ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 218】 下田逸郎 / 花よ鳥よ風よ月よ semスキン用のアイコン02

  

2009年 02月 28日

e0006692_2255779.jpg 正直に言うとこのCDは売り飛ばそうと思っていた。「売却予定盤」から「四つ星半」に評価が急変した珍しい盤である。

 とにかくこの声と歌い方はあまりにも個性的で強烈だ。最初買って聴いた時、「何じゃこりゃあ」と思った。そんなこと知らなくて買ったのかと思うかもしれないが、テレビで聴いた時はそれほど違和感はなかったのである。

 テレビで聴いたその歌というのは、彼の代表作である「セクシィ」。「子供みたいに笑うあなたが 急に黙ってセクシィ…」。アダルトな曲である。そして名曲だ。性愛をテーマにした文芸仕立ての日本映画のラストシーンで、実に印象的にその歌は流れた。

 実を言うと下田逸郎の名前だけは'70年代から知ってはいたのである。何しろ'60年代から歌っていた人である。だが名前だけで実際歌を聴いたことはなかった。浅川マキや三上寛など、いろいろな「異端」や「個性」がひしめいていたあの'70年代にあっても、この独特な世界が表舞台に出てくることはあまりなかったのだろうかとも思ったが、若い頃の歌声を聴いてみると、今ほど特異な感じではない。しかし、何も知らずにいきなりこのアルバムを聴いて、「何じゃこりゃあ」となったのだった。

 その「何じゃこりゃあ」がどうして急上昇したかというと、車に取り付けたCDプレーヤーがMP3も聴けるタイプだったことと関係がある。とにかく何でもかんでも、日本語の歌を何百曲も詰め込んで、ランダムで聴いて楽しむ盤を作った時、たまに飛び出すこのアルバムからの曲が、鮮やかに光彩を放っていたのである。曲としての完成度がどの歌も高くて味わい深い。それに癖の強い歌い方も、慣れてくると嫌にならない。それどころか味があると思えてくる。例えて言うなら、初めて納豆を食った西洋人が、食う内に好きになって、しまいにはハマってきたような感じか。

 歌の題材はどれも濃厚な大人の色恋沙汰だ。でも演歌的な世界からはちょっと距離がある。フォークでもなければロックでもない。こういう大人のためのポップスの市場が熟成していないこの国で、強烈に個性的な歌い方なのだから、なるほどそれほど表舞台で見かけないのも無理はない。だが熱烈なファンはいるに違いない。

 それから、今日ジャケットを見ながらじっくり聴いて気付いたのだが、バックがいい。特にこのねちっこい歌に絡みつくようなアコーディオンが絶品だ。見るとフランス人っぽい名前が並んでいるが、5曲がパリ録音だという。わざわざフランスまでいかなくてもと思うが、このアコーディオンの音が欲しかったのかもしれない。

 ところで、この人の経歴を見て驚いたのが、「宮崎県出身」とあることだ。よく読むと、生まれたのが宮崎というだけで、育ったのは東京のようだが、この力の抜け方はわが郷土の人かなという気がしないでもない。
e0006692_2237621.gif

下田逸郎「セクシィ」(Youtube)

by pororompa | 2009-02-28 22:52 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 217】 LEONARD COHEN / COHEN LIVE semスキン用のアイコン02

  

2009年 02月 22日

e0006692_227465.jpg 気が付くと雨が降っていた。外はもう暗闇だった。ぼくは雨の音が聴きたかった。ガラス戸を開けると、湿った生暖かい空気が入ってきた。春の雨だ。

 雨の音が聴きたかったけど、同時にぼくは音楽も聴きたかった。

 どうしてこんなのを持っているんだろうという盤が時々ある。何でこんなのを買う気になったのか分からない。そのくせ、それがあるということは確かに分かっている。タイトルも歌い手の名も忘れたのに、その癖のある低い歌声のCDをぼくは探した。レナード・コーエンという名だった。拍手が聞こえた。ライブだったのか。

 雨は好きだ。体の半分は戸外に、半分は室内に置いて、ぼくはこの歌と湿った空気を味わった。

 何という低い声の歌だろう。がさがさしている。そっけないほどだ。ヘタクソと言ってもいい。レナード・コーエンはシンガー・ソングライターであると同時に、詩人であり、小説家でもあるという。きっと英語の分からない者が聴いてもよく分からない種類の歌なのだろう。対訳を見た。分かったような分からないような言葉が並んでいる。でも楽しめないかというと、そうでもない。日本語だってそんな種類の歌もあるし、バックのサウンドは安定した大人の音楽で、ざらついた語りを中和してほどほどに聴きやすさを形作っている。十分楽しめるのだ。

