ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2007年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 151】 JUNIOR MANCE TRIO / JUNIOR semスキン用のアイコン02

  

2007年 12月 29日

e0006692_21285825.jpg 横浜にいる子どもたち2人が帰ってきたところに、兄貴の子も来て、ずっと2人だった生活がいきなり5人になった。にぎやかな年末である。今日は、気になっていた玄関前の枯れた朝顔の棚もようやく片付けて、ちょっとばかりすっきりしたが、まだ年賀状が残っている。こいつが終わらないと正月が来ない。いや、正月には同窓会もあるので、それが終わらないとどうも落ち着かない。同窓会のBGMでも作ろうかと思って「青春歌年鑑」を引っ張り出したが、ちょっと耐え難かったので、口直しにピアノ・トリオでも聴くことにした。

 ということで少し前に買ったジュニア・マンス。最初聴いた時は、ちょっとおとなしめのオスカー・ピーターソンみたいな感じがした。そう言えばオスカー・ピーターソンが亡くなったらしい。本人の作品じゃないので追悼にもならないが、ライナーを見るとずいぶんこのジュニア・マンスを誉めていたようだからあながち無関係でもなかろう。ようやくパソコンの席が空いて、年賀状の構想でも練りながらこれを聴く。

 このアルバムは後半が好きだ。LPならB面だろう。アート・ファーマーの「モダン・アート」の中でぼくの一番好きな「ジュビレーション」が流れてきた。驚いたというか見直したのは、この人の作曲だったことだ。へえ、曲も書く人なんだ。最後の2曲も本人の作である。その間に挟まれたスタンダードの「バークス・ワークス」もいい。小粋という感じの、嫌みのないよくスウィングするピアノである。

 ただこのアルバム、主役のマンスには気の毒だが、何度も聴くとベースが凄い。このベースでもっているアルバムだということがだんだん分かってくる。調べてみたら、名手レイ・ブラウンの代表作でもあった。若い頃から座右の書にしている粟村政昭氏の「ジャズ・レコード・ブック」のレイ・ブラウンの項にも、「ベースの音がみごとに捉えられているジュニア・マンス・トリオの『Junior』をまず推薦盤の一枚に挙げておく」とある。

 このレイ・ブラウンという人は、ベースという楽器の本質はソロではなく、しっかりとビートを作り出すことにあるという信念の持ち主であり、音もいつだって気持ちよいボムボムという太い音だ。この人の音に気を付けながら、ピーターソン・トリオを聴き直してみるかな、正月は。ジュニア・マンスを聴きながらそんなことを思った。
e0006692_2243197.gif

by pororompa | 2007-12-29 22:04 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 150】 LEE MORGAN / LEE MORGAN VOL.3 semスキン用のアイコン02

  

2007年 12月 22日

e0006692_2393314.jpg 名盤である。「アイ・リメンバー・クリフォード」が聴きたくて、さっき買ってきたのだが、若い頃聴いておくべき盤だと思った。だが、まだこんなのが残っていたのかという楽しさもある。

 全曲ベニー・ゴルソンの作編曲で、リー・モーガンという若い素材を手に入れて張り切るゴルソンの、裏リーダー作という感じだ。もちろん主役となっているリー・モーガンも抜群にうまい。陰りのある音色がいいし、フレーズはよく歌い、淀みなく流れる。二十歳前の録音ということだが、「クリフォード・ブラウンの再来」と騒がれたのもうなずける。しかしアルバムはやっぱりゴルソンの色だ。ゴルソン色で染め抜かれている。

 なぜこのアルバムに出合うのが遅かったのか考えてみた。まずは「サイドワインダー」の軽薄なイメージが強すぎた。そしてトランペットという楽器も、それほど好きではないし、ブルーノートというレーベルも、人が騒ぐほどには愛着を感じていない。「VOL.3」というタイトルも駄盤っぽい。そしてこのモーガンという人、若い頃に愛人に撃ち殺されているから、リアルタイムで出合うチャンスもなかった。

 それにしてもどの曲もいい曲ばかりだ。ゴルソンはアドリブ・フレーズは冴えないが、曲は本当に冴えている。こんなフレームに、ミルトやこのリー・モーガンのような役者が嵌ると、実に映える。

 あ、それから書き忘れたが、ウィントン・ケリーのピアノがいい味出してる。
e0006692_13385039.gif

by pororompa | 2007-12-22 23:51 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 149】 CHARLES MINGUS / BLUES & ROOTS semスキン用のアイコン02

  

