ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 300】 YVES MONTAND semスキン用のアイコン02

  

2011年 11月 20日

e0006692_12391128.jpg 図書館から借りた、金子光晴の息子森乾の「父・金子光晴伝 夜の果てへの旅」が無類に面白かった。戦争末期、光晴が山中湖畔に籠って反戦詩を書き、息子をわざと病気にさせて徴兵を逃れきる有名なくだりを、当の息子がどう書くか楽しみに読み進めていたら、残念ながら途中で未完に終わっていた。しかしたとえ未完であったとしても、世に出す意義は大いにある作品だった。そこでは光晴は美化されておらず、むしろその弱さをいっぱい持った人物像を、厳しく冷徹に描いているけれども、それでなお光晴の値打ちは損なわれないどころか、人物の面白さがいっそう溢れ出てくる、家族の絆や愛もほとばしり出てくる、そういう本であった。そしてなぜか気分が晴れ、創作意欲が湧いてくるような本であった。

 その余韻の覚めぬままに、光晴の詩を好んで歌っていた高田渡を聴いたり (そう言えば、友部正人は金子光晴に相当影響を受けたらしく、この「金子光晴伝」の書評をネットに書いていた)、カザルスのドヴォルザークを聴いたり、ガルデルのタンゴを聴いたりした。このイヴ・モンタンもシャンソン集もそんな中の一つだ。

 さて、金子光晴と言えば若き日のパリへの放浪も有名だ。このイヴ・モンタンもシャンソン集もそんな気分で選んだかも知れない。前にも書いたがぼくは子どもの時、イヴ・モンタンの4曲入りのレコードをよく聴いていた。それは「枯葉」「セ・シ・ボン」「詩人の魂」「バラ色の人生」の4曲だった。子どもが聴く歌ではないが、老成した5才上の兄の影響だったのだろう。

 モンタンは吹き込みも多いが、このCDから聞こえてくるのは子どもの頃聴き馴染んだそのレコードと同じテイクなのがうれしい。特に低い語りから入る「枯葉」は、これでなくてはいけない。これを聴きながら兄は言った。「フランス語というのは低音だからかっこいいのであって、これが声の高いやつだったらかなわんぞ」と。トルシエのインタビューを聞くたびにそれを思い出した。

 「セ・シ・ボン」なんかは今聴くと抵抗があるが、金子光晴の描くフランスがお上品な「おフランス」でないように、モンタンのシャンソンもけっして軽いばかりではない。太く豊かな低音のフランス語の響きに包まれながら、「枯葉」な秋の休日に身を委ねよう。外はすっかり晩秋だ。
e0006692_1348542.gif

 

by pororompa | 2011-11-20 13:48 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 299】 PAUL DESMOND WITH THE MODERN JAZZ QUARTET / THE ONLY RECORDED PERFORMANCE semスキン用のアイコン02

  

2011年 11月 13日

e0006692_1517511.jpg 悪夢を見た。比喩的な表現でなく、本当に嫌な夢を見て目が覚めた。知り合いの先生が登山かなんかで遭難して、捜索隊を出すだので騒ぐ夢だった。起きると頭が痛く、肩がびっしり凝って気分が悪かった。

 多分現実生活で嫌なことが重なったためだろうと思う。不注意から追突事故を起こしてしまい参っていたところに、夏休み前に学校で泥棒にPCを盗まれた事件の管理責任を問われて「訓告」を言い渡され、さらには扶養家族の件で何かよく分からない問い合わせがあり、心労を感じて昨夜は早く寝たのだった。

 必要な書類を書いたり、事故の被害者に謝りに行ったりして、少し心も落ち着いた。幸いにも被害者の方がとてもいい方だった。なんと偶然にも娘の卒園した幼稚園の先生だったりした。元気も少し出たので、事務局長をしている団体の集会の郵便物を作りながら午後を過ごした。

 音楽に癒しの効果があると思っている。モーツァルトや、カザルスのチェロなどをかけたが、ジャズもいいものだ。ポール・デスモンドなんかは最適の部類だろう。タイトル通りMJQとデスモンドの唯一の共演の記録と言われるこの作品は、長年の愛聴盤である。中でも最高に気に入っているのが、「Blue Dove」と「Jesus Christ Superstar」だ。

 「Blue Dove」は、メキシコ民謡で、原題が「La Paloma Azul」というらしい。デスモンドの選曲によるもので、MJQのレパートリーにはこの曲はない。甘い協和音の世界の中で、うっとりするようなデスモンドのアルトが流れていくのは、何度聴いてもいいものだ。続くミルトのソロが素晴らしい。何でもこの演奏は元々ジョン・ルイスの秘蔵録音だったらしいが、よくぞこれを残しておいてくれた、世間に発表してくれたと感謝せずにおられない。

 「Jesus Christ Superstar」は、当日がクリスマス・コンサートであったための選曲らしいが、これもMJQが演るのは聴いたことがない。デスモンド自身も初演奏だったということだ。コニー・ケイの入れるパーカッションも効果的で、印象に残るナンバーである。

 青地に白い文字だらけのこのジャケットも、素っ気ないと言えば素っ気ないが、なぜかぼくは好きだ。
e0006692_15553735.gif

by pororompa | 2011-11-13 15:55 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)