 例えるなら、友部正人をもっと危険な伊達男にして、さらに音程を整え、声を低く抑え気味にし、バックをもっと洗練させたという感じかな。インテリ風女たらし詩人の、歌う朗読。そう言えばこの男、昔はあのジョニ・ミッチェルとも浮名を流したとか。

 春の雨の音に溶け込む歌なんて、なかなかあるものではない。どうしてこんなのを持っているんだろうという盤にも、使い途はあった。だが一人飲むウィスキーは程々にしておこう。また一週間が始まる。歌が終わって静かになった部屋に、雨音がまた聞こえてきた。
e0006692_22475274.gif

 このアルバムと同一音源と思われる「悲しみのダンス」
 Leonard Cohen - Dance me to the end of love(YouTube)
 若い頃は声が高い。味わいのあるフォーク・シンガーという感じ。「電線の鳥」 
 Leonard Cohen - Bird on a wire(YouTube)

by pororompa | 2009-02-22 22:48 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 216】 ロストロポーヴィチ, リヒテル / ベートーヴェン:チェロソナタ第3番・4番・5番 semスキン用のアイコン02

  

2009年 02月 21日

e0006692_19373426.jpg たまにクラシックを聴く。でもなんでアニタ・オデイから急にチェロソナタなのか、自分でもよく分からない。いや、思い出した。時々見るオーディオ関係のブログに、クラシック・ギターの記事があって、それで昨夜ギターを聴いたんだ。その時にクラシックの棚がごちゃごちゃなので並び替えて、それでこれが聴きたくなったのだった。まったく、あみだくじみたいにその日聴く音楽が決まっていくね。それでも、春の朝にはクラシックが合うってのもあるかもしれない。秋の夜にジャズが似合うように。

 チェロが好きなので若い頃からこの曲は聴いていた。ただ、もう少し柔らかい演奏だったように思う。水害の時クラシックも下の段に並べてあったので全部パーになったのだが、確か1000円ぐらいのいかにも安っぽい廉価盤で、緑の地に風景画をあしらったジャケットだった。チェロはフルニエ。手元にあるレコード芸術誌編「名曲名盤300」というので調べてみると、なんとこのロストロポーヴィチ盤より高く評価してある。このロストロポーヴィチ盤も評価は高いが、より硬派の演奏ということになっているようだ。だがこの盤もそう悪くない。名手がさっそうと弾きまくる感じだ。もう一枚持っているヨー・ヨー・マのよりこっちの方が好きだ。

 ベートーベンというと堅苦しいイメージがあるけど、歌謡性というか、通俗性があるような気がする。この3番・4番・5番、どれも、親しみやすいメロディ満載だ。特に3番の短調の2楽章なんかそんな感じだし、その後に出てくる3楽章のしみじみ感や、その後一転して明るいメロディが駆け回る部分も親しみやすい。それから5番の出だしの、ピアノに続いて出てくるいかにもチェロという感じの朗々とした節回しも好きだ。

 ところでこれ、ヤフオク落とした時えらく安く落ちたなと思ったけど、新品で1000円盤で出てたのね。今気が付いた。クラシックにはまだこんなのがあるのかもしれないけど、古びない音楽だからこれからの楽しみにとっとくか。
e0006692_2022351.gif

by pororompa | 2009-02-21 20:23 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 215】 ANITA O'DAY / A SONG STYLIST IN SWINGLAND semスキン用のアイコン02

  

2009年 02月 15日

e0006692_13362815.jpg たまにこんな楽しい「当たり」があるから、古い音源の編集物は面白い。音質よし、選曲も的確、詳細なデータ、デザインはあまりパッとしないけれどデジパックのしっかりしたジャケット、値段も千円を切る。レーベルは「Saga Jazz」となっている。フランス人の仕事のようだ。

 どうしてこれ注文したかというと、昔よく聴いていたFM録音のカセット・テープが耳に残っていたからだ。ぼくの好きな「スカイラーク」をアニタが歌っていたことと、そして「今宵の君は」をペギー・リーが歌っていたのが印象に残っている。ペギーの方は手頃なのがなかったけど、アニタの方はよさそうなのがあった。

 曲順はクロノロジカルに並んでいるが、いきなり2曲目のジーン・クルーパ時代の「ジョージア・オン・マイ・マインド」が聴き覚えがあった。そうそう、これも入ってたっけ、あのテープには。それから出てくる出てくる、名曲、快唱。「スカイラーク」はもうどうでもよくなった。