2007年 12月 16日

e0006692_0463767.jpg 苦い。苦くて濃い。そして旨い。上質のブラック・コーヒーのようだ。これを聴くと自分の中のある部分が共鳴する。それは小さな子どもを相手にするという職業柄、あまり表には出てこなかった部分。むしろ若い頃には露わになっていた部分が刺激される。若い頃の知り合いがぼくが小学校の教員をしているのを知ると、誰も意外そうな顔をしたものだ。ぼくは太陽の下で子どもたちと戯れているより、地下室でコーヒーの香りとジャズの響きに包まれている方を確実に好んだ。

 そうは言っても今の仕事に無理して順応しようとしてきたのではなくて、無理なく溶け込める部分も自分の中にはあったのだろう。誰でもそんな多重人格的な要素を持ってるのではないか。そうして人生の中で自分に回ってきた役割に合わせて、ある部分だけがデフォルメされ、状況に適応しながら日々を生きていく。それに合わない資質は、発芽しない種子のように自分の中に隠れている。そして何かの拍子に顔を出す。

 ミンガスという人をあまり聴いて来たわけではないが、ミンガス・ダイナスティを聴いて興味が湧き、このアルバムを買ったように記憶する。そしてこのアルバムの印象もまたよかった。「ワークショップ方式」というスタイルで進めたというが、この音楽を聴けばすぐ理解できる。ただテーマをやって順番にソロを取るというのでなしに、緊張を孕んで、一斉に攻め込んでいくような音楽だ。譜面に冷静に書いたアンサンブルでなく、口伝えで教え、合わせながら作り上げていったような音楽だ。ソロの裏で各楽器が煽り、かけ声まで飛び交って渦を巻くように盛り上がっていく。

 恐らくここに参加したソロイスト達は、自分のアルバムよりもいいプレイをしているのではないか。強烈なリーダーの気迫に応えて、あるいは渦のようなアンサンブルの中で、それぞれのメンバーのよい部分がソロに引き出されているのではないか。それでも音楽は聴き手を拒絶せず、メロディは温かさを失わない。よく歌い、人懐っこい。聴いた後に深い満足感がある。

 だがぼくはこの後次々にミンガスを聴くという風には進まなかった。その重いブルース一色には染まらなかった。それだからこの仕事をやれているのではないかという気もする。

 考えてみると、ぼくは、昔はコーヒーはブラックで飲まなかった。砂糖少々、ミルク無し、「君は『有り無し』ね」と、行きつけのジャズ喫茶のマスターは、そう確かめながらコーヒーを出してくれていたものだ。
e0006692_124026.gif

by pororompa | 2007-12-16 01:24 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 148】 CROSBY, STILLS, NASH & YOUNG / DEJA VU semスキン用のアイコン02

  

2007年 12月 10日

e0006692_21453658.jpg 今日で51才になった。いくつになっても誕生日は特別な日だ。職場で参観日を終えて、ふと携帯電話を見ると、横浜にいる息子と娘からお祝いのメールが入っている。二人がいたころなら焼肉でも食いに行くところだが、今日はレッズのクラブWCもあるので帰ることにする。

 帰り着いて選んだのはこれだ。このアルバムには書ききれないほどの思い出が詰まっている。十代の愛聴盤から何か一つを選べということになるとまずこれだろう。馬鹿でかい音で1曲目の「キャリー・オン」を鳴らす。五十過ぎてこのロックを楽しめるのがうれしい。多少体力は落ちたが、この音楽を味わうには問題ない。精神的な老いを自覚できないことは幸せなことだ。

 2曲目の「ティーチ・ユア・チルドレン」が始まる。この「ティーチ」というところのハーモニーを聴いてぞくっとした感覚が甦る。それを共感させたくて友人に何度も聴かせたものだ。そして4曲目の「ヘルプレス」。延岡のレコード屋で聴き惚れて汽車に乗り遅れそうになったのは何の時だったろうか。"Blue blue windows behind the stars,Yellow moon on the rise..."

 高校生の頃、このアルバムが欲しくても金がなかった。そんなぼくを見て、兄貴と同い年のいとこのIさんは、「期末試験で全校10番に入れば買ってやろう」と言ったのだった。ありがとう、Iさん。あの時ほど真剣に期末試験に向かったことはない。そのLPも今は水害でない。あの手触りを思い出しながらCDで聴いている。

 そうしている内に、LPだったらB面の「デジャ・ヴ」が始まっている。大人の世界に連れて行ってくれるようなクロスビーの渋い歌。逆に子どもの部分を甦らせてくれるようなナッシュの歌、「僕達の家」。その二人が組んだ「クロスビー&ナッシュ」も失ったままだ。確かこのアルバムとそれを持って友人のM君の家に行った時、ニールの「ハーヴェスト」を聴かせてもらったのだったか・・・。このアルバムには思い出が多すぎて語りきれない。
e0006692_22202264.gif

by pororompa | 2007-12-10 22:36 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 147】 NEIL YOUNG / ON THE BEACH semスキン用のアイコン02

