ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 310】 DUKE JORDAN / TRIO & QUINTET semスキン用のアイコン02

  

2012年 03月 31日

e0006692_14562093.jpg 忙しい日からぽんと暇な時間の中に放り出された日には、さてどうしようかなと考える。楽しみ方をしばし忘れて、頭が仕事の頭になっていた。

 こんな日には、ふだんあまり見ないLPの棚を探って、ふだんあまり聴かない盤を引っ張り出してこよう。せっかくLPをもっと聴き直そうと思い始めていたのに、ピクソールのリフィルが手に入りにくくなっていることが分かって、またLPに興味を失いかけているが。それでもLPの生々しい針音はジャズ漬けの日々を思い出させてくれる。

 とある教員関係のミニコミ紙に「教職員のためのジャズ入門講座」なる戯れ文を書き始めて、その3月号に紹介したのがデューク・ジョーダンの「フライト・トゥ・デンマーク」だった。ジャズ・ファンにはそこそこ有名だと思っていたが、意外にも今現在は入手しにくい作品だと分かり、しまったと思った。それなら、この「TRIO & QUINTET」なんかはもっと入手困難かと思っていると、こちらの方は廉価で国内盤が出たばかりだった。

 元来が地味なピアニストではあるが、これはまたひときわ地味な盤である。A面がアート・ブレイキー、パーシー・ヒースのトリオ、B面がトロンボーンにバリトン・サックスを加えたクインテットとなっている。商業的にはアメリカでほとんど相手にされなかったジョーダンが、シグナルというマイナー・レーベルに吹き込んだものだ。1955年だからまだモノラルである。

 十数年聴いてないし、あまりよかった記憶もないから、期待せずに針を落としたが、昔聴いた印象よりよかった。今の気分に合っていたのかもしれない。

 まずはA面のトリオ。アート・ブレイキーがいい。存在感はあるが、かといって出しゃばるという風でもなく、うまい具合にからんで主役を引き立てる。やはり作曲が売りの人だから頭2曲が自作曲、後半がスタンダードになる。ジョーダンのピアノは、ソロになってもどこか落ち着きがあり、主題を感じさせる旋律が続く。興に乗って弾きまくると言うよりも、その場で作曲してますという感じだ。

 B面は、楽器構成だけ見るといかにも重苦しく感じるが、聴いてみるとそうでもない。むしろ、主役を食わないというか、この人の曲想にはぴったりという感じである。ここでも頭2曲が自作曲で、曲想の違うメンバーの自作曲や「イエスタデイズ」なんかを挟んで、最後をまた自作曲の「スコッチ・ブルース」で閉めている。

 どこまでも渋い。でも持っていたい、聴くほどに愛着の出るような盤だった。年取って出合った方がいいような盤もあるのかな。
e0006692_15405430.gif

by pororompa | 2012-03-31 15:40 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 2011年度終わる semスキン用のアイコン02

  

2012年 03月 31日

e0006692_061489.jpg 毎年この時期には制度への不満を書いている。それは毎年思うことだが、今年は晦日と初日が連休、それに一日足して三日休みにしたので、多少は気分は違うような気持ちでいる。三日間で切り替わるわけでもないが、それでもいくらかは違うだろう。

 ただし、充実感や達成感はここ数年の中ではやや低い。でも転勤しての最初の年は、まあいつもこんなものか。前任校もその前もそうだったな。一つ一つ、実践を積み上げて、職場や地域での目を変えて、その繰り返しだったな。

 残るは多分あと5年。体力をどう使っていくか。そして精神面だ。やる気をどう起こして、どう持たせていくか。そこが大事になるだろう。

 今年も文集を作った。「たのまじ」とは、「楽しくまじめに」を縮めたこのクラスの合言葉だ。楽しくてまじめなこのクラスが大好きだったという言葉で文集は埋まった。子どもたちの声はいつも仕事を振り返らせてくれるし、やってきたことを励ましてくれる。

