ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 203】 THE DAVE PIKE QUARTET / PIKE'S PEAK semスキン用のアイコン02

  

2008年 12月 29日

e0006692_18213453.jpg これは今年買った中ではかなり聴いた方に入る。どこで買ったのか思い出せないが、どっかの中古屋であまり期待せずに買ったものだ。それが聴く度に気に入ってきた。

 アルバムは長けりゃいいってもんじゃない。名盤はほどよい長さで引き締まっている。LPの時代、ジャズは4曲から6曲。多くて8曲が1枚のアルバムの曲数だった。この「パイクス・ピーク」は5曲だ。その5曲がどれもいいから、これも名盤に決定だ。

 アルバムはコルトレーンの「インプレッションズ」とどう聴いても同じの、「ホワイ・ノット」という曲から始まる。哀愁風味を帯びたテーマが軽快に走る中、パイク氏がうなりながらヴァイブを叩く。キースみたいな嫌味なうなりじゃなくて、演奏に没頭する様が目に見えるような微笑ましいうなりだ。ソロを聴けばミルト・ジャクソンじゃないなというのはすぐ分かる。この哀愁風味で叩きまくるというのはこの人の音楽的な好みを表しているようで、全体がそんな選曲だ。

 2曲目がエリントンの「イン・ナ・センチメンタル・ムード」。ミディアム・スローのテンポで、これも哀感たっぷりに叩き出す。控え目にバッキングしているのは、なんとビル・エバンス。スコット・ラファロを亡くして落ち込んでいた時の数少ない録音らしい。主役を食うほどの覇気はなく、精神的リハビリという感じの演奏だが、途中のソロはやはり全盛期のエバンスだけあって凄みがある。

 3曲目のブルースナンバーも雰囲気を壊さない。そして4曲目が「ベサメ・ムーチョ」ときた。さすがにエバンスには似合わないが、パイクはいかにも「この曲が好きなんだ」という感じの演奏だ。軽快なラテンビートに乗って、うなりも心なしか一段と高くなった感じで、一世一代の名演を展開する。

 ラストの10分近いバラードがこけたらこのアルバムも台無しだったろうが、これがまたいい。ジャケット裏を見ると、青二才という感じの白人青年が写っている。この後ポップス方面に転身したというパイクだが、ジャズに情熱を燃やした若き日の最高の記念碑がこの演奏ではなかろうか。まさに「ピーク」だったのだろう。
e0006692_1856931.gif

by pororompa | 2008-12-29 18:56 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 202】 DEXTER GORDON / DEXTER BLOWS HOT AND COOL semスキン用のアイコン02

  

2008年 12月 28日

e0006692_21332189.jpg 事務局長を務めていた大きな集会がやっと終わった。ホテルに三日間缶詰で、さらには打ち上げまであったのだが、不思議と疲労感はあまりない。集会がうまくいき、予想以上の人が集まったからというのもあるのだろう。だが今日は年賀状も書かずそうじもせず、ただゆっくりと休んだ。

 実行委員でオーディオ・マニアのYさんが、しきりにオーディオの話をしてきたが、彼とは0の数が二つぐらい違うような物で聴いているぼくには、到底付いていけなかった。けれども、近い内にLPなど持って彼の家を訪ねてみようと思う。ハイエンド・オーディオがどうとかいうより、音楽好きの人と一日茶でも飲んで音楽の話をしたいと思うのだ。

 今日はこのデクスター・ゴードンを聴いている。もう少し疲れていたら違うものを聴いただろう。「ホット&クール」のタイトル通り、元気のいい曲とバラードが半々に入っている。バラードの方が聴きたくて買ったのだ。特に「クライ・ミー・ア・リバー」。リサ・エクダールを聴いてこの曲が気になってきていたところに、ネット・ラジオでこのデクスターが流れた。調べてみると、ヨーロッパ盤が出ていた。

 「クライ・ミー」は期待通りだったが、他のバラード曲もそれぞれよい。ホットな方は平凡な演奏だと思ったが、精神的にそう疲れていない今日はそっちもよく聞こえる。

 それにしてもこのジャケット。不敵な面構えで紫煙をくゆらせているデクスターがいかにもジャズだ。文字の入り方が妙にちぐはぐな感じがすると思ったら、「COOL」の文字がタバコの先から斜めに上がっているので笑ってしまう。煙だったのか。

