ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 298】 山本邦山 / 銀界 semスキン用のアイコン02

  

2011年 10月 29日

e0006692_18162419.jpg 尺八の山本邦山が、ジャズのピアノ・トリオと競演した有名な作品である。録音は1970年、演奏は菊地雅章のピアノ、ゲイリー・ピーコックのベース、そしてドラムが村上寛となっている。

 このLPを買ったのは学生の頃だが、やはりそう日常的に聴くような音楽ではないから、前回いつ聴いたか記憶にない。20年以上、ひょっとしたら30年、針を落とされることなくLPの棚で眠っていたかも知れない。

 どうしてこれを聴く気になったかというと、図書館から借りてきていた本に、邦山の「尺八演奏論」という本があったからだ。尺八に特に興味を持っているわけではないが、演奏家の言葉は興味深いものが多い。

 この本を読むと、思ったより邦山はジャズに惹かれていたことが分かる。彼が惹かれているのは、ジャズの躍動性より、ジャズの即興性だった。彼は五線譜も自在に読み書きできるし、クラシックの演奏家とも多く共演しているが、指揮棒の通りに演奏しなくてはならないような音楽よりも、その場で創り出していくスリリングな音楽の方が、自分達の音楽の世界に近いというようなことを書いている。

 尺八自体は無拍の世界を得意としているので、きちんとビートを刻んだりスウィングしたりするような音楽には合わないが、即興芸術音楽としてのジャズに、演奏者としての快さを感じているのだ。そこの所をよく分かっていたのが菊地で、無理にジャズの方に寄らずに、尺八の方の流儀でやってもらっていいという注文だったそうだ。

 久しぶりに聴いてみると、しっくりと溶け合った音世界が表れて、改めて驚いた。しかしである。世界中の民俗音楽はモードによる即興主体の音楽だ。尺八の奏でるメロディーなどはモードそのものだ。一方ジャズはというと、モードに流れて、中にはビートまで喪失した自由な即興もその範疇に含み、あらゆるタイプの即興芸術音楽を指すように変化していった。この時代の菊地雅章などはその先頭を走っていたような演奏家である。そんな即興音楽の精鋭達がモードで即興すれば、うまくいくのもそう不自然なことではないのかもしれない。

 リズム隊がまたいい。後のスタンダード・トリオで巨匠化するベースのゲイリー・ピーコックだが、京都で暮らしていただけに日本への理解は普通の外国人の比ではない。そして、ドラムの村上寛が、この世界に見事にはまった音を叩いている。本当に音楽的なドラマーだなと思った。
e0006692_18152799.gif

by pororompa | 2011-10-29 19:00 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 297】 KENNY DORHAM / QUIET KENNY semスキン用のアイコン02

  

2011年 10月 23日

e0006692_15122549.jpg 存分にジャズを聴いた。近頃は「音盤的日々」にまだとりあげてない作品を聴くような癖が付いて、自分で窮屈になってきた。この連載も300で一区切りにしようかなと考えている。この週末は何も考えず頭に浮かぶ物を次々聴いていった。

 この作品はまだ書いてなかったようなので、ここにとりあげている。「静かなるケニー」と題されている作品だが、ジャズで「静かなる」のタイトルは、ちと変わっているような気もする。聴くとなるほど、ある種の静かさというか、寂しさのようなものが感じられる。淡泊と言ってもいい。達観したようなラッパの音色が全編に流れる。

 ワン・ホーンである。この人がどういう人であるのか、ピアノ・トリオをバックに4、50分も語らせればだいたい分かってくるというものだ。だが、静かなばかりでもないようだ。「おれが王様だ」とかおよそ言いそうのない人だが、控え目で枯れた音色の中に、いつも明確な歌が溌剌と流れている。

 ピアノは「名盤請負人」の異名を持つトミー・フラナガン。「アローン・トゥゲザー」なんかではトランペットの音の隙間に、パラパラと哀愁の響きなんぞを散りばめて、主役をしっかり引き立てる。ベースはポール・チェンバーズにドラムがアート・テイラーとくればもう出来上がりだ。この職人的ドラマーは、この時代の録音に頻繁に顔を出すわりにそれほど話題になる人ではないけれど、「静かなる」というご注文なら注文通りにうまく叩く人ではあるなあ。

