ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 294】 KENNY BARRON / MINOR BLUES semスキン用のアイコン02

  

2011年 09月 18日

e0006692_1826774.jpg 年々体力は衰えるものとは言っても、今年の夏バテはひどかった。いや、毎年9月はそんな気分なのかな。それでも若い頃とは違い、足の痛さが堪える。

 そろそろ2学期制の学期末となっているので、連休などと言ってはおれない時期だ。新しい職場では、今年から実験的にコンピューターで通知表を書くということで、今日などは、休日に出て来る人のために学校は開いているらしい。ぼくも行こうかと考えたが、10月上旬にある大きな発表の練習を午前中に入れていたので、やめた。前の職場の子どもたちとやるこの発表の練習は、8月末から毎日曜日に組んでいて、今日は4回目。何とか形になってきた。午後は九州合同の合唱練習に呼ばれていたが、仕事が気になりパス。テストの採点をしようと思っていたら、庭の雑草化した蔓植物があんまりひどいので、そっちに手を付けた。時々降る台風の雨に打たれながら格闘した疲れで、結局夕方まで眠っていた。

 暑さは厳しいが、確実に秋になったと思うことがある。それはコーヒーの消費量が急に増えたことと、ジャズをよくかけるようになったことだ。だるい体を起こしてコーヒーを淹れ、このアルバムを選んだら、気分に合っていた。適度に眠気を覚ましてくれ、脳にやる気を送ってくれる。

 ケニー・バロンはベテランの域に入る人だが、あまりなじみのない人だった。チャーリー・へイデンと組んだ「NIGHT AND THE CITY」で気に入ってからもっと聴きたいと思ったが、どれを選んでよいか分からずあまり持っていない。でも、趣味のよいピアノを弾く人だとは思う。

 このアルバムはVenusの廉価盤で、たっぷり70分、ジョージ・ムラーツの深いベースの音とともに良質のピアノ・ジャズを聴かせてくれる。「NIGHT AND THE CITY」ほどの気品はないが、別にムラーツとヘイデンの差やトリオとデュオの差ではなく、制作の側の違いだろう。

 とは言っても、それほど俗っぽい作りにもならず、一曲一曲にたっぷり時間をかけながら全十曲、1時間余の秋の夕暮れを優雅に彩ってくれた。「Beautiful Love」や「Hush-A-Bye」など、いかにもVenusという感じの選曲も、むしろほどよい通俗味という感じでこの作品の持ち味となっていて楽しい。

 バラードの「For Heaven's Sake」がいいなあと思ったら、「NIGHT AND THE CITY」でも演っていた曲だった。あまり知らないスタンダードだったが、バロンに教えてもらった。

 ドラムが壊すことはピアノ・トリオでよくあるが、ベン・ライリーというこのドラマーは、それほど悪くない。ベースもドラムも、ケニー・バロンの指名だそうだから、勝手知ったる仲なのだろう。

 アルバムは、バラード「マイ・アイデアル」で淡々と締めくくられる。秋の夕暮れにコーヒーを飲みつつピアノ・トリオを聴くという、この嵌りすぎる光景は何なのだろうか。きつい毎日を乗り越えて生きていこうと思えるための薬か。
e0006692_19335095.gif

by pororompa | 2011-09-18 19:33 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 序盤戦の勢いなし 【JFL’11後期 第7節 ホンダロック 0-1 横河武蔵野】 semスキン用のアイコン02

  

2011年 09月 11日

e0006692_17301677.jpg
 今のロックに序盤戦の勢いはない。今季不振の横河武蔵野を攻めあぐねて、果ては終了間際に決勝ゴールをくらって沈没した。

 開始前にスタメンを見た時、GKの負傷でコーチ兼任の川島が入っている以外は、比較的オーソドックスな気がした。上田、ファンの両CBは揃っているし、SBは小原と猿渡、ボランチは前田と諏訪園、攻撃的なサイド・ハーフには山下と悦田、そしてFWは原田と首藤だ。これならいけるのではないか。特にやっとスタメンに戻ってきた首藤に得点の期待をかけた。

 ところが開始15分辺りで、相手DFと競っていたその首藤が、急に走るのをやめた。筋肉系の故障のようだ。伊勢が呼ばれる。それでも前半のロックは全体としては悪くなかった。押し込んでいるし、CKも何度もある。ただ、点が取れない。ストライカー首藤の離脱が何とももどかしい展開だ。

 後半も、攻めはすれど点が入りそうにない展開が続いて、だんだんと相手が元気よくなってくる。そうこうしているうちに、PKをとられた。ゴールから遠いペナルティ・エリアぎりぎりの所で、そう悪質にも見えなかった。見方によってはダイブのようにも見えた。ところがこれは代役川島が見事に止める。

 これで普通なら勝てそうな展開だが、今日のロックはなんか点が入りそうな気がしない。引き分けか、と選手も思ったわけではないだろうが、またしても終了間際に、カウンターからやられた。人が戻りきってなかった。左サイドからくずされ、戻りきってない右サイドに回されてやられた。

 点が入りそうにないと書いたが、原田に代わって入った木下は激しく動いて攻撃を活性化させていた。原田はいかにも重くて、伊勢も切れ味が悪かった。木下にもっと長い時間ゴールを狙わせたかった。

 負けたのはおもしろくないが、勝負なら仕方ない。しかし、今日は子どもが騒いで試合に集中できず、不愉快さが倍増した。この「T・キッズ」という幼児チームは、前もこういうことがあった。指導者はほとんど放置状態で、幼児がボールを蹴ったり手すりに上ったりとやりたい放題、周りからも「危ないなあ」という声があがっていた。しまいにはあまりにも度が過ぎるので声を出して注意したが、観戦を妨げること甚だしい。運営側も、有料で見せる興業なのだから、一考が必要な問題だ。

 だいたい、「エスコート・キッズ」が、ワールド・カップのような大会ならともかく、JFLの試合に毎回必要なのか? 子どものかわいさに頼った安易な演出のように思える。サッカーを見ることに何の興味もない幼児をスタンドで無理にじっとさせておくぐらいなら、外の原っぱでボールを蹴らせていた方が、当の幼児達にとってもよっぽど楽しいはずである。少なくとも、「エスコート・キッズ」は、試合を見るのに耐える年齢からにしていただきたい。このままなら、客から文句が出る前に、大きな怪我人が出るだろう。

by pororompa | 2011-09-11 18:07 | ホンダロックにわかサポ | Trackback | Comments(0)