ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 262】 EARL HINES / HERE COMES EARL "FATHA" HINES  semスキン用のアイコン02

  

2010年 07月 25日

e0006692_1546244.jpg すっかり音楽を聴く心を失っていた。ゆとりはあったのだが、ゆとりだけあってもだめなものである。音楽を聴ける心に戻るには、安心して聴ける名盤中の名盤を聴くのがよい。御大アール・ハインズが、エルビン・ジョーンズとリチャード・デイビスを従えて、圧倒的にスウィングしまくるこのピアノ・トリオを選んだ。

 暑いままではジャズは聴く気になれない。エアコンの冷気を感じ、アイス・コーヒーを淹れ、4ビートのリズムに身を浸すと、ようやくメロディの流れに乗ろうという気持ちになる。

 LP時代の愛聴盤の中にも、片面ばかり聴いていたというものがある。このアルバムもそうだ。CD化したもので聴き直すと、明るいA面も悪くないが、愁いを含みつつ快走するB面の3曲が素晴しい。

 まずは、「スタンレー・スティーマー」。何度聴いても素晴らしい演奏だ。ミディアム・テンポで次々に繰り出されるマイナーの調べを聴けば、だてに「ジャズ・ピアノの父」と呼ばれているわけではないことがよく分かる。

 テンポをぐっと上げた次の「バーニーズ・チューン」に入ると、御大はエルビンのブラッシ・ワークに刺激されていっそう凄みを増す。しかしエルビンも、うまいねえ。ここでは決して主役を食うようなことはしていないんだけど、この切れ味、絶妙のアクセントが、「父ちゃん」を本気にさせている。そしてハインズも、うまいねえ。名人が名人を刺激して丁々発止と渡り合う。この組合わせでよくぞ録ってくれたものだ。

 ラストは「ドリームズ・オブ・ユー」でリラックスして終わる。聴いた後の、なんちゅうか、余韻。ああ、ジャズっていいなあ、この世の中には、まだまだ味わい尽くしていない果実が、たわわに残っているんだなあ、そんな気持ちにさせられた。
e0006692_16211152.gif

*YouTube Earl Hines Trio "Dreams of You"

by pororompa | 2010-07-25 16:21 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 鮮烈なフィナーレ ≪SOUTH AFRICA 2010 決勝 スペイン1-0オランダ≫ semスキン用のアイコン02

  

2010年 07月 12日

 オランダに勝たせたいと思いながら見始めたが、すぐにスペイン応援モードに変わっていた。破壊的な、力任せのオランダに対し、精緻なまで技巧的なスペイン。ポゼッション・サッカーもここまでうまいと納得できる。でもオランダも簡単にはゴールを許さない。

 またPKかと思った。ぼくはPK戦廃止論者だ。同点の時はPK戦の前に、予選での順位の上位者が勝ち抜くとか、これまでの勝点の上位者が勝ち抜くとか決めておけばよい。せめて決勝戦だけはPKで決めてほしくない。

 そう思った延長後半、イニエスタのあの鮮烈なシュートがオランダ・ゴールを射ち抜いた。カタルシス。オランダには悪いが、欧州選手権に続いて、美しいフィナーレを拝ませてもらった。

 それにしてもオランダ。またしても準優勝。オランダの準優勝を、ぼくは三度とも見ることとなった。一度目は高校生の頃デパートのテレビで、クライフのオランダがゲルト・ミューラーに撃沈されるのを。二度目は大学の知人宅の小さなテレビで、「アルヘンチーナ!」の叫びと紙吹雪に圧倒されるのを。そしてまた今日。

 MVPはぼくならGKカシージャス。こいつはほんとに凄い奴。何点止めた。今日もロッベンの決定的なシュートを足でブロックした。

 聞いてびっくり、そして粋な選出に拍手を送りたくなった。何と4位のウルグアイのフォルラン。ビューティフル・ゴールの連発花火で、サッカーの面白さを見せつけたフォルランのMVPに激しく同意する。

 そして「SOUTH AFRICA 2010」が終わった。ああ、祭りは終わり。残るのは祭りの後の寂しさだ。

by pororompa | 2010-07-12 20:20 | ワールドカップ | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 予想通り ≪SOUTH AFRICA 2010 準決勝 スペイン1-0ドイツ≫ semスキン用のアイコン02

  

