ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 137】 DEXTER GORDON / OUR MAN IN PARIS semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 28日

e0006692_14344787.jpg 野球嫌いのぼくだが、話題の松坂はどうなったかなと思って、朝テレビをつけた。でも1回の裏で消してしまった。まどろっこしくて見ておれない。

 だが、インターネットもやめとこう。この所休みがこればっかりで、半ば依存症だ。コーヒーでも淹れて、昨日図書館で借りた本を読みながらジャズでも聴こう。ここ数ヶ月は市立図書館から借り続けていたが、久しぶりの県立図書館に、それも自転車で行ってみた。図書館が近くにあるということは恵まれている。コーヒーもそのついでに買ってきたものだ。元々「違いが分からない男」だったんだが、何気なく寄った近所のコーヒー豆屋で買った豆で淹れたら、それが癖になってしまって、最近は毎週その高い豆を買っている。下手に違いが分かったりすると不幸なのかもしれん。

 借りてきた本は5冊、今国語で教えている宮沢賢治の軽い研究書に、米兵達がマイケル・ムーアに送った手紙集、そして打ち込み関係のアレンジ解説書。それから、イタリア人記者が書いた「セリエAに挑戦した日本人達」のレポート。これはなかなかシビアで面白くて夜中まで読んでしまった。あと一冊は、ジャズ評論家小川隆夫氏が、いろんなジャズメンに、いわゆる「名盤」を聴かせて感想を聞くインタビュー集。これがまたどこからでも読めてなかなか興味深い。これを読みながらデクスターの「アワ・マン・イン・パリス」を聴くことにする。

 さて、デクスター・ゴードン。これも昨日、立ち寄ったタワレコで「2割引」に負けて買った一枚だ。これと、前回書いたペッパーと、エバンスの「モントルー3」、3枚で3000円以下だった。

 しかし安さに釣られるのも考えものだな。この夏がそうだ。いろいろ買った割にはあんまり聴きたいものがない。CDの棚が窮屈になっただけという気もする。そう思いながらも、出かける前には頭になかったような盤を、安さに釣られて買ってしまっている。とは言え、これはある程度定評のある盤ではある。「GO!」がよかったのでいずれは手にする盤だった。もっとも、定評があれば気に入るというものでもない。

 1曲目、パーカー・ナンバー。んん・・・何か違うなあ・・・。2曲目の「ウィロー・ウィープ・フォー・ミー」。やっぱ、買うほどもなかったなあ、などと思いながら、コーヒーを淹れ終わり、どっかと腰を落ち着けて、音量もたっぷりに聴く。

 うん?・・・。何かいいね。ジャズの音だよね。真っ正直というか、飾り気のないような図太い音が、急にすっと入り込んできた。見ると、「RVGエディション」とある。関係あるのかなあ。ぼろスピーカーが、ちゃんとジャズのサックスやベースの音を出している。4曲目のバラード、「ステアウェイ・ツー・ザ・スターズ」。いい。やはりこれは名盤か。5曲目の8分間にわたる「チュニジアの夜」はさすがにしんどかろうと思えば、これがまたいいのだ。

 ここまで来てピアノを見たら、バド・パウエル。そうか、パウエルか。抜け殻と化していたと言われる晩年のパウエルだが、どうしてどうして、黙って脇役には収まっていない。ラスト曲では、主役抜きでトリオ演奏まで始めた。これがまた素晴らしい。乾いた、ほんの少しひんやりした空気、苦いコーヒー、いい本、ジャズの音。ズブズブと、あちら側の世界へ引きずり込む。日常に埋もれて忘れている、ジャズ好きなら分かるあの世界に。

 気持ちよい余韻を感じながらうたた寝をしてしまっていた。そう言えば野球はと思って調べると、何と4時間をとうに過ぎても決着がついていなかった。なんちゅうスポーツじゃ。腹一杯楽の音を堪能して幸せ、時間の無駄遣いをせんでよかったと思った日曜日だった。

 それにしても、普段オーディオには興味が薄いぼくだが、もう少しいい音で聴いたら惚れ直す盤もあるかもという気持ちが頭をかすめる。「違いが分からない男」の方が幸せなのか、それとも違いを知る世界に深くはまっていこうか、コーヒーをお代わりしながら思うのだった。
e0006692_16353047.gif

by pororompa | 2007-10-28 16:35 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 136】 ART PEPPER & GEORGE CABLES / GOIN' HOME semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 27日

e0006692_0492989.jpg タワー・レコードで800円だった。「1000円」という派手な帯がついていて、「2割引」のシールが貼られている。以前新星堂に注文しようとして売り切れだった盤で、AMAZONの買い物籠に入れておいたものと同じである。200円でも得した気持ちで買って帰った。中を開けてみると、1000円にしては豪華な感じがする。厚い解説が付いているし、装丁が丁寧だ。その中にシリーズの宣伝が印刷してあるのを見ると、どうも2300円で出されたもののようだ。売れ残ったので1000円の帯を付けて売り直したに違いない。それにしても半額以下である。「いったい値段て何なのだろうな」という、妙な気持ちが残る。

