ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 265】 原由子 / 東京タムレ semスキン用のアイコン02

  

2010年 08月 26日

e0006692_1952940.jpg 「教員免許更新」というのに引っかかって、大学で五日間講習を受けた。受けている方も授けている方も首傾げながらやっている講習だったが、ま、それなりに面白みはあった。で、最終日に近道して行ってたら、思いもかけず「ブック・オフ清武店」というのを発見。宮崎市内にブック・オフは3軒と思っていたけど、もう1軒あったのね。

 ということで早速帰り道に寄ってきた。例によって廉価盤の山から5枚ほど掘ってきたが、その中で一番の掘り出し物がこれかな。原由子の、昭和歌謡曲のカバー・アルバム。何と言っても、「愛のさざなみ」「学生時代」「いつでも夢を」の3大名曲を選んでいるという時点で、前からずっと気になっていたアルバムだ。と言っても、旦那の桑田があんまり好きじゃないのよね。したがってサザンも。だからこの人もあんまりなじみはない。今日は500円でご対面、ということで、迷わず買ってきました。

 何と言っても選曲がいいね。カバー・アルバムは選曲のセンスがものを言うけど、このアルバムはその点が抜群だ。桑田があんまり好きじゃないと言ったけど、何かでカバーばかり歌っているのを聞いたことがあって、その時の選曲センスの良さに驚いたことがある。日常的にそこら辺がよく分かっているご夫婦なのね。

 上の3大名曲の中では、「愛のさざなみ」はまあ本家を凌ぐものではないけど、「学生時代」が素晴らしい。もう感動的に素晴らしかった。ぼくは子どもの頃からこの歌が大好きで、ペギー葉山のあのバージョンではこの歌の魅力を表しきっていないといつも思っていたのだけど、やっとこの歌の決定的なカバーを聴いた思いだ。ウッドベースに生ギターを絡ませた簡素で粋なアレンジに、ちょっと舌足らずなかわいい声が乗り、そこに男性コーラスが絡む。最高の解釈、最高の仕上がりだ。よくぞやってくれました。

 「いつでも夢を」もなかなかいい。本歌そっくりのアレンジで、桑田が橋幸夫の役でまじめに歌っていて、それが逆に遊び心たっぷりな感じになっているし、本歌に対する敬意さえ感じられる。

 それ以外では、由紀さおりの「生きがい」、これが抜群のできだ。これ昔から好きだったけど、渋谷毅の作曲だったのね。「手紙」の後に出たヒット曲で、別れた人は今頃何をしているだろうと思い出す歌だ。「ああ、あなたと別れた今でも ああ私はあなたと生きているの」という歌詞に、明るい長調のメロディが乗って、いっそう情感が強まる。さすがジャズマンのセンス。「お母さんといっしょ」から浅川マキまでこなす渋谷さんの才能を、また見た思いだ。

 他には、加藤和彦の「花のように」などというのも泣かせる。そして日野てる子の「夏の日の思い出」、黛ジュンの「天使の誘惑」など、「そこきた!」という曲が並び、最後まで飽きさせない。同じ棚にもう1枚並んでいたので、宮崎近辺で欲しい人は急ぐべし。
e0006692_17472897.gif

*You Tube 原由子 「生きがい」

by pororompa | 2010-08-26 21:01 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 負けてはいけない試合 【JFL’10前期第14節 ホンダロック 0-1 アルテ高崎】 semスキン用のアイコン02

  

2010年 08月 22日

e0006692_175583.jpg
 暑さを覚悟していったが、スタンドは意外な涼しさ。秋近し、か。でもピッチはもちろんまだまだ暑そう。ここ何戦か勝点も稼いで、勢いが出てきたようなホンダロック、ホームに迎えたアルテ高崎は、順位を争う当面のライバル、負けていけない相手である。

 前半は押しまくり。右から伊勢が突破して、プラスに転がしたのが前過ぎてダメ。前田がキーパーと1対1になったのに外す。左の山下がフリーで打ったけどキーパー正面。竹井がヘッドで狙ったけどこれも外れる。思い出すだけでも4つぐらい大きなチャンスがあった。

