ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 194】 浅川マキ / 裏窓 semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 26日

e0006692_21561888.jpg 長袖のトレーナーを着ていても少し肌寒さを感じた。昨日までは半袖でも平気だったのだが。来週辺りは衣替えをせねばなるまい。

 息子の書いた詩を読んだら、日本の歌が聴きたくなった。明るい内は友部正人を聴いて、暮れてきてから浅川マキを聴こうとした。油性ペン書きの「灯ともし頃」の貧相なCD-R盤をかけたが、鳴らない。原盤は水害で汚れて捨てたから、「灯ともし頃」は聴けなくなっていることに気づいた。冷たい夕暮れに、物憂げな「センチメンタル・ジャーニー」が聴きたかった。仕方がない。代わりにこの「裏窓」を引っ張り出した。

 ただ「灯ともし頃」が聴きたかったというだけで、このアルバムが「灯ともし頃」以下と言っているのではない。それどころか、浅川マキの最高傑作がこの「裏窓」だと思っている。いや、1970年代に作られた日本語の歌のアルバムで、三指に入るとまでに、ずっと思ってきたアルバムである。

 1曲目、乾いたギターの音が8ビートを刻んで「こんな風に過ぎて行くのなら」が始まる。「あんたは去ってしまうし、あのこもあっさり結婚 今夜ほど寂しい夜はない・・・」。後年ジャズへ、さらには厳しいフリー・ジャズの世界へと進む浅川マキだが、8ビートも悪くない。

 2曲目、寺山修司の詩で「裏窓」。乾いた演歌という感じだ。間奏に入る市原宏祐のかすれたクラリネットがいい。

 そして3曲目、強烈な印象を残す「あの男が死んだら」。歌詞も強烈だが、ミルドレッド・ベイリーのヴァージョンをそっくりそのままアコースティック・ギター2台に置き換えたアレンジが冴え渡っている。

 それから南里文雄のトランペットがじっくり聴けるライブ・テイク「セント・ジェームス病院」と「ロンサム・ロード」に進む。ぼくは高校時代に、このアルバムでこの有名なスタンダードを知った。特に「ロンサム・ロード」が大好きだ。これもミルドレッドが歌っている。

 B面に入って「引越し」。「今日この部屋に西陽が当たりました 近い内にこのアパート出て行く せめて前の家のあの少年にだけは気づかれぬように・・・」。本人の作詞作曲だが、いいですねえ・・・。

 さらには「トラブル・イン・マインド」。歌詞がシビアすぎて、知人が鉄道で亡くなってしばらくは聴けなかったが、ゆったりとしたビートに乗って、寂しげなマキの声と、よく歌うアコースティック・ギターが重なって魅力的だ。ギタリストはこの時代の浅川のアルバムの常連だった萩原信義。ネットで見ると、このアルバムを聴いてこのギタリストが印象に残ったのはぼくだけではないようだ。

 次のロック調の「翔ばないカラス」は、名曲ばかりのこのアルバムの中では一番落ちる。ラストの山下洋輔が曲を付けた「ケンタウロスの子守歌」も今一つだが、その間に挟まれた「町の酒場で」がいい。これも間奏にサックスが絡むが、演歌から臭みを抜いたような味わいだ。

 これだけ優れたアルバムがまだ単体ではCD化されていないとは、どんなに書き並べても魅力を伝えることができないようで、つくづく残念でならない。 
e0006692_23532991.gif

YouTube 浅川マキ 「引越し」

by pororompa | 2008-10-26 22:57 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 193】 TOMMY FLANAGAN / COMPLETE 'OVERSEAS' +3 semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 25日

e0006692_12211889.jpg 言わずと知れた「オーバーシーズ」、実はぼくはこれ、持っていなかったのである。持たずしてえらそうにジャズなど語るなと言われても何も言えない大名盤というのが、確かにある。これはそういうアルバムだ。今回断言する。

e0006692_12343126.jpg ぼくがジャズを聴き始めた1970年代、このアルバムは「幻の名盤」と呼ばれて、すでに幻でも何でもなくそこらに普通に売っていた。ただぼくは、「C」という文字がずらっと並んだジャケットが嫌いだった。「Cを並べてオーバーCズ」という、ミュージシャンを馬鹿にしたような軽薄な趣向が不愉快だった。

e0006692_12385890.jpg モノクロ写真のものも在ったようだが、あまり出合わなかった。それよりぼくは、enjaの「エクリプソ」を愛聴していたので、それで足りると思ったのだった。「オーバーシーズ」のリメイクと言われる「エクリプソ」は素晴らしい作品で、これがあればもう「オーバーシーズ」はいらないような気がした。

