ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 取りこぼしか、失速か 【JFL’11後期第4節 ホンダロック 2-2 栃木ウーヴァ】 semスキン用のアイコン02

  

2011年 07月 24日

e0006692_1529334.jpg
 真夏とは言え、薄曇りに海風で意外に涼しい。休み中ずっと仕事で籠っていたが、気分転換も兼ねて抜けてきた。

 今日の相手の栃木ウーヴァというのは初めて見るチームだ。ホンダロックも土日が操業となり、入りが心配されていたが、500人は超えている感じだ。

 前回のジェフには勝っているが、ここ数試合を見ると引き分けが多くなっている。やや勢いが鈍ってきたか。スタメンを見ると、FWには首藤が戻ってきている。他に目を引くのは東。初スタメンだそうだ。激励のため念入りなコールが行われた。その東は、出場停止の諏訪園のポジションだ。

 開始早々FKからいきなり入れられた。まあそれはいいだろう。そういうこともある。しかし、何かがおかしい。また仕掛けの遅い臆病なサッカーに戻ってしまっている。ほとんど見所がないまま前半が終わり、何もできなかった首藤が前半で下げられた。しかし球が来ないのだから首藤もどうしようもないだろう。むしろ代えるべきは中盤のように思えた。

 ところが後半、意思統一したのか、急に攻めのチームになる。代わった木下は活発に走り回る。まるで首輪の外れた犬のようだ。久しぶりの出場の喜びが感じられる。そして、右からのクロスをヘッドで決めてしまった。さらに、木下から山下と渡って一気に逆転。後半開始10分で2-1とした。

 だが会場では、「あと1点入れちょかんと、あぶねが!」と、不安がる声が聞こえる。そういう試合が続いているからだろうが、そんな気はした。案の定、残り5分前ぐらいで、中央突破され同点にされる。それから伊勢を投入して最後まで押したが、引き分けに終わった。

 全体としてはこちらが強い感じで、展開からも「取りこぼし」というイメージが残った。ただし前半のようなサッカーをしていては、「失速」という感じもする。ずるずるといくかもしれない。そんな中だが、FW木下の活躍は意外だった。このチームらしいといえばらしい。

 そう言えば今年は熊元がめっきり使われなくなった。今日も入り口でもぎりをしていたが、前線が消耗した秋口から出番が来るのでは。下木屋もそうだ。一種のターン・オーバーで乗り切るのも、失速を防ぐ方法の一つか。強豪を立て続けに迎え撃つ最終盤に向けて、いっそうの工夫とがんばりが必要だ。次々のニュー・ヒーローの出現を期待したい。

by pororompa | 2011-07-24 18:22 | ホンダロックにわかサポ | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ジャンピング・アウトサイド・ボレー!《FIFA女子W杯決勝戦 日本優勝》 semスキン用のアイコン02

  

2011年 07月 18日

e0006692_12164931.jpg

 いやあ・・・すごい! ワールド・カップ優勝ですよ、ワールド・カップ!!

 延長後半、あと数分。アナウンサーも解説者も敗戦ムード。悪いけどぼくも「よくやった」の気分だった。CKだけど、空中戦じゃ分が悪い。だが、選手は諦めていなかった。

 そこに飛び出したのが、澤の超絶技巧の一発。え?何今の? ジャンピング・ヒール・ボレー? アウトサイド? イブラヒモビッチかよ。しかも競りながらの。

 アメリカの選手も一瞬何が起こったか分からないような、スーパー・ミラクルなシュート。バズーカ砲みたいな相手のゴールに対して、名刀でスパーッと切り捨てたような一撃だった。

 スウェーデンの監督が、「日本がアメリカにゴールするのがイメージできない」と言ったけど、確かに前半見てるとそんな感じだった。明らかに相手の方が強い。大砲のようなシュートを浴びて、こちらはなかなかシュートまでいけない。

 でもチャンスは集中していればふと巡ってくるんだよね。宮間のゴールもそんな感じ。背後から巧みに忍び寄ってかっさらい、アウトサイドボレーでフィニッシュ。これも決して泥臭くない、技巧的なシュートだった。

 そして延長後半のあの澤の必殺技。ビデオで見直すと、直前に相手の選手が「××××!Sawa!!」と叫んでいるんだよね。十分警戒していたのだろう。次の瞬間、ニア・サイドにダッシュする澤に、相手マークが貼り付いている。それでも名刀が一瞬早く切り裂いた。このゴールで、単独得点王、大会MVP、金メダル、ワールド・カップ。凄すぎるぜ。

You Tube 女子ワールドカップ 決勝戦 澤のゴール

You Tube イブラヒモビッチ Zlatan Ibrahimovic goal

You Tube マンチーニ Roberto Mancini

by pororompa | 2011-07-18 12:39 | TVサッカー観戦記 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 288】 PAUL SIMON / PAUL SIMON semスキン用のアイコン02

  

2011年 07月 16日

e0006692_1975385.jpg 夏の面談の準備と、仕事をなくした甥っ子の世話と、事務局長をしている教育団体の夏の集会の計画と、秋の九州歌声祭典のぼくのステージの構想、7月の暑さの中で4つの悩み事を抱えて過ごしている。昔から同時に違うことは考えられない性格なので負担に感じる。休みが3日あるので、とりあえず今日は書類を選別処分した。一日かかったけど、気分はいくらかすっきりした。明日は事務局会、あさっては採点をすることにしている。

 CD通販のサイトを回っていると、昔よく聴いたなじみの盤が安くで出ていることがある。1000円もしないような値段で出たりしているのは、いよいよパッケージで売られる時代も終わりなのだろうか。そんな時代になって、ぼくは逆にアナログ盤の新品を「買い物カゴ」に入れたりしている。

 懐かしさで注文した盤が届いても、聴く気分に合わなかったりするのは仕方がない。中には、今の耳で聴くとがっかりしてしまうのもある。そんな中で、この「ポール・サイモン」のソロ・デビュー盤は、聴くに堪える内容だったし、今の気分にも合っていた。

 この盤をLPで見たのは、中学校時代の友達の家だった。インパクトのあるジャケットだったので、よく覚えている。だが今回聴き直して、初めて聴く曲がいっぱいあった。ベスト盤に入っているような「母と子の絆」や「ぼくとフリオと校庭で」はいやというほど聴いたので、ぼくは何となくこのアルバムをよく知っている気になっていたのだ。

 「Still Crazy After All These Years」辺りよりも、人懐っこく、親しげに聞こえる。それはなぜかとずっと聴きながら思った。そうか、サウンドだ。生ギターの響き。もちろん「Still Crazy・・・」だって打ち込みではないけれど、あのフュージョン畑のミュージシャンの加工されたような音にはない、手書きの手紙のような感触がこのアルバムにはある。
e0006692_19303997.gif

by pororompa | 2011-07-16 19:30 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)