ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 182】 KENNY BURRELL / A NIGHT AT THE VANGUARD semスキン用のアイコン02

  

2008年 07月 27日

e0006692_2216519.jpg ケニー・バレルも大好きだ。ギター・トリオによるライブ盤。淡々と、静かに燃えていく。ろうそくの灯のように周りを、温かい、いい雰囲気にしてくれる。でも、触ると熱い。熱くスウィングしている。

 このジャケットのように部屋を暗くして聴いた。地球にはすまないが冷房も入れさせてもらおう。ビールはもう飲み干した。タバコはやめてもう25年経つが、時折吸いたくなる。こんな晩とかだ。ヒステリックなタバコ吸い叩きには加わりたくない。どこかから煙の臭いが流れてくる、「ちょい不健康」な空間は好きだ。

 「I'm a Fool to Want You」というバラードが流れ出す。これを聴く度に、日本の流行歌みたいな歌だと思う。実際こういう歌なかったっけ。題からしてそんな感じだ。直訳すれば「あなたが欲しいだけの馬鹿」。「わたしーはばかよー、あなたーを待つのー」、昔なら青江美奈とか歌っていそうだ。

 「恋は愚かというけれど」なんて邦題がすでに付いていて、ビリー・ホリデイなんぞがすでに歌っていたりするけれど、ケニー・バレルは歌謡曲っぽくしっとりとギターで歌ってくれる。そこがいい。

 ギター・トリオというフォーマットのせいか、ドラムが前に出てくる。誰だろうと見たら、ロイ・ヘインズだった。これはフォーマットというより、この人のスタイルか。でも、コンガとか使いたがるバレルのバックを、そんな雰囲気をドラムだけで出しながら、一人で持たせているのは、さすがと言う感じがする。

 一転してモンクの「Will You Need'nt」が鳴り出した。これが案外似合っている。アルバムのアクセントにもなっている。ヘインズもいっそう前に出て、インター・プレイが楽しいが、全体の雰囲気は壊さず上手に盛り上げる。

 客は終始静かだ。アメリカのライブはみんな客がはじけたり、聴いていなくて騒々しかったりするのかと思ったが、この時代に「ケニー・バレル・トリオ」を選んだ客は、静かに燃えたい客ばかりだったに違いない。

 久しぶりに聴いたけど、ケニー・バレルもいいな。試聴して、似た傾向の「Kenny Burrell / Round Midnight」を注文した。
e0006692_2331246.gif

by pororompa | 2008-07-27 22:54 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 181】 BOB MARLEY & THE WAILERS / EXODUS semスキン用のアイコン02

  

2008年 07月 21日

e0006692_23114523.jpg ジャズをかけながら成績の集計をしている内に、ふとボブ・マーリーを聴きたくなった。冷房を効かせていると外の暑さは忘れることができるが、その不自然で人工的な空間が、どこか落ち着かなく感じられることがある。外の自然に連動しているかのような暑い国のこの音楽が、すっと体に入ってきた。

 ぼくはボブ・マーリーをリアルタイムで体験したわけではない。この仕事に就いてからしばらく、ジャズが、いや音楽そのものが聴けない時期があった。何を聴いても面白くない。ジャズなどは無意味で味気ないフレーズの垂れ流しのように聞こえた。そんな頃にラジオで初めてボブ・マーリーを聴いた。その、どこか人懐っこいサウンドはぼくの耳に残り、ぼくはアイランドのベスト盤「レジェンド」を買い求めた。それを繰り返しぼくは聴いた。それからほとんどのアイランド盤を買い求めていった。30過ぎの頃である。

 このアルバム「EXODUS」は、その中で特に気に入ったアルバムというわけではない。タイトル曲があまり好きではなかったし、「BURNIN'」や「CATCH A FIRE」など、強烈なアルバムがあったのでそちらをよく聴いていた。

 今日聴き直してみると、これもなかなかに凄いアルバムである。1曲目からそちらの世界に強引に持っていってくれるし、名曲揃いだ。驚いたのは、半分の5曲が、ベスト盤「レジェンド」と重なっていることだ。だから一つはこのアルバムをあまり聴かなかったのかも知れない。もう十分聴いていたから。