 ぼくは自分の子どもが生まれる時に煙草はやめたが、そのうまさはよく知っている。だからというわけではないが、最近の煙草吸い叩きには違和感を感じる。街角で煙草吸って違法はないだろ。そりゃ他人には迷惑をかけちゃいけないだろうが、その楽しみを知らない者が寄ってたかって「禁止!」と叫ぶのはなあ・・・。
e0006692_1656851.gif

by pororompa | 2008-12-28 16:56 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 201】 JOHN COLTRANE / BALLADS semスキン用のアイコン02

  

2008年 12月 14日

e0006692_2134179.jpg このアルバムが「コルトレーンの最高傑作」と言ったら怒りそうな硬派のジャズ・ファンでも、このアルバムが嫌いという人はあんまりいないんじゃないだろうか。ようやく生まれた束の間の休息に、この永遠の傑作を聴いた。つややかなサックスの音が小春日和の窓辺に流れる。

 嵐のようなインプロビゼーションでジャズ人生を駆け抜けたコルトレーン。「戦士の休息」みたいなこのアルバムだが、これで受けようとか、一儲けしようとかいうあざとさは感じられない。プロデューサのボブ・シールにはそういう魂胆はあったかもしれないが、そしてマウスピースの不調とかいろいろ説はあるが、できあがったものは気品に溢れた最高のバラード・アルバムである。

 1曲目の「セイ・イット」の最初の吹き出しから聴く人の心をとらえてしまう。その点ではビル・エバンスの「ワルツ・フォー・デビー」に似ている。そしてその感動が最後まで裏切られない。だから、再編集盤ではイメージの異なる1曲を入れてはいけなかった。作った側もそのことを気にして、始まるまで10秒ぐらい間を入れているが、やはりこれは要らんだろう。

 CDプレーヤーが発売された頃、ぼくは、ある機能が採用されないものか思っていた。それは、ある曲だけ再生しない「オミット・ボタン」ともいうべき機能である。聴きたい曲だけを聴くプログラム機能というのはあるが、一つや二つだけ聴きたくないという時は面倒くさい。それから「SIDE A(B)ボタン」というのも考えた。LPのA面やB面に当たる部分だけ聴かせる。

 話が横にそれた。カルテットの品のよいバラードは続く。3曲目の「Too Young to Go Steady」も大好きな曲だ。エルビン・ジョーンズってなんてうまいんだろう。このアルバムを聴くたびに思う。

 若い頃、妻がこんな話をしていたのを思い出した。友達と住んでいた時、友達の弟が泊まりに来た。寝る時に小さくこの「バラード」をかけていたら、「うるさくて寝れない」と言われたことがあったという。「これがうるさくて寝れないという人もいるんだ」とその時は思ったが、今思うと、それが普通の感覚なのかもしれない。エルビンのサパタパタパというブラシの音やコルトレーンの高めの音が鳴っては、寝るどころではないというのが普通なのだろう。ただ、ぼくは、そういう人とは仲良くなれても一緒には住めないだろうと思う。

 2回ぐらい繰り返して聴いたら、日が傾いてきた。冬至っていつだっけ。「教師の休息」は終わった。来週も忙しかろうなあ。
e0006692_1650179.gif

by pororompa | 2008-12-14 16:56 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 音盤的日々目次(当ブログ外) semスキン用のアイコン02

  

