新年度が始まった。今年はまた下の方の学年を受け持つことになったが、自分の中で「精神的な減量」がまだできていないことを、子どもたちとの出会いの初日に痛感させられた。徐々に慣れていかねばならない。

 今日は久しぶりにのんびりと過ごした休日だった。昨夜は、企画と司会を担当した職場の歓迎会が馬鹿受けしたので、今日は気分のよい休日だ。溜まっていた録画番組をまとめて見たり、届いていた未聴盤の包みを開けてみたりした。手始めにこの盤をかけて聴いている夜中11時過ぎである。

 エラの「ソングブック」シリーズがまとめて中古で出ていたので、1枚選んで買ったのがこれである。ジョニー・マーサーという人はよく知らなかったが、「スカイラーク」が入っていたのでこれにした。買ってみて気づいたのだが、この人は作詞家だったようだ。そう言えば「スカイラーク」はホーギー・カーマイケルだったよね。よく考えたら。取り上げられた曲の、作曲家はばらばらだった。いや、本人の作曲によるものが2曲ある。ほかはいろいろだ。だがこれはこれでおもしろいかも。いろいろな作曲家の雰囲気を楽しむことにしよう。

 エラの「ソングブック」シリーズは、ベスト盤仕立てのを3枚とジェローム・カーンのを持っているきりだ。結局アレンジで決まる面が大きくて、そのアレンジも大袈裟すぎたり甘過ぎたりして、どこか今一つという印象がこの「ソングブック」シリーズにはある。目当ての「スカイラーク」もややテンポが緩すぎて満足とまでは行かなかった。でも全体的には今回はまずまずかな。
 e0006692_23292472.gif

by pororompa | 2012-04-07 23:29 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)