 考えてみると、この人には駄盤が見当たらない。アイランドのどのアルバムも、ある程度のクオリティと聴き所を持っていた。この人が亡くなって後の「レゲェ」が、なんと寂しく見えたことか。いや、にぎやかではあるんだろうけれど、なんとも重みを失って軽薄なジャンルに成り下がったことか。レゲェのために、早すぎた死が惜しまれる。
e0006692_2338250.gif

by pororompa | 2008-07-21 23:38 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 見えない動機 semスキン用のアイコン02

  

2008年 07月 20日

 埼玉県で、ごく普通の中学生の女の子が父親を刺し殺すという事件があった。そんな大事件を起こすような動機が見当たらず、「驚きと疑問に包まれ」ているそうだ。前夜まで一緒にカレーを作ったりして過ごしたというし、確かに妙な事件ではある。

 この段階ではまだよく分からないが、これから捜査が進み、いろいろと解明されていくだろう。だから、これから書くことは今の時点での単なる推測に過ぎない。ただ、この事件を聞いた時、ぼくがまず一番に疑ったことがある。それは、猟奇的な小説や映画、残虐なゲームなどの影響があるのではないかということである。

 長崎の同級生殺しでも、ネットが主な原因と言われたが、加害者は「バトル・ロワイヤル」に深く影響されていた。大分で高校生が隣家の家族を殺した時も、後で加害者が「バイオ・ハザード」などを愛好していたということが分かってきた。

 もちろん、ほとんどの子どもたちは「バトル・ロワイヤル」を見たからと言って殺し合いはしないし、「バイオ・ハザード」をしているからと言って人を刺したりはしない。しかし、ごく一部に、そうでない子どもたちがいるのではないか。「この時期にもし、そういうものと出合わなかったら、そんな事件は起こさなかった」種類の子どもがいるのではないかと、ぼくは思うのだ。

 そういう目で見ると、今回の事件で、この女の子が、「お父さんが家族を殺す夢を見た」と言っていることが非常に気になる。夢は突飛な内容のものを見るものだとは言っても、どうだろう、普通の健康な女の子がそんな夢を見るだろうか。その直後、真夜中に起きて包丁を持ち出し、事件を起こしているのである。

 女の子は、そういうおどろおどろしいものに深層で深い興味を抱いていたのではないか。「殺し」への憧れ。陰惨なものへの興味。まだそんな情報は全然出てきていないけれど、ぼくにはどうもそんな風に思える。


【追記】
 その後、「猟奇殺人の漫画が犯行に影響か」等の報道が出始め、「やはり」の感を強くした。作品名まで指摘されており、この事件以外にも類似の事件が起こっているようだ。ぼくの職業上の経験から見ても、この年代は、予想以上に、はやりの文化に深く深く影響されているのだ。そしてまた、この種のグロテスクなものに興味を示す子どもは驚くほど多い。

by pororompa | 2008-07-20 22:51 | 本業方面 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 180】 JIM HALL / LIVE! semスキン用のアイコン02

  

2008年 07月 13日

e0006692_22594783.jpg この週末をこのアルバムで締めくくろう。待てよ、もう一本ビールでも飲むかな。どれ。

 本格的な夏がやって来た。一番暑い午後2時頃、庭の木に吊してある温度計を見ると、34度であった。暑いは暑いが、どうにも我慢できぬというほどでもない。一つは今年買った庭用の大きな日傘がずいぶん具合がいいからだ。

 それでもさすがに座っているだけでじわっと暑くなっている。ところが庭の雑草の中で、何という種類か知らないが前から気になっている種類の草が目に付いた。頑丈でしぶとそうな草なんだが、じわじわ広がっている。これを急に抜きたくなって、シャベルで庭を掘った。休んでいると耐え難いのに、働いていると耐えられるってことはないか。不思議に作業が楽しかった。

 ぼくは相当な怠け者に分類されるのではないかと自分でも思っているが、そんなぼくでも、土を掘ったりメダカの水を換えたりした日の方が、一日の精神的な満足度が高いことに中年になってから気が付いた。その間にも、教育関係集会のチラシを百何十枚も印刷したり、気になっていた散髪に言ったり、学級だよりを書いたり、庭で焼肉をしたりした。昨日も、大江健三郎を聴きに行ったり、教員仲間と飲んだりと、いろいろ充実感のあった週末だった。

