ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 185】 TOM PAXTON / I CAN'T HELP BUT WONDER WHERE I'M BOUND : THE BEST OF TOM PAXTON semスキン用のアイコン02

  

2008年 08月 28日

e0006692_0125717.jpg 週明けだというのにこの2,3日は、今年の夏休みの中で精神的に最も平安な日々を過ごした。教育関係の集会がすんで、そのまま曲に没頭し、やっと日曜日にできた。そして、この週末にはまた大きな会を主催しているし、いよいよ学校も始まる。その狭間が昨日や今日であったわけだ。

 真夜中に、トム・パクストンを静かに聴いている。60年代から活躍する、アメリカン・フォーク・シンガーであり、優れたソングライターでもある人だ。この人を聴いていると、日本の「フォーク」のはしりの時代に、いかに大きな影響を与えた人かがよく分かる。

 まず、アルバム・タイトルにもなっている1曲目、これが岩井宏の「30才」と同じ曲だ。トラッドでもないんだからこれはまずいだろう。最初聴いた時は驚いたし、それまで好印象を持っていた岩井宏の評価が下がった。でもすごくいい歌である。それから、岡林信康や高石友也で有名になった「ランブリン・ボーイ」、これはちゃんとトム・パクストンの作とことわってあったし、それでぼくもパクストンを知ったのだった。フォーク少年時代に何度も歌ったこの歌がかかると、思わずギターを手に取ってしまう。子どもの歌として有名になったにぎやかな「動物園へ行こう」もこの人だ。さらには、若い頃の久保田真琴がURCに吹き込んだ、石原慎太郎や某宗教団体をおちょくった内容の、「昭和元禄ほげほげ節」と曲が同じのもある。これも久保田の作曲となっているが、ほとんど同じ曲だ。たぶん日本フォークがコピーから自作へと発展しようとする時期に、バイブルのように聴かれたのだろう。そういった興味からも面白い。

 しかし、何と言っても一番好きなのは、「The Last Thing On My Mind」。名曲だ。PP&Mの歌で知っていたが、本人の弾き語りも味がある。You Tubeに投稿されている若い頃のこの演奏も観た。この歌は世界中で愛されているようで、You Tubeで検索するといろいろな素人の弾き語りが観れて面白い。

 「Are you goin' away with no word of farewell?」というリフが美しいこの歌は、去ってしまった人を想う恋歌である。「It's a lesson too late for the learnin'~」という歌い出しも好きだ。「学ぶには遅すぎたレッスン…」、分かる気もする。去っていったというのはこの世から消えたということなのか、それとも単に自分から去っていったという意味なのかよく分からないが、とにかく去り行く人への想いがしみじみと伝わってくる。キーが低く、最高音がBまでしかない。声を張り上げる歌ではないのだろう。

 日本では、笠木透さんが「この想い」という題で訳されている。「私の子どもたちへ」などで知られ、「私に人生と言えるものがあるなら」の訳詩も書いている笠木さんなら、この詩を訳すのにふさわしいし、この歌を選ぶ所が笠木さんだという感じがする。「空が青すぎるのだよ 君はもういない 何も変わらないのに 君だけがいない…」。いいね。格調がある。メロディの流れにちょっと合っていない所もあるが、原曲の味をこわさない、心に沁みる歌になっている。

 詩が何よりも大切なこの種の歌は、鑑賞用として聴くには、英語の力が不足している。星半分引くのは自分の問題であって、もしこの言葉を話す身だったらぼくも五つ星の感動を得ていたに違いない。そういう意味ではこれからもまだまだ発見がありそうな盤だ。
e0006692_12132166.gif

by pororompa | 2008-08-28 00:50 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(1)

semスキン用のアイコン01 「浦島太郎になろう」完成 semスキン用のアイコン02

  

2008年 08月 24日

 いやあ・・・、できました!。秋の運動会のためのダンス曲。とにかく今日までに仮歌入れて形にしないと厳しかった。もう8月末。何とか、できあがりました。

 タイトルは、「浦島太郎になろう」。カメを助けた優しさと、ウミガメ保護、環境保護をつなげて、それをレゲェに乗っけた曲です。デディケイティッド・ボブ・マーリー。ボブ・マーリーさん、ありがとう。あんたのフィーリングで書きました。

