ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 306】 JAMES TAYLOR / ONE MAN DOG semスキン用のアイコン02

  

2012年 01月 22日

e0006692_1340776.jpg 明日から寒くなるそうな。朝からどよーんとした重たい天気で、気が滅入りそうなので、軽くて明るめのをかけよう。「水害LPのCD買い戻しシリーズ」で、JTさんをぼちぼち買い戻しているんだけど、これは実は初めて聴く。

 前からジャケットがいいなとは思っていた。「猫ジャケ」はよく聞くけど、「犬ジャケ」っていう言い方もあるの? これは「犬ジャケ」の傑作だな。キャロル・キングの「タペストリー」の猫並に存在感がある。

 でも、「マッド・スライド・スリム」も「スウィート・ベイビー・ジェームズ」も持っていたのにこれがなかったのは、たぶん目玉の曲がないせいかな。小粒な曲がいっぱい入っていて、あんまりこういう作りは好きじゃない。それで買わなかったのかな。

 でも、予想よりいい作品だった、これ。ひょっとして前2作よりもいいかもしれない。若い頃に聴いていても、きっと気に入っただろう。歌詞まで調べてはいないんだけど、音の雰囲気が全体にいい。ホーム・レコーディングが中心なんだけど、'70年代のSSWのアコースティックな感じが何とも言えないいい感じだ。

 まあ例の如く、JTの自作曲はとりとめがないというか、地味って言えば地味だ。淡々としている。この人のヒット曲はほとんど他人の曲だもんな。それでもどこかに愛着のある曲が並んでいる。特に、10曲目のワルツ、「One Morning In May」が気に入った。

 細野晴臣は、ジェームズ・テイラーを歌い方まで研究して「夏なんです」や「風をあつめて」を作ったと、何かで語っていたけど、なるほど、この頃のジェームズを聴くと、重なる部分はある。JTに、「やつらがビー玉…」とか、歌わせてみたら面白かろう。

e0006692_13573737.gif

by pororompa | 2012-01-22 13:57 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 305】 CROSBY, STILLS & NASH semスキン用のアイコン02

  

2012年 01月 04日

================================

 2012年 明けましておめでとうございます。
 昨年は、世の中は大震災で大変、 個人的にもあまり面白くない年でした。
 今年は明るいことの多い年だといいですね。
 このブログも、もうしばらくこのペースで書いていきたいと 思います。
 よろしくお願いします。

================================

e0006692_1885719.jpg 言わずと知れた歴史的名盤。個人的にも思い出のいっぱい詰まったアルバムである。水害でLPを捨てて以来、何か落ち着かなかったし、CDも持っていなかったので、暮に何枚かまとめて通販で注文した時に、これも入れておいた。正月に久しぶりに故郷の日向市へ帰った時に、車の中で聴いた。

 このアルバムのCDは、今はライノからボーナス曲を追加して出ているが、オリジナル通りの曲目の旧盤を選んだ。「デジタリー・リマスタード」とあるが、音は期待したほどはよくない。元がよくないのだろうか。装丁は紙ジャケでもない、普通のプラ・ケースだ。オリジナルLPのあの手触りが懐かしい。これと「デジャヴ」は、いずれ程度のいいLPを手に入れなくちゃな。

 あらためてこの作品を通して聴いてみると、いろいろ思うことがあった。まず、スティルスが元気なこと。後の時代の作品を聴くと、スティルスの作品の質が他のメンバーと比べてはっきりと劣り、寂しくなるほどだ。ところがここでの中心曲はみんなスティルスじゃないか。「青い目のジュディ」、「You Don't Have To Cry」、「Helplessly Hoping」、そしてクロスビーとの共作で「Wooden Ships」。まさにスティルスの創作意欲が溢れ出た、「輝ける青春時代」という感じだ。

 あまり聴き覚えのない曲もあった。5曲目の「Pre-Road Downs」。ナッシュには悪いが、これはアルバム唯一の駄曲である。LPではA面のラストに当たるので、いつもここになると針を上げていたような気もする。「マラケッシュ急行」も「島の女」も、悪くはないが「デジャヴ」の中の「僕達の家」や「ティーチ・ユア・チルドレン」ほどの重みはなく、ソング・ライティングに関しては、ナッシュはまだこの時期では脇役という感じだ。とは言え、絶妙のハーモニーはもちろんナッシュがいてこそのもの。

 では、クロスビーは?。「Guinnevere」と「Long Time Gone」で渋く引き締めるクロスビーは、いつも作品に格調と重みを与えていた。「Long Time Gone」は「青い目のジュディ」のシングル盤のB面だったっけ。「ローング ターイム カミーン~・・・」、初めて聴いた時の感動を覚えている。

 故郷と言ってももう親も兄弟もいない。妻の実家に顔を出すと、義弟の子どもたちがもう中学生になっていたりして、いやでも自分の年齢を実感させられる。しかし自分の、それこそ「輝ける青春時代」に刷り込まれた音楽というものは、老境に入っても消え失せることはないのだろう。CDとは言え、ようやくこの作品を手にし、耳にして、何となく心安らぐ正月だった。

e0006692_19304456.gif

by pororompa | 2012-01-04 19:33 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(4)