 後半も押しまくった。相手のチャンスはほとんどない。一方的に攻める。でも入らない。嫌な雰囲気になってきたと思ったら、案の定やられた。残り20分を切った時、FKをゴール前に放り込まれ、こぼれた所をボレーで蹴り込まれた。一瞬の隙をつかれたという感じだった。

 それから澤村を上げてパワープレイに入るが、結局そのまま試合終了。勝てる試合だったし、負けてはならない相手だったよねえ。頼れるストライカーはいないのか。せめて水永が欲しかった。

by pororompa | 2010-08-22 18:09 | ホンダロックにわかサポ | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 264】 TRIO LOS PANCHOS semスキン用のアイコン02

  

2010年 08月 19日

e0006692_20222265.jpg CDを買いまくっている。安い中古CDばかりだが。ひとつはブック・オフのお盆セールがあったせいだ。久しぶりにヤフオクも覗いている。ジャズは1枚もない。歌を作っていたので、わざと歌物ばかりにした。ブック・オフでは、エミルー・ハリスを4枚、ドリー・パートンを2枚、リンダ・ロンシュタットを1枚、友部正人、クラプトンの「バック・ホーム」、そしてミルバのダブル盤のライブを買った。スカも多かったが、意外な掘り出し物もあった。ヤフオクでは忘れられたようなワールド・ミュージック系を安くで落とした。

 その中で今、毎日気に入って聴いているのがこれだ。なんでいまごろ、トリオ・ロス・パンチョスなのか。実はその前にブック・オフで何気なく買ったロス・インディオス・タバハラスがなんだか妙に新鮮だったのだ。タバハラスはもちろんギターのインストだが、急にコテコテのラテン・ボーカルが聴きたくなった。探したらこのジャケット。ビビッときた。PP&Mのようではないか。そうなんだ、これもフォーク・ソングの洗練された形なのだ。

 トリオ・ロス・パンチョスに特別な思い出はないが、60年代には日本でも人気が高かったという。幼時をラジオで育ったぼくは無意識に相当聴いているのかも知れない。これは聴き進むうちに思った。一聴はムード歌謡。レキント・ギターと安酒場。しかしそれは、ジャズを聴き慣れない人が「スパイ映画」というのに等しい低次元の感覚である。

 「キサス・キサス・キサス」でぐっときた。「ソラメンテ・ウナ・ベス」でぞくっときた。「ラ・クカラチャ」で涙した。「キサス・キサス・キサス」は子どもの頃から知っている。カーナ・ビーツの「好きさ好きさ好きさ」はこれから発想したんじゃないか思っていた。「ラ・クカラチャ」は5才上の兄貴の音楽の教科書に載っていて、「丘のふもとまーでー、続いている道~」と歌っていた。

 これまで聴いてきたのは大半がアメリカの音楽だ。「非アメリカ」がこれからの宝探しの一つのキー・ワードだが、そのためには耳と感覚を慣らさなければならない。
e0006692_20555229.gif

by pororompa | 2010-08-19 20:55 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 263】 小野リサ / RIO BOSSA semスキン用のアイコン02

  

2010年 08月 13日

e0006692_14153061.jpg 夏休み、昼下がり、ざるそば、ボサノバ。うん、これ、なんか悦楽の一つの形だな。なんて瞬間感じたりした。ひところの精神的不調をやっと脱出しつつあるぼくだ。こんな感じは久しくなかった。

 演奏するのは到底無理だが、聴いている分には眠ってしまいそうな脱力系音楽。比較的初期の作品のようで、近年のような世界の有名曲をボサノバ化したものではないから、知っている曲はほとんどない。逆に言うと、ボサノバらしい曲を無理なく聴かせる。

 時々わさびの固まりが脳天に来る。昨日のサラダや冷しゃぶもみんなめんつゆに放り込んで、そばと一緒に流し込んでしまおう。それがすんだらアイスコーヒーだ。できあいのも買ってあるけど、氷の上に熱いコーヒーを流し込んで作るアイスコーヒーがやっぱりうまい。

 この人は歌が上手いのか下手なのかよくわからんが、ボサノバってそういう人が多いな。というか、あんまり力入れて熱唱すると味わいがなくなってしまう。このざるそばみたいなもんかな。ま、気持ちのいい声であることはまちがいない。