 とにかく、3年ぶりかな、運動会のダンス曲は。この夏はずっとこれにかかっていたっけ。勘が戻らず、きつかった・・・。でもまあ、そんなもんだよな。これまでの運動会の5曲、それぞれにその時は夏休みの暑さの中で、のたうち回って作っていたもんだ。

 1行目は何と3年前に浮かんでいたんだけど、それからが続かない。「カメが文句言う環境保護レゲェ」というコンセプトはあるんだけど、後がさっぱり出てこない。そんな中で、ふと「浦島太郎」がトイレの中で浮かんだ。発想がトイレってパターンも意外に多い。そこからかな、形になってきたのは。

 さて、子どもや同僚の反応はどうだろう。楽しみだ。聴いてみたいという方は、WEBの方に置いてあるのでどうぞ。ただし、ぼくの声で歌ったデモ版なので不気味です。運動会では、子どもたちに歌入れてもらい、自作集に入れる時は、また娘や息子に頼む予定。

【追記】
 2年生の子どもたちが歌う本番用テイクができたので、差替えました。下にも貼っておきます。

「浦島太郎になろう」 歌:広小2年ウミガメ助け隊 

 浦島太郎になろう
作詞・作曲 松田惣一郎

(前奏4小節)

せっかく海をわたって来たのに
太平洋をわたって来たのに
うらしま太郎はいないかな
うらしま次郎はいないかな

せっかく海を泳いできたのに
何千キロも泳いできたのに
きれいな浜べはどこだろう
広い浜べはどこだろう

きっとカメたちは思っているよ
誰も助けてくれないと

うらしま太郎になろう(うらしま太郎になろう)
うらしま次郎になろう(うらしま次郎になろう)
むかしむかしの やさしい
心を 未来に 伝えよう

(間奏8小節)

大きな波を こえて来たのに
台風だって こえて来たのに
うらしま太郎に会いたいな
うらしま花子に会いたいな

せっかくここに 帰って来たのに
遠い国から 帰って来たのに
青い海べはどこだろう
たまごうむとこどこだろう

きっとカメたちは思っているよ
すがたを変えたふるさとで

うらしま太郎になろう
うらしま花子になろう
カメを助けた やさしい
心を未来に 伝えよう

(間奏8小節)

うらしま太郎になろう
うらしま次郎になろう
遠いむかしの ものがたり
いいえ 今の お話

うらしま太郎になろう
うらしま花子になろう
いのちを守る やさしい
心を未来に 伝えよう

by pororompa | 2008-08-24 22:39 | 歌が生まれる時 | Trackback | Comments(10)

semスキン用のアイコン01 小岩井 無添加野菜ジュース semスキン用のアイコン02

  

2008年 08月 23日

e0006692_22472920.jpg はまったかも。「小岩井 無添加野菜ジュース 緑黄色野菜」というやつ。これを飲み出して、カフェイン中毒状態だったのがめっきりコーヒーを飲まなくなった。

 味が、何というか「微妙」な味である。微妙というのは、否定的な意味ではなくて、甘からず辛からず、トマトジュースがベースだがもう少し甘みがある、でも果物ジュースの甘さじゃない、これまで飲んだことがないような味。だから最初、すごく違和感があった。色からして濃い茶色である。どろっとしている。ところが慣れるとこれがくせになる。

 「香料・食塩・保存料・砂糖不使用」だそうである。「31種の野菜100%」「野菜汁100%」などと書いてある。姉妹品で果汁入りの甘いのもあって、そちらもそこそこにうまいが、普通に甘いので飽きてしまう。ところがこいつの味は独特だ。健康のために飲んでるのではなく、おいしいから飲んでいるのだが、これで健康のためになるなら言うこと無いね。いや、せめて無害なら、それだけでいい。安心して飲める。値段も安いし、いいものが見つかった。突然飽きるかも知れないけどね。

by pororompa | 2008-08-23 23:08 | 日常雑事 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 歌が生まれない時 semスキン用のアイコン02

  