  

2007年 12月 07日

e0006692_19332687.jpg 同窓会の往復葉書が続々返って来ている。中学校の同窓会の幹事というものに初めてなったためであるが、正直言うとこういうものはどうも苦手だ。第一、ゆっくり飲めん。まあしかし、これも一種の当番みたいなもんだ。いつも誰かにお世話になっていたわけだし。

 そんな葉書の中に交じって、こんなCDが届いた。冬場に「オン・ザ・ビーチ」もないが、ヤフオクのアラートが教えてくれたので、安くで落としたのだ。

 中高時代に住んでいた村は、すぐ近くに大きな砂浜があった。夏の海水浴シーズンに、水泳の得意な友達が監視員のアルバイトをしていた。浜辺のBGMまで監視の仕事だったのか、その監視塔からこのニール・ヤングの「オン・ザ・ビーチ」を流したことがある。広い砂浜にニールの歌が鳴り響いた。「オン・ザ・ビーチ」を文字通り「オン・ザ・ビーチ」で聴いたわけだ。このアルバムのジャケットを見るとまずそれを思い出す。何年経っても妙に鮮明に記憶に残っている。

 だがこのアルバムは、中身を聴くと夏の海辺の明るさはそれほどない。それだからいいとも言えるアルバムだ。売れた「ハーヴェスト」の後で、売れ線を拒否するニールとレコード会社との間でいろいろあったらしいが、近年になるまで本人からCD化の許可が出なかったところをみると不本意な作品なのだろう。中途半端と言ってもいい。だが決して駄作ではない。個人的な思い出も入ってるのかもしれないが、ぼくは気に入っている。

 その頃の友達の一人から同窓会の返事が来た。「お疲れさまです。酒が飲めない体になってしまいましたが、楽しみにしています。」とある。「酒が飲めない体」というのが気になるが、年齢を考えると、いろいろあってもおかしくないのだろう。本当は若い頃のように、夜の浜辺でたき火でもして飲めたら最高なんだがと、できそうもないことを考える。その時にも「オン・ザ・ビーチ」が鳴っていたりと、映画の場面のように、ぼんやりと夢想したりした。
e0006692_21263776.gif

by pororompa | 2007-12-07 21:26 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 浦和の失速 semスキン用のアイコン02

  

2007年 12月 02日

e0006692_13203522.jpg 鹿島の逆転優勝には本当に驚いた。もう冗談としか思えない。もちろん鹿島の負け無し9連勝は凄いけど、「どうしちゃったの?レッズ」という気持ちの方が強い。あれだけ「ぶっちぎり」の状態から逃げ切れなかったのだから、チーム状態は深刻だ。

 でも、冷静に思い直してみると、ACLを戦った頃から、浦和の選手はもう一杯だったような気がする。人間の体だもの。「気持ち」だけでは限界があるよな。阿部なんか腰痛で動けないような状態でPK蹴って、それで数日後の試合にもまた出てたり。後の方では「怪我人軍団」という感じで、見た目にも苦しそうだった。最後には、割と元気そうだったポンテまでやられてしまっては、もうどうしようもない。

 勝っている時からも思っていたのは、このオジェックという人になってからレッズのサッカーが面白くない。それだけじゃなく、選手の心理操作や使い回しがうまくない感じがする。それにメンバーを固定し過ぎて、選手を酷使しすぎたんじゃないだろうか。

 アントラーズの監督は体調管理が仕事のトレーナー出身と言っていたけど、結果から考えるとなんだか象徴的だ。もちろん鹿島は今季は代表も少ないし、ACLにも出なかったから単純には言えないけど、「選手の体調」っていうのは重要な要素だということは言える。

 今のレッズでは世界クラブ選手権を戦える状態ではない。勝ち負けどころか、大恥をかいてしまうのではないかと心配だ。

 それにしても鹿島優勝の陰の立役者横浜FC、弱くなかった。キング・カズ、40才!、恐るべし。

by pororompa | 2007-12-02 13:51 | TVサッカー観戦記 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 146】 MINGUS DYNASTY / CHAIR IN THE SKY semスキン用のアイコン02

  

2007年 12月 02日

e0006692_23381137.jpg 相当に辛口な音楽なのに、甘く優しい響きがする。LPのせいか。ミンガス死後、ミンガスゆかりのミュージシャンが集まった「ミンガス・ダイナスティ」。