 例の如くモコモコとした音色で、ジムのギターが鳴り出した。1曲目「エンジェル・アイズ」、ボサノバ的な8ビートの刻みに乗って疾走する。「ドララソラ」というフレーズを重ねながらソロを構築していくジム・ホール。ぼくの脳裏には、蝉の声と麻雀牌の音とが響き、夏の朝のアパートのたばこの煙が臭う。

 このアルバムもあれだ。何かの記憶と絡み合っているってやつだ。徹夜明けのアパートの部屋は、遠い学生時代、行きつけのジャズ喫茶の常連だった、「ガルさん」とみんなが呼んでいた男の部屋だった。ガルさんは、クラシック・ギターを弾く青年だったので、彼のコレクションはギターのアルバムが多かった。ぼくは多分徹夜麻雀に疲れ果ててごろりと横になったのだろう。もの凄い蝉時雨。目が覚めるとまだやっている馬鹿者共の麻雀。そしてこのジムのギターの音。

 ぼくはこのアルバムは持っていてそれなりに愛聴していたけれど、なぜかその時の光景がこの音とともに思い浮かぶ。そのガルさんも交通事故で命を落としたと風の噂で聞いた。

 2曲目は「ラウンド・ミッドナイト」、3曲目はパーカー・ナンバー、4曲目は「今宵の君は」で、最後が「アイ・ヒア・ア・ラプソディ」。いい曲ばかりのアルバムだ。面子は、ドン・トンプソンにテリー・クラーク。ぼくはこのトリオのライブを聴いたことがある。愛知文化講堂の広い会場は、どこかこの音楽には不似合いな感じがした。やはりこれは、暗くて狭い穴蔵みたいな所で聴くといい音楽ではないか。音源はベースのドン・トンプソンがテープ・レコーダーで私的に録音していたものだと言う。一般的ないい音というのとは違うかも知れないが、何か妙に生々しい音である。

 ぼくは夏はジャズを聴く季節ではないと思っている。でもこのアルバムなんかは夏向きと言えなくもないかなという気がした。気が付くと、ビールがぬるくなっている。寝るか。
e0006692_23451187.gif

by pororompa | 2008-07-13 23:45 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 卑怯とはこれだ semスキン用のアイコン02

  

2008年 07月 10日

 大分県教委の教員採用をめぐる不正問題に、深い怒りを持って注目している。最も教育者としての資質に欠けるカスどもが、「ナンバー2」だとか、「実力者」だとか言われて、我が物顔で教育界を牛耳っていた、その事実を直視しよう。

 「世の中はそんなものだ」「よくあることさ」などと言う言葉で容認する者もいる。そんな輩はすべて「予備軍」だ。同じ立場になったら、自分もうまいことして生きようと思っているし、それが当然だと思っている。そんな「予備軍」どもの頂点に彼らがいる。議員なんかも絡んで、こういう世界の「ジョーシキ」が形作られている。この仕事に就くものは、そんな愚劣で醜悪な「ジョーシキ」に取り込まれないようにし、自分なりの純な目で子どもの世界を見つめなければならない。

 それがどうだ。「他の人もやっている」「金で済むなら」…。いったいこの馬鹿者どもは、子どもに何を教えてたんだろう。卑怯という言葉を知らないのか。ことは、金を送ったとか送らないとか言うだけの問題じゃない。金もらわなかったらいいという問題じゃないんだよ。通知票の「行動の評価」で、この卑怯者どもも「公正・公平」の評価を書いただろう。これこそが「不公正・不公平」なんだよ。悪行であり、犯罪なの。

 不合格者の点数を水増ししたり、合格者の点数を減らしたり、あきれ果ててものが言えぬ。まじめに努力したものが泣き、うまいことした奴が笑ったわけだ。許せん。醜悪。悪質きわまりない。

 27年前、ぼくの採用試験の時、教育長だったかの挨拶で、「巷間、コネの存在が噂されていますが、本試験にはそのようなものは全く関係ありませんので、受験生は安心して受けてください」とわざわざ言ったのを思い出した。今思っても奇妙な挨拶だったが、それだけ、そういう噂はあったんだろうな。金もコネもその気もなく、大学自治会執行部で言いたいことバリバリ言いまくっていたぼくが、すんなり通って、しかも赴任先がいわゆる「中心校」だったことで、やっぱりそんなコネみたいなのはないんだと思い続けてきた。