2008年 08月 14日

 今年は3年ぶりに低学年を受け持ったので、運動会のダンス曲に挑戦したんだが、いやあ…、悪戦苦闘。なかなかうまくいかん。3年のブランクは長かったかな。いや、作っていたことは作っていたんだけど、あの、頭の中が半分幼児化したような、「これでいいのだー」の世界に浸りきっていなかった…。

 危ないので、同僚の若い教師には、「他の曲も当たっといて」と言ってある。夏休みと言っても、時間はありそうであんまりない。今度の週末にある教育集会の事務局長もしているので、その準備もある。オリンピックもちらちら観てる。暑さでのびている日もあるし、体力も気力も昔ほどない。今度の21日までに目途が立たなかったらアウトということにしているので、ちょっともう厳しくなったかな。

 いいとこまでは、いったのよ。ウミガメが文句を言うスローなレゲェ。「浦島太郎になろう」っていう。もう一つは、「いばるなニンゲン」のダンス版。でも、なかなか満足できるレベルにまでいかん。つまらん曲ならできるんだけど、歌わされ、踊らされる子どもたちがかわいそうだもんね。

 でもまあ、いいや。今回ダメでも、ずいぶん勘が戻ってきた。次の何かにはなるだろう。集会の印刷物もできたし、今夜は庭で焼肉してビールじゃ。

by pororompa | 2008-08-14 18:13 | 歌が生まれる時 | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 「反町ジャパン」の結果に学べ semスキン用のアイコン02

  

2008年 08月 12日

e0006692_20271818.jpg 北京オリンピック男子サッカー日本代表が、残り1試合を残して早くも予選敗退が決定した。この無様な敗北は全く驚きでも何でもなく、むしろ予想された真っ当な結果である。

 と言っても、これは、「日本サッカーがまだまだ弱いから」というのとはちょっと違う。日本サッカーがまだ弱いのは事実だが、五輪の舞台でここまでひどい結果はこれまでなかったし、決勝トーナメントに進出したことだってあった。では、単に「オーバー・エイジ」を使わなかったことが敗因かというと、そんな単純な問題でもない。もっと根本的なものである。

 まず、何より安心していいのは、今回のメンバーは「日本代表」でさえない。「日本代表」と言うなら、日本で最も優れたサッカー選手達で構成された、「最強のチーム」であるべきだが、今回のメンバーは、凡庸な監督が趣味的に選んだ「選抜チーム」に過ぎない。一人一人の選抜にも疑問が残るし、全体のバランスも悪すぎる。このメンバーを見て、今までの試行錯誤は何だったのかと呆れ果てたサッカー・ファンは多かっただろう。その上「オーバー・エイジ」さえ入っていないのだから、「メッシだ、ロナウジーニョだ」と言っているようなチームと、まずまともに戦えるはずがないのだ。

 結局、今回の敗因を一言で言えば、それは「監督」だと思う。そしてそのような監督を選び、放置していた「サッカー協会」ということにもなる。

 そしてさらに重要なのは、今回の結果が、2年後のW杯を暗示している点だ。W杯を戦える監督は今の日本には残念ながら見当たらない。まして、さしたる実績もなく、哲学も品性も感じられない現監督では、結果が自ずと見えている。今回の惨めな敗北がプラスになるとしたら、そのことにサッカー協会が気づくこと、それしかないだろう。

by pororompa | 2008-08-12 00:30 | TVサッカー観戦記 | Trackback | Comments(4)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 184】 KENNY BURRELL / 'ROUND MIDNIGHT semスキン用のアイコン02

  

2008年 08月 06日

e0006692_2058555.jpg 歌はできなかったが、少し構想が進んだし、近場の渓谷に行ったり、CD棚を取り寄せて部屋に配置したりと、それなりに充実感はあった休日だった。

 渓谷は、一つはえびののクルソン峡という変な名前の谷で、もう熊本県に近い所である。道が酷くて難儀したが、水がすごく透き通っていて、久しぶりにこういう所もいいなあという気分になり、満足感が味わえた。もう一つは、昔行ったことのある法華岳の古いキャンプ場跡である。「マムシに注意」なんて看板のある山道を、記憶を頼りに歩いてやっとたどり着いた。空も曇ってきたし、人気もなく心細かったので早めに帰ったが、ここもそれなりに楽しかった。