 そのライナーをじっくり読んだ。硬派のジャズ評論家悠雅彦氏の丁寧な解説と曲紹介に、アートの奥さんのローリーの一文、そして「セッション・ノート」と題するプロデューサ自身の詳細な解説の和訳まで付けてある。800円では気の毒な盤だ。

 ライター達の書くべきことはいっぱいあったのだろう。なぜならこれを最後にペッパーは亡くなったからだ。遺作なのである。中身は立派である。死のひと月前とは思えない演奏だが、死ぬ間際まで立派な演奏を残しているジャズメンは意外に多い。

 ペッパーの場合、復帰直後より、しばらくしてからの方が演奏が良くなったように思う。復帰した頃はどこか力が入りすぎているような気がした。復帰してからの作品で一番好きなのは、ストリングスの入った「ウィンター・ムーン」だが、あの中で印象的だったクラリネットが、この中でまた何曲か聴ける。これが素晴らしい。独特の節回しが、陰りのある音色とともに何とも言えない味を出している。あと5年10年と生き延びていたら、クラリネットで新境地を開いていたのにと思う。

 このアルバムが出た頃にも思ったのだが、ピアノが今一つだ。ピラピラと手数が多すぎるし、音色も軽くて風格に欠ける。そこが残念だ。
e0006692_1391837.gif

by pororompa | 2007-10-27 23:59 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 135】 MICHEL PETRUCCIANI / TRIO IN TOKYO semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 21日

e0006692_14482997.jpg 久しぶりに病気で年休をとった。なんか体がおかしいと思ったら、一種の軽い喘息のようだ。何年か前、帰り道で息が苦しくなり、過去体験したことがないような感じなので、病院に行ったら、喘息と言われて驚いたことがある。あれに似ている。休んだらなんとか調子が戻ってきたが、今度は目がおかしい。まあ、人間五十にもなるとちっとは故障もしてくるだろうと思うので、あんまり苦にはしない。こういう性分だから喘息も起こりにくいのだと妻は言う。今回も特に悩んでいたわけでもないので、急激に変わった季節のせいだろう。

 そうだ、秋になったんだ。秋ならジャズのはずだ、ぼくの場合。ところが今年は夏が長引いて、そんな気分にならない内にいきなり秋が来た。もう10月が半分以上過ぎてしまっている。先週はスピッツの新作ばかり聴いていたが、そろそろジャズでもという気になる。体力十分の爽やかな日曜日の朝、書きかけの指導案を前に、元気めのジャズを何枚かかける。

 こんなのがあったっけ。ずいぶん前にタワー・レコードで試聴して買ったものだ。音はいい。前半はちとうるさい。ジャズ・ピアノ・トリオなのに8ビートものもやっていると思ったら、そうそう、ドラムがスティーブ・ガッドだった。でも4ビートでもそれほど違和感がない。ベースがアンソニー・ジャクソン? これも電気の方の人だよな。でも聴いていてすごく自然な感じがする。特にウッドの音を真似しているというのではないんだけど、しばらくは気がつかないでかけていた。普通のエレクトリック・ベースの音とも違った、独特の軽めの音がボンボンと鳴る。それが出しゃばることもなくピアノとドラムにいい感じで溶け込んでいく。二人とも、音楽をよく理解しているという感じで、芸域の広さを感じる。

 後半からよくなる。特に5曲目がかなりよい。主役のペトルチアーニは身体障害者で、数年前その病気が元で惜しくも亡くなっている。知らない人が外見だけ見たら、とてもジャズ・ピアノなど弾きそうには見えないだろうが、CDで聴いている限りでは障害は全く感じさせない。障害者に偏見を持っている人などに、写真を見せた後演奏を聴かせたら、そういった偏見も少しは減るだろうと思ったりした。ペダルなどはどうしていたのかと思ったら、特殊な装置を使っていたそうだ。彼のフレーズは好きな時と嫌いな時があるけど、現代のトップ・ジャズ・ピアニストの一人だったことは疑いない。早逝が惜しまれる。