2010年 07月 08日

 予想していた通りスペインが勝った。ドイツは強豪相手に次々と大勝していたのがまずかったと思う。こんな時はえてして危ない。

 それにしてもドイツの立ち上がりは、アルゼンチン戦と違いすぎた。スペインを恐れていたのか慎重な試合運びで、あの最初から激しく暴れまくったアルゼンチン戦のチームとは、別のチームのようだった。スペインのサッカーがポゼッションだし、前半はゆったりしていたから、朝早くから起きて観ていた人の中には、前半は眠っていた人も多かったのではないか。
 
 後半からはスペインのサッカーだった。得点はセット・プレーの1点だけだったものの、ドイツの持ち味を消し、自分達のサッカーにしてしまっていた。

 だけど、スペインのメンバーって、まるでバルセロナじゃないか。ペドロまで出てきて。グアルディオーラが指揮した方が早いんじゃないの。

 決勝は、心情的にはオランダかなあ。あのクライフでも準優勝だったし。スペインはユーロも取ったので、ここは我慢してもらおう。

by pororompa | 2010-07-08 20:01 | ワールドカップ | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ここらが引き時 ≪SOUTH AFRICA 2010 準決勝 オランダ3-2ウルグアイ≫ semスキン用のアイコン02

  

2010年 07月 07日

 ウルグアイもここらが引き時ではあるまいか。何となくそんな空気が流れていた。

 もちろん当のご本人達はそんなこと知ったことではなく、ひたすら頂上目指して奮闘したであろう。しかし、オフサイドくさいオランダの2点目が入った時、「ま、いいか」的な空気は会場に、いや世界中に流れたのではないか。

 試合は十分に楽しめた。もっとオランダのワンサイド・ゲームになるかと思ったが、ウルグアイの奮闘で緊迫した好ゲームだった。互いに長めのシュートを決め合った前半が終わり、後半に入ると、じわじわとオランダが押し始めた。だが、なかなか決まらない。これはひょっとして…、そんな流れになりかけた時、あの2点目が決まった。

 このままでいいか、でも何となく後味は悪いな。そう思っていたら、今度はロッベンの見事なヘディング・シュートが決まって、試合は順当に閉じようとしていた。健闘ウルグアイ。フォルランもピッチから去る。だが、ウルグアイは、ロス・タイムに入っても死んでいなかった。しぶとく2点目を決め、タイム・アップになるまで攻め立てた。

 結果、あの2点目が左右したわけか。けれども、それに文句を言う人は、当のウルグアイ以外にはいないだろう。彼らはやはりここらが去り時だったのだ。

by pororompa | 2010-07-07 22:09 | ワールドカップ | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 どちらかが去る掟 ≪SOUTH AFRICA 2010 準々決勝 2日目≫ semスキン用のアイコン02

  

2010年 07月 04日

 昨日のブラジルに続いて、アルゼンチンも消えた。これがトーナメント。「強豪」だろうが「優勝候補」だろうが、負ければ、いや負けなくても無理矢理勝ち負けを決め、どちらかが去る掟。寂しい風が吹き荒れながら、勝負は佳境へ。

≪ドイツ4-0アルゼンチン≫
 アルゼンチンが勝つと思っていた。試合開始までは。ところが、キックオフと同時に、ドイツが猛烈に攻め立てる。あれは作戦だったのだろうか。力の差と思いたくない。猛烈なドイツの暴風がアルゼンチンを慌てさせた。

 まさか、イングランドの味わった屈辱を、アルゼンチンまで味わわされるとは。しかも、罵り合っていた相手のシュバインシュタイガーに、いいように切り裂かれて。ぼくは最後まで見るのがつらく、3-0になった時点で寝た。

≪スペイン1-0パラグアイ≫
 試合としてはこちらの方がずっとおもしろかった。特に後半の、PKを外し合ったところ辺りは、後々まで語られる珍場面だろう。あの蹴り直しの判定も変だったが、両チームノーゴールという結果だけは妙に妥当なものとして映った。

 そしてあの印象的なゴール。イニエスタが中央突破し、右に流してフリーでペドロがシュート。左ポストに当たって左ゴール前にいたビジャへ。それをまたシュート。今度は右ポストに当たり、そのままゴールライン上を走って左ポストに当たり、ようやくゴールインした。ほんの何センチかのずれで、またノーゴールか、審判泣かせのオンラインになっていただろう。