 ところが今回の事件。やはりある所にはあったわけか。とにかく不正で入った教師は今すぐ辞職し、一から出直せ。恥ずかしさを知るなら。金を送った不適格管理職は当然懲戒免職。もらった奴はしばらく監獄に入るべし。

by pororompa | 2008-07-10 21:40 | 本業方面 | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 179】 CHARLES MINGUS / MINGUS AH UM semスキン用のアイコン02

  

2008年 07月 05日

e0006692_21463117.jpg 「子猫ちゃんとかにうつつを抜かしとんじゃねー、オラー!」とばかりに、このミンガス盤が吹っ飛ばしてしまった。いやあ…、これは…。ブラックコーヒーです、しかも極上。

 ミンガスはあんまり持ってない。嫌っていた訳じゃないけど、敬遠はしてたかな。CBSは嫌いなレーベルだ。CBSに移籍してよくなったミュージシャンてあんまり思い浮かばんなあ。ミンガスなんて一番CBSには似合わん感じがする。

 ここでは、代表曲をコンパクトにやらされている感じがするけど、そこはミンガス、軟弱な音楽はやってない。それが程よい聴きよさとなっているかも知れない。曲を見ると聴き慣れたのが何曲かある。昔ミンガス・ダイナスティの「チェア・イン・ザ・スカイ」を気に入った時に、「ブルース&ルーツ」買って満足して終わっていたけど、これを買わなくてはいけなかったんだ。

 それはそうと、とにかく今日は暑かった。いよいよ夏か。夏はジャズを聴くには辛いけど、昼から我慢できずにクーラーを入れて、粉からアイス・コーヒーを作った。生クリームがあったのを思い出して絞って入れ、ソフィー・ミルマンの2作目を聴いて、そのことを書こうとしてたんだった。ようやく部屋も冷えて、アイス・コーヒーもいい具合に苦みが出て、その後、買ったきり放って置いたこれを大きな音で鳴らしたんだった。

 そしたらこれだ。ハイ、あんたの勝ちー。ミンガスさん、恐れいりました。それにしても、ジョン・ハンディ、ブッカー・アービン、ピアノはホレス・パーランか、みんないいなあ。精神の奥にカツを入れてくれるような音楽だ。時々こういうのを聴かなくちゃいかんね。じゃないと老け込んでしまう。
e0006692_2291130.gif

by pororompa | 2008-07-05 22:12 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 178】 LISA EKDAHL / SINGS SALVADORE POE semスキン用のアイコン02

  

2008年 07月 05日

e0006692_16475197.jpg 出合いの順序というものはなかなか微妙にジンセイなんぞをケッテイしたりするものではないか。そこまで大げさでなくても、出合う順番が違うと後の展開が大きく違ってきたりする。

 このリサ・エクダールのボサノバ盤と、前回書いたジャズ盤が、アマゾンの安売りのタイミングの関係で入手順が逆になった経緯は前に書いたが、もしこっちから聴いていたら、ジャズ盤の方はもう買わなかった気がする。

 これは最初に「BACK TO EARTH」を聴いた時に感じたイライラが増幅されたようなアルバムだ。ボサノバはこの甘ったるい声にぴったりだと思ったが、あまりにもはまりすぎて面白みはない。と言うより、度が過ぎてイライラしてくる。改めて思ったのは、バックの渋めのピアノ・トリオがビシッと居て初めてこの声が聴くに堪えたのだ。濃いコーヒーの上に乗った生クリームのようなものだったのである。それに比べりゃあ、このアルバムはコーヒー牛乳だ。

 「SALVADORE POE」というのは、このアルバムの全曲を作編曲している人で、バックでギターも弾いている。この人と出会って、結婚して、そのノリで作った、言わば「オノロケ」アルバムで、ジャケットの裏にもその人物と思われるお方がニンマリと写っておられる。微笑ましさを通り越して、少々気色悪い作りだ。そして肝心の楽曲の方だが、可もなく不可もない、タラーっとしたボサノバで、この辺りももう一つ魅力を欠く原因かな。
e0006692_17233592.gif

by pororompa | 2008-07-05 17:23 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)