 初期のアニタは、時にはエラのようにも聞こえ、ビリー・ホリデイのようにも聞こえる。若い頃のアニタがエラの影響を受けるってあり得るのか調べたけどよく分からない。アニタのこの録音が1941年で、エラは1935年にはもう有名になっていたからあり得るのかな。ビリー・ホリデイの方は確かにアニタのアイドルだったらしい。

 アニタは音程がどうだとかよく言われるが、ジャズなら強烈なこのスウィング感が何より大事だ。「エイント・ミスビヘイヴン」なんてあまり好きじゃない曲も、この人が歌うと粋な感じがする。太鼓だけをバックに歌い出す「スウィート・ジョージア・ブラウン」、あの有名な「真夏の夜のジャズ」の原型となったヴァージョンも入っている。伴奏陣も凄い。ナット・キング・コール・トリオ、スタン・ケントン楽団、ベイシー楽団、タッド・ダメロン・トリオ・・・。データを見ながら演奏を聴いても楽しい。

 アニタって初めからこんなにスウィングしてたんだな。Verveのアニタしか知らなかったけど、それ以前のアニタの「いい仕事」をこれ一枚で堪能できた。
e0006692_1992186.gif

by pororompa | 2009-02-15 14:11 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 214】 NILSSON / A LITTLE TOUCH OF SCHMILSSON IN THE NIGHT semスキン用のアイコン02

  

2009年 02月 11日

e0006692_1714234.jpg もし理想的な勤務時間というものを想定するとしたらどうなるだろうか。週7日のサイクルを前提として考えるなら、平日の中日の水曜を休みにして、3日休み4日働くぐらいがよいのではないだろうか。水曜休みとなった今日そんなことを考えた。もちろん戦前の紀元節を「建国記念」などと言い換えるアナクロニズムには賛成できないが、そんなことを別にしたらいい休日だった。

 もしかしてここ宮崎では、もう冬は去ったのかもしれない。そろそろ花粉でも飛んでいそうな陽気だった。鼻の調子が悪いこの季節は、持病の無呼吸症もひどくなり、午後にはいつも強い眠気に襲われる。休みだから遠慮なくうとうとして、ふと目を開ける頃には日はもう傾きかけていた。すっきりしない頭でトレイに乗せたのはこれ、ニルソンがスタンダードを歌った「夜のシュミルソン」。

 覚め切らない春の午後に聴く「夜のシュミルソン」は、まるで白昼夢だ。全編ゴードン・ジェンキンスに委ねたストリングスは、容赦なくまどろみの午後を演出する。ニルソンの甘い声はその中にうまくはまり込み、溶け合ったまま流れていく。

 このニルソンについてはそれほど知らないが、ジャズには無関係のロック畑の人である。ロック畑の者がこの手のレパートリーを歌うという企画は時々あるが、これはそのはしりであるという。こういう企画は、曲がいいからそれほど悪くもならないが、それほどよくもならないという感じはある。ロッド・ステュワートやこのニルソンは比較的成功例か。あのジョニ・ミッチェルまで出しているらしいが、まだ聴いていない。こういう企画は、やはり相当の歌唱力を要求されると思うが、ニルソンはそういう意味では十分それに堪える歌手だ。声質もこういう歌に合っている。少なくともぼくの嫌いなシナトラなんかよりよっぽどいい。

 このアルバムはラジオで聴いて買ったのだが、残念なのはその時に一緒に流れていた「虹の彼方に」がぼくのCDには入ってないことだ。それは「続編」として出たアウトテイクだったらしいが、最近の再発盤にはオマケで入っているのを今日知って、ちょっと悔しく思った。
e0006692_1741392.gif

by pororompa | 2009-02-11 17:41 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 213】 NEW YORK TRIO / THE THINGS WE DID LAST SUMMER semスキン用のアイコン02

  

2009年 02月 08日

e0006692_2014406.jpg ヴィーナスの1枚はビル・シャーラップのトリオである。「チャーラップ」として知られているが、「シャーラップ」が正しい発音に近いようだ。

 ぼくのジャズの知識は大体'70年代ぐらいで止まっているが、近年のジャズもぼちぼちと聴いているので少しずつ事情は分かってきた。ジャズ・ミュージシャンを両親に持つというこのアメリカの若手ピアニストの評判はぼくも知っていた。何か1枚と思って選んだのがこれである。結論から言えば今一つ期待外れだったが、聴き所がないわけではなく、このピアニストについて失望する所までは行かなかった。