 最近当ブログに、トミー・フラナガンの唯一の弟子として有名な方が経営されている大阪のジャズクラブ、その名も「オーバーシーズ」というお店のママさんから書き込みをいただいたが、急にこれを買ったのはそのせいではない。トミ・フラには申し訳ないが、エルビン・ジョーンズを聴きたくなったからだった。毎年涼しくなると猛烈にジャズが聴きたくなるが、今年のぼくの耳はエルビンの「シャバダッダ、シュパタタパタ・・・・」という、あの歯切れの良いブラッシ・ワークを聴きたがっていた。

 今回入手したのは、日本のディスク・ユニオンが編集したCDである。値段はやや高めだが、愛情込めた作りという気がした。高めと言っても、あの強烈に貧しかった学生時代、1500円の「廉価盤」をありがたく買っていた。今1500円が高く感じる。できるだけ安いのを買っていたので、1枚のインパクトが薄いのではないかと最近反省している。

 そんなわけで先週の日曜日に注文したのがこの盤だ。火曜日の夜に届いたが、いろいろと忙しかった今週、中途半端な気分のまま味わいたくないと、週末までお預けにしておいたのだった。そして金曜日の夕方、疲れ果てて帰ってきてぼくは、このアルバムを手に取った。やっと明日は休日だ。元気な時に聴こうと思ったが、ま、ちょっとサワリだけ聴いてみようかなとスタートボタンを押した。

 いつものように、「学級メール」を書こうとしたが、鳴り出した音がそれを許さなかった。本当に優れたジャズは、聞き流しを許さない。これはそういう演奏である。ぼくは仕事は後回しにして、スピーカーの前に姿勢を正した。これは凄いわ。何でこれを持ってなかったんだろうという気持ちと、久しぶりに味わう純粋なジャズ演奏への感動が混じって、妙な興奮が体に走り疲れを忘れた。

 最初の3曲「リラクシン・アット・カマリロ 」「チェルシー・ブリッジ」「エクリプソ」で、すでにこのアルバムが「エクリプソ」以上だということを教えてくれる。3曲の内2曲がダブるからである。続くトミ・フラのオリジナル2曲、バラードの「ダラーナ」と急速調の「ベルダンディ」 が、エルビンのアルバムではなく、トミー・フラナガンのアルバムだということをはっきりさせる。そして「ウィロー・ウィープ・フォー・ミー」と続いていく。

 調べてみるとこの曲順はLPとは違っているようだが、必ずしも「オリジナルでない」とは言い切れない。なぜならこの作品は初め何とEPで出ていて、この編集盤の最初の3曲で1枚、4~6で1枚、7~9で1枚の3枚のEP盤の形が「オリジナル」だったらしいのである。このジャケットも、その中の一つから採られているので、これこそ「オリジナル」と言っていい。ジャケットには、残りの2枚のEP盤の図柄と、それから何と、あのCだらけのものやモノクロのジャケットまで、おまけに付けてある。正にジャズ・ファンの心理を知り尽くした、レコード屋ならではの作りだ。

 ただ、「世界初登場」とかいう最後の3曲だけは蛇足だったのではないかと思う。「リハーサル・テイク」だったということだが、演奏はいいものの音質が格段に落ちる。おまけには無い方がいいものもよくある。

 さて、ぼくはエルビンが聴きたいのだった。全編ブラシでザクザクと切れまくるエルビンは爽快だ。でもぼくは、トミー・フラナガンという第1級のピアニストの迫力を、改めて感じた。
e0006692_1410731.gif

by pororompa | 2008-10-25 14:10 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 192】 LOUIS ARMSTRONG / PLAYS W.C.HANDY semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 19日

e0006692_20261966.jpg 全く音盤的でない日々である。ぼくが事務局長をしている九州民教研宮崎集会が、あと2ヶ月に近づいたので仕方がないが、これ以上ペースを上げるときついなという週末だった。もっとも、この堪えがきかない性分が、すぐ落ちるブレイカーのように、ぼくが壊れるのを防いでいるとも言えるのだが。