 今日は久しぶりに庭に出た。薬のせいかあまり花粉症は感じなかった。冬を生き延びたメダカ達を水のいい所に引っ越させたりした。

by pororompa | 2012-03-31 00:27 | 本業方面 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 309】 LEE MORGAN / CANDY semスキン用のアイコン02

  

2012年 03月 18日

e0006692_1741655.jpg 文集も打ち終わり、後は印刷して製本。残る大きい仕事は、恒例の重要書類だけとなって、それもまあ1,2日で終わるから、今年の学年末の仕事も、山を越えた感じだ。そういうわけで午後からは休憩という気持ちでいたが、なかなか仕事で走り続けてきた頭は、リラックスできない。わりとビンビンしたジャズをかけながら、ちょっとした仕事を続けた。

 一昨日は昔親しくしていた同僚と飲んだが、それぞれの生き方が大きく違っていたためか、あまり楽しめなかった。いや、花粉症と多忙で疲れていたためだろう。そういうことにしておこう。

 リー・モーガンの名高いワン・ホーン・アルバム。19の時の作品だそうだ。とにかくうまい。めったやたらにうまい。ジャズ界のクリスチアーノ・ロナウドだ。トランペットの演奏そのものがうまいのだ。

 ことトランペットの演奏のうまさでいけば、モーガンはマイルスなどを軽く凌ぐとぼくは思う。本当は、ジャズ・プレイヤーとしてと言いたいのだが、異論が多いだろうからやめておこう。ただ、マイルスのちまちましたソロを聴くと、肥大化した虚像がふっと馬脚を現わすのではというような危うさを感じるのだが、この若造にはそんな心配はない。分かりやすいほどの圧倒的なうまさで、朗々と語っていく。

 アート・テイラーのブラシに煽られて軽快に吹き切る1曲目の「キャンディ」が何と言っても素晴らしい。包み紙やCMに頼らない、それ自身の味で勝負する飴菓子だ。続くバラードもいい。トランペットは元々派手な楽器で、あまり好きな音ではないが、この人の音色は溌剌とした中にも少しくすみというか陰りがあって、それがバラードで何とも言えない味わいを出す。4曲目のバラードもいい。

 3曲目、5曲目はあまり好きではないので星半分減らすが、名盤であることは確かだと思う。

e0006692_18151719.gif

by pororompa | 2012-03-18 18:16 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 308】 KEN PEPLOWSKI QUARTET / MEMORIES OF YOU semスキン用のアイコン02

  

2012年 03月 04日

e0006692_20554874.jpg ちと働き過ぎた。一日中子どもの作文を打ち込んでいた。休みの日に仕事をしたのはよいが、やり過ぎると必ず反動がある。

 作文を打ち込みながら流していたこのアルバム、耳に心地よいBGMだった。あちこちで評判がよい作品だ。

 聞き慣れない奏者の名前は「ケン・ペプロウスキー」と読むそうだ。スタイルとしては古いスウィング・スタイルのテナーとクラリネット。と言っても、そうハッピーにはしゃぐこともなく、全体に抑制された感じが好ましい。

 スウィング・スタイルのテナー・サックスの新録をあんまり聴こうとは思わない。ただ、クラリネットとなると別だ。だからこの人の作品はまずクラばかり入ったのから買った。このアルバムは、11曲の内、テナーが7曲、クラが4曲。テナー・サックスが中心のアルバムだ。でも、今日あらためて耳を傾けてみると、サックスも悪くない。

 選曲はスタンダードだがやや渋め。テンポはバタバタしたのはやらないが、かと言ってバラード集というわけでもなく、ミディアム・テンポ主体。アドリブに入っても、元メロを大事にしながら美しく歌い、過度に通俗的になることもなく嫌味がない。レスター・ヤング系だそうだが、そう言われるとそんな風にも聞こえる。ピアノがうまいなと思ったら、テッド・ローゼンタールだった。この人のトリオも買ってみようかな。

 何かが強烈にいいというのでないが、なんとなく全体に親しみの持てるこの作品、春の雨によく似合う。頽廃趣味のジャケットが内容とそぐわないのが惜しい。

e0006692_22251693.gif

by pororompa | 2012-03-04 22:25 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)