 ニューヨーク・トリオという名義は、契約の関係で「ビル・チャーラップ・トリオ」と出せなかったヴィーナス・レコードが付けたものである。アルバム・タイトルの「THE THINGS WE DID LAST SUMMER」は単なる曲名でもあるわけだが、「過ぎし夏の想い出」と訳して何となく全体のアルバム・コンセプトも暗示する役割も果たしている。全体にバラード主体のアルバムだ。ジャケットもそれを意識したのだろうが、何となく野暮ったいデザインだ。どうもヴィーナスはジャケットが好きになれないものが多い。このアルバムのジャケットは下品とまでは言えないし、取り立てて「エロ」でもないけれど、何となく安っぽいラテン・アルバムみたいなジャケットである。ただ、楽譜を散りばめた内側や裏の装丁は悪くない。

 アルバムは意外にもソロで始まる。曲は「いそしぎ」。当人が望んだことだというが、これは悪くない。もう一つ中間にソロで「モナ・リザ」が入っているが、このほとんどテーマのみの短いソロ演奏が、皮肉にもこのアルバム中で一番よかった。慌てずメロディーをじっくり歌うし、この世代にしては相当古い歌を知っている感じだが、母親がジャズ歌手であったというからその影響だろうか。キースの「The Melody at Night, With You」みたいなソロ・アルバムを作っても面白いと思う。

 アップ・テンポでも趣味よくスウィングする。ヨーロッパのピアノ弾きよりもドライブ感があるような気がするし、なるほど期待の若手だということはよく分かった。アドリブのラインもメロディアスでいい感じだ。ただ、ライナーで寺島氏が「原曲から外れないアドリブ」が「盲点をついた」などと興奮した筆致で書いているが、「テーマティック・インプロビゼーション」なんてそれこそ何十年も昔からジョン・ルイスなどが言っているし、「盲点」でも何でもない。この人はジャズ界の「呼び込み人」みたいなもので、ジャズ界をにぎやかにした功績は認めるけれど、それだけだ。

 このピアニストがセンスある弾き手だということは、大いに感じるわけだが、ではこのアルバムで何が不満かというと、一番はドラムである。ビル・スチュワートというこのドラマー、若くて勢いはあるのかもしれないが、大味な感じでどうも好きになれない。特にラス前の8分もある曲でチンチキ叩くライド・シンバルがげんなりする。シャワシャワとやるブラシ・ワークも細やかさに欠ける気がする。その点ベースは重厚な感じでなかなかいい。ジェイ・レオンハート。写真で見るともうベテランだ。

 そしてアルバムの構成。バラード集というコンセプトはあったのかもしれないが、8分も9分もあるような曲をもう少しすっきりさせて、ミディアムテンポの曲を1つ2つ追加したら、もっとよくなったのではないか。ドラムの音ももう少し抑え気味に入れて、ジャケットをセンスよくしたら印象はかなり違ったと思う。
e0006692_1053475.gif

by pororompa | 2009-02-08 21:20 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 212】 JAN LUNDGREN / LONELY ONE semスキン用のアイコン02

  

2009年 02月 07日

e0006692_223521.jpg 現在日本でがんばっているジャズのマイナー・レーベルと言えば、澤野、ヴィーナス、そしてマシュマロということになるだろうか。意図したわけではないが、今日届いた3枚のCDはその3つのレーベルが1枚ずつだった。それぞれが強い個性を放ちながらも、メジャーでは作れないような作品を生み出したり紹介したりしてくれている。ブルーノートやリバーサイドも元々は「マイナー・レーベル」であったわけだし、ジャズはマイナー・レーベルとともに発展してきた歴史がある。ジャズはさして儲かるわけではないから、マイナー・レーベルを興すような者は、それぞれが強烈なこだわりを持ったジャズの熱烈な愛好者である。そんな主宰者のジャズへの愛と個性が溢れているのがマイナー・レーベルだ。

 今回、初めてマシュマロ・レコードの作品を買ってみた。澤野やヴィーナスに比べてやや規模は小さいのかもしれないが、30年の歴史を持つという。買ったのは、ヤン・ラングレンというスウェーデンのピアニストを中心にしたピアノ・トリオである。類似のものが3枚出ていてどれから買うか迷ったが、作られた順番に買ってみようと思ってまずこれを頼んだ。