 その事務局の仕事として今日は、1万6千枚のチラシを九州各県に発送したのだが、段ボールで12箱、半日がかりの大仕事だった。慣れている人には何でもないことかもしれないが、雨も降るし、段ボールももらいに行かないといけないし、やっと送り終わっても妙な疲れが残った。費用も1万5千円。けっこうかかって、立て替えようとしたら財布の持ち金ぎりぎりでひやっとした。

 このCDはそんな二日間に車の中で流れ続けていたものである。サッチモは好きだ。スウィング以前のジャズメンの中では一番聴いている人かもしれない。それでも、聴いていたのは後年のポピュラーな歌物が中心で、ニューオーリンズ・スタイルのものはあまり聴いていなかった。そう気が付いたのは、このアルバムを聴いてからである。今一つピンと来なかったのだ。それで車に乗せてみたという訳だ。

 これを買ったのは通販で安く出ていたからだが、若い頃ジャズ喫茶で聴いたことはあった。名古屋のカンラン堂とかいう難しい漢字の名前の店で、JBLパラゴンがいい感じで鳴っていた。その時のよい印象があったので安心して買ったのだった。

 このCDはW.C.ハンディのインタビューやリハーサル・テイクがおまけに入っている。インタビュー聴いてもよく分からないし、いかにも蛇足という感じだが、最初にいいなと思ったのはこのリハーサル・テイクだったのだ。本テイクではピンと来なかった「ラブレス・ラブ」と「ロング・ゴーン」が、このリハーサル・テイクになって「おっ?」と思った。こっちの方がいきいきしているような気がする。何度か聴いているうちに本テイクもよいと感じれるようになった。リハーサルだからボーカルの声が遠ざかったりして不完全だが、これを入れた制作者の気持ちは分かるような気がした。

 「ラブレス・ラブ」って、どっかで聴いた感じがすると思ったら、スタンダードの「リンゴの木の下で」に似ている。そしたら、小林亜星の「どこまでも行こう」に似ているとネットで誰かが指摘している。服部克久の「記念樹」を、自作の盗作だと小林が訴えたあの歌だが、元々シンプルな歌だから、そこまでは言えないのではないかなとぼくは感じていた。きっと昔に誰かが作っていそうな感じの歌だと思ったのだ。これなんかがまさにそうだ。

 さて、何度も聴いているうちに星が半分増えた。一緒に歌っている女性ボーカルの声があまり好きになれないが、四つ星半はあげとこう。やっぱりサッチモはいい。
e0006692_2110153.gif

by pororompa | 2008-10-19 21:10 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 191】 HERB GELLER / HERB GELLER PLAYS semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 12日

e0006692_17253678.jpg なかなか休めない。PCが戻ってから会議の前後がフル回転だ。本業の方も宿題があるし、とんだ「秋休み」となっている。

 PCの方は一応元に戻ってはいるけれど、持って帰ってきてからも「はあ?」というような珍現象が続いた。マウスが画面外に逃げたり、画面のプロパティが画面外に逃げて手探りでドラッグしたり、アイコンが2回も勝手に「整列」したり・・・。こりゃあいよいよパンクする前触れだなあと、慌てて大事なファイルをDVD-RWに逃がした。

 まあ忙しいとは言っても、気持ちの良い秋の日だ。LP棚から長らく聴かなかったアルバムを取り出して、コーヒーを舐めながら聴いた。ハーブ・ゲラーさん、あんまり聞かない名前だけど、買ったのは古い。録音も1954年とまだモノラルの時代だ。よいアルバムだという印象がある。

 聴いてみると、曲はスタンダードとオリジナルが半々。一聴音色がアート・ペッパーを思わせるが、パーカーに心酔してきた人のようでそんな感じもある。どちらにしても淀みなく流暢に吹ききる感じの人だ。「そり滑り」なんていうのを軽快に吹き流している。「アローン・トゥゲザー」などのマイナー曲やバラードでは、哀調を帯びていていっそうペッパー色が濃い。

 ピアノが奥さんだ。このロレイン・ゲラーさんも確かな腕で、期待された人だったらしいが残念ながら若くして亡くなっている。そんなことも影響したのか、ヨーロッパでスタジオ・ミュージシャンとなり、「忘れられたミュージシャン」化していた。