 ラストは「マック・ザ・ナイフ」でやや明るめに終わるけれど、「ちょっと哀愁風味でいってみましたけど、いかがだったでしょうかあ~?」と笑いながら去っていく感じがして、それもまたよい。
e0006692_15465691.gif

by pororompa | 2011-10-23 15:47 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 296】 SONNY STITT / SITS IN WITH THE OSCAR PETERSON TRIO semスキン用のアイコン02

  

2011年 10月 14日

e0006692_19382977.jpg 運動会の関係で変則的な休みだった。何も行事のない秋の休日、ジャズ喫茶「いーぐる」を経営される後藤雅洋氏の著書「ジャズ喫茶 リアル・ヒストリー」という本を読みながら、「我が家ジャズ喫茶」をのんびりと楽しんだ。

 失礼ながら、氏の著書ではあまり感銘を受けたことはない。本を書くほどの切れ味のある人ではないように見受けられる。ただ、好感が持てるのは、本人も謙虚にそう語っておられることだ。愚直とも言える語り口の中に、厳しいジャズ喫茶経営を積み重ねた人なりの、ジャズへの愛情とまじめな姿勢が感じられ、印象を少し改めた。

 考えてみると、青年期にジャズ喫茶に入り浸り、短いながら「レコード係」を体験させてもらったほどのジャズ喫茶好きだった自分が、はたしてこの数十年にどれだけそういう店に行ったか。地方都市では好みの店がなかっただけで、大都市なら違っただろうとは言えるが、やはりジャズ喫茶自体が時代の流れの中で過去のものになってしまっているのだろう。だが、こんな日はあの空間にまた身を浸したくなる。

 今日は、足腰は痛かったけど疲れはとれたし気分も良かったので、大きな音であれこれかけた。このスティットは若い頃買ったLP盤で、久しぶりに聴いた。スティットではこれが一番好きだ。パリを訪れ気分も高揚した中で、機嫌良くレコーディングしたそうだが、音もそんな感じで、明るく軽快、淀みなく歌が流れる。

 「捧ぐるは愛のみ」で始まり、アルトでパーカー・ナンバーを吹きまくるA面が特によい。バックは、ピーターソン・トリオ。サイドに回ったピーターソンは主役の時よりいい感じだし、エド・シグペン、レイ・ブラウンとくるならこれはもう言うことはない。久しぶりにLPのジャケットを手に取って聴くと、手触りが懐かしい。 
e0006692_217523.gif

by pororompa | 2011-10-14 21:07 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 295】 モスクワ・ミリタリー・アンサンブル / 哀愁のロシア民謡集 semスキン用のアイコン02

  

2011年 10月 10日

e0006692_22134469.jpg 気になっていた歌の発表が、何とか成功の内に終わりほっとしている。今日は一日ゆっくりと休んだ。協力してくれた子どもたちにも感謝したい。

 変わったものを聴いているのは、その音楽会の中で、久しぶりにロシア民謡の大合唱を聴いたためだ。それがまだ耳の中で鳴っているので、こんなのを引っ張り出した。そう言えば中古の安売りで買ったのを思い出した。

 ぼくは、どちらかというと、大編成でやる音楽はあまり好きではない。しかし、拡声装置に頼らないクラシックな世界の歌を生で聴くとなると、やはり大編成の合唱のよさが出てくるなと思った。ソロもソプラノがクラシカルな歌い方をするのは苦手だが、バスが朗々と歌うのはなかなかいい。

 ロシア民謡なんて今ではあまり耳にしないが、子どもの頃はあちこちで耳にしたらしく、自分自身の音楽の一部を確実に形成している。「ヴォルガの舟歌」「ステンカ・ラージン」「カチューシャ」「カリンカ」。懐かしい。そして名曲だ。メロディーが素晴らしい。その音楽会で聴いた「バイカル湖のほとり」は残念ながら入っていなかった。それに、「モスクワ郊外の夕べ」が入ってないのが残念だ。
e0006692_22343197.gif

by pororompa | 2011-10-10 22:34 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)