 ジャケットは演奏者に関係のない美女である。中を見ると、演奏しているヤンはなかなかの二枚目で、こちらを表にした方がよいのではないかと思うが、やはりこうしたジャケットの方が売れるのだろうかとも思った。ただし、あるサイトに主宰者の上不三雄氏自身が書き込まれていたのを見ると、主宰者はヴィーナスの下品なジャケットには批判的な考えをはっきりお持ちのようで、なかなかに硬派な方のようである。多分「日本のマイナー・レーベル」で一緒に括るなというぐらいの気持ちを持っておられるであろう。

 あらためてジャケットを見ると、「演奏者に関係のない美女」と言っても、下品な感じは全くなく、むしろ気品があり、よい感じのジャケットである。ぼくの好きなリバーサイドにも、ビル・エバンスの「ムーンビームス」という嫌いなジャケットがあるが、昔から作る側も内容のよさと商売とを両立させるために苦労しているのだろう。このジャケットは「ムーンビームス」なんかよりずっといい。

 さて、肝心の音楽であるが、やや渋めで、ほどよい甘さを持った、上質なピアノトリオが流れてきた。軽快なナンバーと、しっとりしたバラードのバランスもよい。メロディーはよく歌い、哀調を感じさせながらも軽快にスウィングする。音はちょっとドライなような、ざらざらとした響きを感じるが、繰り返し聴いても聴き疲れしない。ベースもドラムも彼地の一流所が務めている。何度も聴きそうなアルバムである。2曲目の表題曲はどこかで聴いたと思ったら、同じスウェーデンのリサ・エクダールのアルバムで聴いたばかりだった。

 ライナーも製作者の上不氏自身が丁寧に書いている。こういうところもマイナー・レーベルのあり方としては好ましいと思う。読んでいて驚いたのは、ラングレンは非常に優れたテニス・プレーヤーで、あのエドベリに負けたのでジャズ・ピアニストに専念した、とあったことである。天は二物も三物も与えているわけだ。

 音楽以外の書き込みが多くなったが、これは期待通りのアルバムだった。残りの2枚も買いだな。
e0006692_23384513.gif

by pororompa | 2009-02-07 23:37 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(1)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 211】 GONZALO RUBALCABA TRIO / AT MONTREUX semスキン用のアイコン02

  

2009年 02月 01日

e0006692_177465.jpg 昨日は職場の若い人の結婚式があり、久しぶりにそういうものに出て疲れた。そんな言い方をしては結婚した人に失礼だが、ぼくは元々結婚式の演出とか雰囲気が好きではないのである。めでたく結婚された若者達には幸せになっていただこう。くたびれた中年は穏やかな休日を過ごして回復せねば。そいうことで、今日は春の鉢花を作ったりしてのんびり過ごし、気分を整えた。園芸は心の健康によい。冬の寒さがやわらぎ、花粉症の季節が始まる前の貴重な晴れの日だった。

 さて、調子も良くなったので、一発元気な音の洪水でも浴びようか。ゴンサロが有名になるきっかけとなったモントルーのライブ。

 こいつの1曲目は強烈である。モンクの「ウィル・ユー・ニードゥント」。キター!鍵盤の端から端まで超絶技巧の指が暴れる暴れる。まさに超弩級の演奏というやつだ。音もいい。その音の洪水にどっぷり浸って、鈍った脳味噌を掻き回してもらう。気持ちいいぜ。

 思えば’90年代の初め、穏やかな僻地の村に引っ込んで、緩いレゲェとかカントリーとか流してなごんでいた頃、FMラジオからこいつが聞こえてきた。爆発的な演奏だ。それなのにうるさくない。血が騒いだね。ナニモンじゃ、こいつは、と思った。それからジャズをまたぼちぼちと聴けるようになってきた。眠っていたジャズ感覚に火を付けた演奏がこれだ。

 早弾きのための早弾きには興味ないし、むしろ遅弾きが好きだったりもするけど、この人の猛烈なアドリブには爽快感がある。どこか余裕のある弾き方は「才能」としかいいようがない。躍動感がジャズだし、バラードもコクがある。

 バックもいいよ。ベースがチャーリー・ヘイデンで、ドラムがポール・モチアンときた。4曲目のヘイデンのバラード「ファースト・ソング」の哀調溢れる歌い回しもいいし、5曲目のモチアンの曲を、だんだん「かき卵」みたいにぐちゃぐちゃにしていく所もいい。アンコールの「オール・ザ・シングス・ユー・アー」でまた弾けて大喝采。こちらも思わず拍手。通して聴くには根性がいるけど、終わったらメンタル面はすこぶる健康だ。
e0006692_17353235.gif

by pororompa | 2009-02-01 17:35 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)