 ところがネットで検索して驚いたのだが、この人80才で現役ジャズ・マンだった。「忘れられた」とかは遠い極東国の人間の勝手な言い草で、ご当人はバリバリ何十年も走り付けてきたのだろう。去年、ドン・フリードマンらと一緒にアルバムを出している。爺さんのジャズもよい。聴いてみたいと思った。
e0006692_17463920.gif

by pororompa | 2008-10-12 17:48 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 パソコン故障の顛末 semスキン用のアイコン02

  

2008年 10月 07日

e0006692_18203596.jpg 不調で修理に出していたPCが戻ってきた。結果は何と、「トラブル再現できず」。したがって原因も不明。今こうやって使えているからいいけれど、いつまたそのトラブルが出るか不安ではある。読んだ人の参考にもなるかもしれないので、経過を書いておこう。

 10月6日月曜日の夕方、急にPCの調子が悪くなる。真っ黒い画面になり、いろいろキーを叩いているとのっぺりとした丘の画像の壁紙が出て、スタートメニューもアイコンも一切表示されなくなる。電源を落として再起動しても同じ状態。ただ途中で壁紙だけが普段のに戻ったのも解せない。仕方がないので電源を切ったままにしていたら、また急についたりする。

 ここに至った経過を整理してみる。まず、この日は休みだったので、午後からずっと、教育集会の案内チラシを作り続けた。ある程度できたので、PDFファイルにするために、フリーソフト「PrimoPDF」を使おうとすると、ない。この原因が今持って分からないのだが、削除した覚えもないのにPCから消えている。

 仕方がないので、ダウンロードしてインストールしようとしたら、その過程で、マイクロソフトの「.NET Framework」というソフトが要るから先にインストールしますというようなメッセージが出て、その後にエラーメッセージが表れ、結局「PrimoPDF」のインストールに失敗した。

 解決法をネットで調べたら、「日本語名でログインせず、英語名でログインし直すとよい」みたいなことが書いてあったので、(今日分かったのだが、正しい解決法は、先に「.NET Framework」をインストールして、その後「PrimoPDF」をインストールすればよかった)英語名でログインし直した。その途端にさっきの、にっちもさっちもいかない状態になったのだ。

 まず考えたことは、土曜日の事務局会をどうしようかということだった。その次に、最近バック・アップを取っていなかったなと思った。ただ、直る可能性は五分五分、ファイルまでは壊れていないのでは、と何となく楽観的に考えた。成績処理も運動会も終わっていたことは幸いだった。

 次の日、職場まで積んで行って、帰りに「パソコン工房」まで走った。職場でまた試そうかと思ったが、忙しくてできなかった。「パソコン工房」について、おろそうとした時に、ハッとした。排気口に埃が溜まっている。確か、前も起動しない時があって、原因が埃で恥をかいたことを急に思い出し、慌てて拭き取った。店は、その場でトラブルの再現はせず、初期診断料3000円也を徴収してクールに預かった。

 その日の携帯からの書き込み。「10月7日(火) 急に昨夜から調子が悪くなり、今夜から緊急入院しました。あ、パソコンの話です。週末には教育集会の事務局会があるんだけど、ほとんどできていた文書が心配。学期末でもあるしねえ…。」

 木曜日が終業式だったので、次の日水曜日は職場のPCで学級だよりを書いて帰った。いつもの日刊学級メールもできないし、サッカーのサイトやいつも読むブログも読めないので、音楽を聴いたりテレビでサッカーを観たりした。普段いかにPCに触れているかがよく分かった。

 終業式も終えて家で一杯飲んでいると、店から「直りました」と電話。「再現できませんでした」に絶句する。一応恥を忍んで「埃が原因では?」と聞いてみたが、それなら「熱暴走」という症状が出るはずで、そうではないようだという。でもぼくの心の中では、「同じ恥ずかしい失敗を二度やらかしたのでは」という疑念が消えなかった。

 ま、何にしても、早めにバック・アップしとくに限るね。災い転じて福となそう。でも、前の読み直したら、前も同じ様なこと書いてるね。今度こそやらなくては。

by pororompa | 2008-10-07 18:20 | 日常雑事 | Trackback | Comments(0)