 子どもが大きくなってとんと行かなくなったが、ぼくは元々こういう所でキャンプとかするのが好きだったことを思い出した。最近は外遊びが少ないので、気晴らしのためにもこういう趣味をまた始める必要があるなあと思ったりする。

 そんな涼しげな清流から、「下界」に降りてくると、暑さが尋常ではない。今夜は試しにクーラーを切って、網戸を大きく開けてみたが、裸になって扇風機をかけて、ようやく何とか耐えられるかなというぐらいの暑さである。

 そんな夜に、この盤が合う。格別な聴き所もない、駄盤とさえ思っていたこのアルバムも、出番はあった。騒がしくはないから近所にもそれほど迷惑にはならない。アドリブもスムーズだから、暑苦しくもない。

 いや、駄盤は言い過ぎだった。いつものケニー・バレルだし、曲もいい。一つの統一した雰囲気を持っている。唯一ピアノがエレクトリックなのはいただけないが、聴き込むほどに気にならなくなってきた。思ったよりよい盤である。
e0006692_21363477.gif

by pororompa | 2008-08-06 21:32 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 183】 JAMES TAYLOR / GORILLA semスキン用のアイコン02

  

2008年 08月 03日

e0006692_14245582.jpg いつの間にか8月である。ちょっと長めの休暇を取った。金もないしどこかに行きたいというわけでもない。暑さに耐えてうだうだと過ごさねばならないのは見えているのだが、歌でも一つぐらいできたらマルである。

 CDはまとめて10枚ばかり買い込んだ。その中に、水害3周年記念というわけでもないが、「水害でなくしたLPのCD買い戻し特集」と自分の頭の中で銘打って買い込んだものが何枚かある。水浸しになった一番下の棚には、70年代のフォークやロックが多かった。今回買ったのは、グレアム・ナッシュの「ワイルド・テイルズ」、「クロスビー&ナッシュ」のファースト、ニール・ヤングの「アメリカン・スターズン・バーズ」、そしてJTのこれだ。

 通販サイトに「通常~日以内に発送します」などと書いてあるので、ずれて届くのかと思っていたが、一度に届いてしまった。今回はHMVが6枚、AMAZONが3枚、ヤフオクが1枚だったが、AMAZONがなぜか試聴ができなくなったので、AMAZONばかり儲けさせなくてもいいやと思ってHMV中心にした。ほんとは外資系でないどっか侘びしい店でも儲けさせてやりたい気持ちはある。スピッツの新譜などは近くのCD店で買うようにしているが、そういう売れ線はあまり買わないので、自然に数をそろえている所になる。AMAZONも好きではないが、それまで使っていたCD-NOWという外国のサイトがAMAZONに買収されて仕方なく利用したのが始まりだった。多少は時間がかかっても、聴きたいものが手に入るのはうれしい。この田舎町に住んで人があまり聴かないものを聴こうとすれば、どうしても注文買いになるだろう。

 考えてみたら、店にないので注文で取り寄せというのは、高校時代に故郷の田舎町で買っていた頃からそうである。店頭ですぱっと買えたものばかりではない。そうやって取り寄せて大事に聴いていた盤は、今と違って隅々まで愛着があり覚えている。

 このアルバム「ゴリラ」を久しぶりに聴いてみると、若い頃より印象がよい。この人の最高傑作は「JT」だと今までずっと思ってきたが、意外にこの作品かも知れないと思った。このアルバムはとにかく明るい。その明るさが軽さにもなっているので、物足りなく聞こえたのかも知れないが、今聴くと曲が粒選りである。バンドの演奏も本人のギターもいいし、クロスビー&ナッシュがバック・コーラスをつけていたりして、70年代の雰囲気満載である。「メキシコ」でのマリンバ、「ゴリラ」でのウクレレやクラリネット、マンドリンなども彩りを添えている。そして当時の嫁さんだったカーリー・サイモンがバックで歌っていたりするし、そのカーリーとの子ども「サラ・マリア」ちゃんを歌った親馬鹿ソングなんてのまである。このラスト・ナンバーがまたいい。楽しくて完成度の高いアルバムだ。買い戻す価値のある1枚だった。
e0006692_1582858.gif 

by pororompa | 2008-08-03 15:08 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)