 久しぶりに大きな音でジャズを浴びた真昼だった。 
e0006692_15305934.gif

by pororompa | 2007-10-21 15:31 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 134】 スピッツ / さざなみCD semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 13日

e0006692_21132819.jpg 話題のスピッツの新作である。「スーベニア」から2年以上経ったというが、そんな気はしない。思えばその時は確かに子どもたち二人はまだ家に居たし、水害にも襲われていなかった。今子どもたちは二人とも横浜にいる。時は流れた。

 息子は我が家で一番のスピッツ・ファンである。その息子から、このアルバムが出ることはたびたび聞かされていた。スピッツは全アルバム持っているが、一枚の駄作もない。試聴などしなくても、このアルバムを買うことは決まっていたし、当然のように予約してもいた。息子も録音などですませず、自分の金でこのアルバムを買ったようだ。

 その息子の第一声は、「初めから5曲の流れがあまりよくないね」だった。なるほど。一聴、そんな気がする。続けて息子はこう言った。「でも1曲1曲はいい。」草野自身がアルバムにおける曲順へのこだわりをどこかで語っていたが、このアルバムも考えに考えた曲順ではあるに違いない。

 そこまで考えて思った。「1曲1曲はよいのに流れが悪い?」それってベスト盤ではないか。ミディアム・テンポの感じの良い曲が次々と出てくる。シングルにいいような曲が連続するということだ。あの名盤「ハチミツ」を思い出す。どれでもシングルに切れそうな曲が、これでもかと続くあの傑作。でもあれも、マイナー・キーの「あじさい通り」や、思いっ切り陰りのある「Y」、逆にすっとび抜けた「トンガリ」なんかがあっての「ハチミツ」だ。あの起伏がもっとあればよかったのではと思った。おっと、前回も「ハチミツと比べるのはやめよう」などと書いているくせに、また比べてしまっている。

 ただ、中盤の展開はいい。6曲目「不思議」、7曲目「点と点」と、シングル盤的なクオリティは落ちず、バラード「P」に流れて、9曲目「魔法のコトバ」に繋がっていく展開は、豪華で贅沢である。

 もう一度聴き直すと、1度目よりもずっと印象がよくなってきた。一つ一つの歌の個性が少しずつ浮かび上がってくる。目玉となる強烈な曲がない気はするが、「ハチミツ」や「愛のことば」クラスの曲は、そうそうたくさんはできないだろう。シングルとして先に世に出ていた3曲も、アルバムの中でよりよく聴こえてきだしたし、特に「魔法のコトバ」などはそれに近いと言ってもいい。ラスト4曲がやや落ちるかなと思ったが、それも聴く度によくなってきた。

 これだけのメジャーになると、ネット上にも感想が溢れているが、圧倒的に好評である。ただ面白いのは、個別の曲になると好きな曲がばらけていることだ。ほとんどアルバムの全曲に渡っている。その意味でも今回も平均点は高い。ベスト盤的であるがために、いい曲どうしがぶつかって持ち味を損ねているのが欠点、そういうアルバムだ。

 全作「スーベニア」は、興奮状態で聴いたために五ツ星を与えたが、冷静に思い直すと四ツ星半が妥当のアルバムだった。今回は冷静に聴いているので、四ツ星半のアルバムというような書き方をしたが、できは「スーベニア」以上かもしれない。聴く度に深まる愛着と、結成20年を迎えてもこんな瑞々しい作品を生み出し続ける、現役日本最高のロック・バンドへの敬意を込めて、星を半分足しておきたい。
e0006692_22173564.gif

by pororompa | 2007-10-13 22:17 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 絶句FUKUOKA semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 08日

e0006692_18545940.jpg いやあー・・・。「年甲斐もなく」という言葉があるけど、「オール・スタンディング・ライブ」なんちゅうものに行って来た。きつかった。

 ハコはZepp福岡という、それ専門のライブ・ハウス。「スタンディング」だから座席がない。いや、二階に少しはあるけど、大半は立ち見が前提。所々に仕切があるだけで、これはロー・コストだ。満員電車での中で踊りながら聴くようなものだから、狭い場所に2000人収容。いったい誰がこんなボロい商売考えたんだろうね。昔はこんなの無かったよな。

 なるほど、どうせ立って騒ぐならかえって席は邪魔ってわけだ。人は入るは、経費はかからんわで、一石二鳥にも三鳥にもなる。しかし、いつ頃からだろうな、ポップス系は立って聴くのが当たり前になったのは。四十過ぎてから息子達とスピッツのコンサートに行って、始まるなり全員立ったのに驚いた。そりゃあ興奮したらみんな昔も立ったけど、最初からって話は聞いたことなかったから驚いたね。若い世代じゃそんなのは常識なんだろうけど。