 さて、このまま寝ないで、曲を仕上げないと。
e0006692_143015.gif

by pororompa | 2010-08-13 14:30 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ジャケットなのだが semスキン用のアイコン02

  

2010年 08月 11日

e0006692_20141626.jpg
 いやあ、うまくいかん。夏の歌作り週間、今年は運動会だけでなく新作(第4集)の完成も目指してるんだが…。月曜日は集会の疲れで完全オフ、火曜、そして今日の水曜、それぞれスロースタートで運動会の予定曲をハデハデにアレンジしたんだけど、今日聴き直したら元の地味目の方がよく聞こえる。こりゃ2日分ボツかな。ま、創作の過程ではよくあることだけど。

 そんなわけで、ジャケットから先に作ってみた。ジャケットができると急にやる気が出て、加速する傾向はあるからね。

 今回も猫でいきたいんだが、いい写真がない。子猫たちを予定したら全部死んじゃって、「よかったね」じゃなくなるし。猫写真ではネットでは有名なキシロコパルさんのブログ(最近のシマロンとクロラシリーズがかわいい!)みたいな写真が撮れればいいんだけど、難しいね。

 この写真は、画質は悪いけど、構図が面白いので使ってみた。ダダがね、恐い顔してにらんでるのがちょっとあれだけど。画質は、フォトレタッチでちょっとごまかして、渋めにまとめてみたけど、どうだろう。

by pororompa | 2010-08-11 20:28 | 歌が生まれる時 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 口蹄疫を乗り越えて 【JFL’10前期第12節 ホンダロック 0-1 FC琉球】 semスキン用のアイコン02

  

2010年 08月 01日

e0006692_16242881.jpg 今季ホンダロックにとって最大の強敵は、JFLのどのチームでもなく、家畜伝染病口蹄疫だった。「非常事態宣言」が解除されたが、口蹄疫で打撃を受けた農家や関連産業の復興はむしろこれからが本番になっている。だが、とりあえず各種イベントは解禁となった。再開された生目の杜でのJFLの試合に、早速足を運んでみた。

 暑い。真夏である。ひさしのあるメインスタンドに何とか座れた。選手はきついだろう。35℃ぐらいだろうか。スタメンを見ると、前が新人の伊勢や首藤になっている。故障者が多いと聞いたが、主砲水永の名前も見えない。悦田は控えだ。

 後ろに座っていた中年のご婦人方が、「ワールド・カップは面白かったねえ」と話している。「誰かが3時半に起きると、家族を起こすようになっちょってね」とか話しているから、普通のご家庭も巻き込んだワールド・カップの熱狂が改めて思い出された。

 相手の琉球は初めて見る。前半は押し気味だった。いや、試合全体を通しても押し気味だった。だが決めきれない。後ろのご婦人達から辛口の批評が飛ぶ。「意図がわからんねえ」「足が止まってるが。立って見ちょる!」 ワールド・カップで目が肥えているから容赦ない。
e0006692_16401477.jpg

 昨年度の高校サッカーで日章学園のエース・ストライカーだった伊勢が左から切れ込むが、今一つ動きに迫力がない。暑さもあるのだろう。右からは首藤が再三ドリブルで崩そうとするが、これも空回りが多い。もどかしいまま前半が終わった。

 後半開始、まだボーッとしたような時間帯だった。相手の軽いパス回しに、ロックもプレッシャーをかけず棒立ちでいると、いきなりスコーンとミドルを決められた。相手のチャンスらしいチャンスはこの時ぐらいだった。

 それから攻めまくるが、入らない。途中出場の悦田が絶好の位置で倒されてFK、前田のシュートが決まったと思ったら、相手のGKがナイス・セーブ。終了間際には、とうとう澤村を前線に上げてパワープレイ、今度こそ決まったと思ったら、またしてもGKに止められる。今日のマン・オブ・ザ・マッチを選ぶなら、FC琉球のGKだろう。

 攻めに攻めたが、0-1のまま惜敗。「決定力」という言葉が頭をよぎった。まあいいか。とりあえず、またサッカーが見れたことに満足。

by pororompa | 2010-08-01 17:01 | ホンダロックにわかサポ | Trackback | Comments(0)