2008年 12月 08日

【音盤的日々 1~57】
 ※1~57は、「ぽろろんぱーるーむ」に書いたものです。58以降はこのブログにあります。


57 森山直太朗 / 新たなる香辛料を求めて
56 HAWAIIAN SLACK KEY GUITAR MASTERS
55 ROD STEWART / IF WE FALL IN LOVE TONIGHT
54 NORBERT KRAFT / SOR・AGUADO・TARREGA 19TH CENTURY GUITAR FAVORITES
53 BING CROSBY / 50 ORIGINAL RECORDINGS
52 LOUIS ARMSTRONG / YOU RASCAL YOU - LOUIS ARMSTRONG & FRIENDS
51 ANTIGONI GONI / BARRIOS:GUITAR MUSIC VOL.1
50 MUXINE SULLIVAN / LOCH LOMOND
49 大滝詠一 / 大滝詠一
48 中林淳真 / 絵画的ギター組曲
47 CROSBY,STILLS,NASH & YOUNG / 4WAY STREET 
46 チョン・キョンファ(vn) クラウス・テンシュテット指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 / ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲
45 MILDRED BAILEY / MRS. SWING
44 CHARLIE HADEN & KENNY BARRON / NIGHT AND THE CITY
43 NANCI GRIFFITH / OTHER VOICES OTHER ROOMS
42 PABLO CASALS / ENCORES AND TRANSCRIPTIONS 2
41 スピッツ / スーベニア
40 加山雄三 / グレイテスト・ヒット
39 RICKY MARTIN / SOUND LOADED
38 THE PERCY FAITH ORCHESTRA THEME FROM A SUMMER PLACE
37 青春歌年鑑 1963
36 CARLOS GARDEL  CARLOS GARDEL VOL.1 1926-1930
35 シャルル・トレネ他 / 愛のシャンソン 第1集
34 EDDIE HIGGINS TRIO / DEAR OLD STOCKHOLM
33 JAMES TAYLOR / JT
32 JOS VAN BEEST TRIO / SWINGIN' SOFTLY
31 BILL EVANS TRIO / AT SHELLY'S MANNE-HOLE
30 DOLLY PARTON / BEST SELECTION
29 ERIC CLAPTON & B.B.KING / RIDING WITH THE KING
28 岩井宏 / 30才
27 NAT KING COLE / UNFORGETABLE
26 長谷川きよし / ACONTECE
25 登川誠仁&知名定男
24 知名定男 / 島うた
23 ARCHIE SHEPP / BLUE BALLADS
22 ARCHIE SHEPP & DOLLAR BRAND / DUET
21 CHARLIE HADEN / NOCTURNE
20 MILT JACKSON / THE BIG3
19 JONI MITCHELL / NIGHT RIDE HOME
18 内田光子(p) ジェフリー・テイト指揮 イギリス室内管弦楽団 / モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番/第21番
17 ELLA FITZGERALD & LOUIS ARMSTRONG / ELLA & LOUIS
16 PAUL WILLIAMS / BACK TO LOVE AGAIN
15 GERRY MULLIGAN / NIGHT LIGHTS
14 GONZALO RUBALCABA / SUITE 4 Y 20
13 JANIS IAN / REVENGE
12 ZOOT SIMS / ZOOT AT EASE
11 スピッツ / 花鳥風月
10 ROY ORBISON / THE BLACK & WHITE NIGHT LIVE!
9 高田渡 / 石
8 JOHN COLTRANE & JOHNNY HARTMAN
7 RY COODER / CHICKEN SKIN MUSIC
6 長谷川きよし / 選集(私的編集盤)
5 BERNDT EGERBLADH TRIO / A BOY FULL OF THOUGHTS
4 GILLIAN WELCH / REVIVAL
3 JOS VAN BEEST TRIO / BECAUSE OF YOU
2 DUKE JORDAN TRIO / FLIGHT TO DENMARK
1 BILL EVANS TRIO / EXPRORATIONS


by pororompa | 2008-12-08 00:00 | 音盤的日々(ブログ外)目次 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 200】 JIMMIE RODGERS / 1930-1931 AMERICA’S BLUE YODELER semスキン用のアイコン02

  

2008年 12月 07日

e0006692_23235430.jpg 疲れ切った耳には素朴な音楽がいい。77年前の語り部は何を弾き語っているのだろうか。シャリシャリとSPの針音もCDプレーヤーは鳴らしている。ぼくはピールを開けながら、分からない言葉を聴いている。でもその音は、分かりすぎるくらいはっきりとぼくの心の中に入ってくる。

 ジミー・ロジャースは、こうやってギター片手に語りながら旅から旅と歌い回ったのであろうか。それでも、ジャズやハワイアンまで出てくるので面食らう。カントリーやフォークの元祖と言われる彼だが、人気者となって、いろいろなミュージシャンと吹き込んだのだそうだ。サッチモまで出てくる。だが、不思議と違和感がない。異種格闘技みたいな無理がない。素朴な音楽と音楽が出合って、少しはとまどいながらも、幸せな歌を奏でている。そうだ、歌があるんだ。

 どの歌にも決まって出てくる最後のヨーデルは、通して聴いているといささかくどくなる。これがトレード・マークになった人だというから仕方ないのかな。

 バイオリンとともに歌う「トラベリン・ブルーズ」と、カーター・ファミリーと歌う「ぼくの目にはどうして涙が」が特にいい。「ジミー・ザ・キッド」も。歌はいいな。歌と酒が疲れた体を癒し、慌ただしかった週末の寂しい心を満たしてくれる。弦の響きとともに語られる歌は、耳無し法一の昔から人を惹き付ける力を持っていたのだろう。
e0006692_2354167.gif

by pororompa | 2008-12-07 23:54 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)