 ずいぶん昔のLPでも、初めて聴いた時の「よかった」という印象は残っている。その記憶は裏切られることはない。

 アンサンブルがよく、ソロもよい。ジョン・ハンディとか、ジョー・ファレルとか、一人一人はあんまりよく知らない人だが、どの人のソロもよく聴こえる。

 今ネットで検索しても、あんまりヒットしない。主のいないバンドなんて魅力薄か。この作品も歴史の波間に消えてしまったのか。

 思えば、本家ミンガスもこれまであんまり聴いていないのだった。それでもこれを聴いた後、「マイ・ジェリーロール・ソウル」が気に入って「ブルース&ルーツ」を買ったっけ。そのアルバムも、この「ミンガス・ダイナスティ」に負けないほど気に入ったものだ。

 ベースがチャーリー・ヘイデン。こんな所に顔を出しているのもさすがと言うべきか。ミンガスの役だから凡手には務まらない。ここでも重いベースの響きでジャズの深みに誘う。「マイ・ジェリーロール・ソウル」ではスラッピングがユーモラスで強烈だ。

 蛍光灯を消してジャズを聴く部屋に変わる。天井の蛍光灯を外してしまおうかと真剣に思う。今日最後の音楽だ。苦情が来ない程度に大きめの音で鳴らす。
e0006692_0115978.gif

by pororompa | 2007-12-02 00:00 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 岡田氏では日本サッカーは停滞する semスキン用のアイコン02

  

2007年 12月 01日

 日本代表監督に岡田氏?南アフリカまで任せる?冗談でしょう。日本サッカー、オワッタ。はっきり言って。

 この岡田という人の人生を表すキーワードは「転がり込み」。思えば、日本代表を率いた日本人監督の中で唯一まともだったのが加茂監督。ところが出場経験のなかった日本、予選でちょっとつまづいただけでマスコミが「絶望」だとかいって騒いだ。そのあおりを食らって焦った協会が、外国の真似して監督解任。たまたまその時にコーチを務めていた、この岡田という実績なしの人物に転がり込んだのだ。そのまま戦って予選を突破しただけなのに、功績が全部この人のものになった。

 ところがこの人、代行監督に過ぎないことを悟って謙虚に戦っておけばよかったものを、本人もその気になってしまった。挙げ句の果てが、ちょっと調子を落としていたカズを落とすという馬鹿なことをやってしまった。カズはその予選初戦のウズベキスタン戦で4点入れていたのに!韓国の選手に尻を蹴られたのが原因で調子を落としていたが、絶対に入れておかねばならない選手だった。

 戦術はと言うと、古風なだけではなく臆病な守備偏重型。「内容ではなく結果」とことあるごとに口にしていた。で、その「結果」はどうだったか?3戦全敗。初めてだからしょうがない?相手が強い?ジャマイカ相手にあれではね。あまりの酷さに途中で寝てしまったことを思い出す。力がないくせに大きく見せたい人特有の、自信のなさからくる不安感とその裏返しとしての虚勢みたいなものを強く感じさせる。つまらない管理職によく見かけるようなタイプだ。そもそも 「内容より結果」などという監督はよくない。そんなことばかり言う監督にはろくなのはいない。サッカー哲学といえるほどのものを持っていないってことだ。

 その後マリノスを優勝させたとかいうことになっているが、マリノスは元々強かった。ある程度基盤ができていた。弱小チームを一気に強豪にしたベンゲルやオシムとは訳が違う。それだったら、オフトが育てたジュビロを引き継いで黄金時代を保っていた桑原さんなんかの方が上だ。コンサドーレを昇格させたとか言うけど、所詮はJ2。そういう人はいっぱいいる。こうやって見るとこの岡田氏、Jリーグでの経験でようやく監督になったというような人物だ。代表を率いるほどの人ではない。

 その人にまたまた大仕事が「転がり込んだ」。今度は監督の急病。よくよく大役の転がり込む人だ。しかしいくら急なことでも、協会はもっと考えて人選してもよかったのではないか。

 まあ試合が始まればぼくも代表を応援するけど、「ここは負け続けて早めに交代になった方がいい」というクールな気持ちは抜けないと思う。長期的に見たら、はっきり言ってその方がいい。でないと日本サッカーは大きく停滞する。「意識が回復したオシム氏が一番失望するのは、監督が岡田であることだろう」と誰かがネットで書いていたが、まさにその通りだろう。

by pororompa | 2007-12-01 11:59 | TVサッカー観戦記 | Trackback | Comments(0)