 パラグアイの健闘に、日本代表を重ねていた日本人も多かったのではないだろうか。幻のスペインとの準々決勝。日本も意外にやれたかもしれない。そう思えた一戦だった。駒野を慰めてくれたあのバルデスが、外したパラグアイのPKキッカーを、試合後にまた慰めていたのが印象的だった。

by pororompa | 2010-07-04 22:35 | ワールドカップ | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 組合わせが違っていたら ≪SOUTH AFRICA 2010 準々決勝 1日目≫ semスキン用のアイコン02

  

2010年 07月 03日

 ブラジルが敗退した。一方、ガーナ対ウルグアイは、どちらもベスト4と言えるほどのインパクトはなかった。互いに相手が入れ替わっていたら、もっと大会も盛り上がっただろうし、実力通りの勝者になったと思う。トーナメントは組合せ次第。非情だ。

≪オランダ2-1ブラジル≫
 前半いきなりロビーニョが決めた時、「あ、これはブラジルかな」と思ってしまった。後方からあんなスルーパスを一発で通してくるなんて。そしてロビーニョもこんなにいい選手だったっけと思うぐらい切れていた。カカーやルイス・ファビアーノも絡んで、軽快に攻め立てていた。でも追加点は取れなかった。

 そして後半から風向きが変わった。ブラジルは飛ばしすぎたのか。重い。オランダがガチガチと来る。そしてあのオウン・ゴール。がっくり来たと思う。

 まあオランダもさすがだ。ブラジルと五分に戦える力は持っていた。あのCKからヘッドでつないだ逆転シュート。またもスナイデル。お見事。

 ブラジルは何が足りなかったのかなあ。ドゥンガの路線は、勝つためには有効のように見えたのだけれど。

≪ウルグアイ(PK勝)1-1ガーナ≫
 一番おいしい所を見逃した。NHKさん、最後までやってくれよ。

 大雨警報で一回り小さくなった画面を、延長になっても見続けたのに。放送が延長になって途中で切られた。結果をインターネットで見て愕然。終了直前にレッド覚悟でウルグアイのスアレスがゴール・ライン上のボールを手で弾き出し、与えられたPKをギャンが外すとは。何と劇的な幕切れではないか。

 そこに至るまでは比較的退屈な試合だが、ムンタリのロングシュートと、フォルランのFKは、どちらも見事だった。心情的にはアフリカ代表に勝たせたかったかな。

by pororompa | 2010-07-03 20:27 | ワールドカップ | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 途切れなかった集中力 ≪SOUTH AFRICA 2010 決勝トーナメント1回戦 4日目≫ semスキン用のアイコン02

  

2010年 07月 01日

 いきなり文中に広告が入り出した。広告は絶対に許容できない。移転か廃止か有料化か。月々250円は許容範囲なので有料化を選択した。今後も細々と付けますので、よろしくお願いします。

≪日本0-0(PK勝)パラグアイ≫
 次の日はどの職場も重い雰囲気ではなかっただろうか。ぼくは定期健診だったけど、待合室もそんな感じだった。

 けれども、である。ぼくは大健闘だと思う。大きな拍手を送りたい。過去見た0-0の試合の中で、もっとも見所があり、もっとも緊張した好ゲームだったと思う。日本サッカー、ここまで来たか、と思った。

 最後まで、集中を切らしたチームが負けだった。一瞬の油断を切り裂かれただろう。ほんとにみんな、人生を賭けていた。栄光のベスト8が、いや、あんなに笑われていたベスト4でさえ、現実の目標となるところまできたんだからね。

 結果も五分だったが、内容も五分だった。大きな自信が残った。うまく戦えば、ヨーロッパや南米の中堅と対等に戦えるということが分かった。日本のサッカーにまた火を付けてくれるといい。

 それと、一つ書き加えておきたいのは、PKを外した駒野を、強く慰めるようにパラグアイのバルデスが語りかける感動的な場面。昔、いつだったかやはり決勝トーナメントでパラグアイがフランスと死闘を演じて惜敗した時、あの名物GKチラベルトが全員を励まして回ったシーンを思い出した。

≪スペイン1-0ポルトガル≫
 ヨーロッパ選手権で見たスペイン・サッカーは、もっと魅力的だった気がする。ひょっとして自分は、スペイン・サッカーが好きじゃないのかも、とさえ思えた。

 とは言え、やっぱり役者は揃ってる。日本がここに当たったらどうなるのか。つくづく見てみたかった。

by pororompa | 2010-07-01 21:10 | ワールドカップ | Trackback | Comments(0)