 Zepp福岡は、傾いた倉庫みたいな、どう見ても芸術性の感じられない建物で、建物だけでなく入口周辺がどうにも野暮ったい印象を与える。早くから係員が、立札を持ちながら、ハンドマイクで番号順に誘導し、整列させる。座席もないのにご苦労な話だが、場所取りにまつわる混乱をたくさん体験してこんな方法が定着したのだろうと思いながら見ていた。今から騒ごうとしている観客だが、誘導されるままにみんな行儀良く整列している。こういうとこはやっぱ日本だね。学校で整列をたたき込まれてるから得意だ。言われるままに30分、じっと並んで待つ。雨が降ったらどうなるのだろう、などと考えている内に開場となる。

 中に入ると、ステージ前は元気な若者ですぐに占拠されたので、体を預けることのできる仕切の近くを確保する。思ったより仕切が少ない。開演までまだ1時間もあるのに、多くの人は何にもつかまらないで立ったまま待つのかと心配になる。ドリンク付きということで500円取られたが、もらったのはペットボトルのジュース。建前上「生演奏の聴ける飲食店」の形を取っているのだろうが、「子供だまし」とはこのことだ。

 この開演までの1時間が長かった。ニッポンジンは辛抱強い!時間とともに、周囲はしだいにラッシュ・アワーの電車内の様相を呈してくるが、みんな本物のミュージシャンが目の前に現れる、それだけを楽しみにじっと立って待っている。前に大きな人がいて、ステージがほとんど見えない。身長が高ければよかったと思うことは、他人が思うほどはないけど、この時だけは羨ましいと思った。

 その内に、ようやくコンサートが始まり、今までの不満を忘れて拍手を送ったのだが・・・。結論から言うと、スタンディングは慣れればなんとかなるし、足腰もまだ持つ。体を動かしながら聴く楽しみも、まだ共有できる。問題は意外な所にあった。音が大き過ぎるのである!特にベースとスネアドラムの音が、信じられないほどバカでかい。これほどの大音量は聴いたことがない。空気の振動を皮膚でビンビン感じる。ボーカルが何と歌っているか聴き取れない。途中で耳が痛くなってきた。この痛みは一日過ぎた今もとれていない。昨夜は激しい耳鳴りさえあった。それほどの超弩級の音量だった。

 さて、肝心のミュージシャンだが、スガシカオである。「ファンク・ファイアー・ツアー」と題して、バラード抜きのプログラム、バックも若いバンドに替えての登場である。そういうこともあって大音響なのかもしれない。しかし主役の声が消えてはまずいだろう。場内は待ってましたとばかり一気にヒート・アップする。MCは少なく、次々に音楽を繰り出していく。

 「秋の花粉症」とかで声は危なっかしかったが、ミュージシャンとしての腕は相当なものだ。特にギターのうまさには驚いた。自らも書く人でここまで弾ける人は少ないのではないか。時々背伸びしてステージを見ると、歌の合間にクラプトンばりにリード・ギターをギンギン弾いている。16ビートを刻むリズム・ギターも軽やかだ。毒のある歌詞とは裏腹に、明るさと親しみやすさを振りまき、会場は終始明るい雰囲気に包まれた。

 まあ今夜は若者らのお楽しみに紛れ込んだのだからこんなものだろう。また来たいとは思わないが、珍しい体験ができたことをよしとしよう。ただ、スガシカオは引き続き興味深いミュージシャンだ。この人の歌を、じっくり声が聴き取れる音楽的なセットで聴いてみたいものだと思った。

by pororompa | 2007-10-08 20:09 | こころの糧 | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 133】 JAMES TAYLOR / OCTOBER ROAD semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 06日

e0006692_1203191.jpg ようやく一段落つき、久しぶりの休日らしい休日。届いたまま放置していたCDの包みの封を切った。

 ジェームス・テイラー「オクトーバー・ロード」。10月の休日に「10月の道」とはタイミングよすぎる。おまけに1曲目は「セプテンバー・グラス」だと。そういやあ先週は仕事と草刈りで過ぎたよな。もう10月か。さすがに涼しくなってきた。

 ジャケットがまた最高だ。ところがプラケースの上に「グラミーがどうだ・・・」とか「○○が入ってる」とか、醜悪なシールがべたべたが3枚も貼ってある。まずは剥ぐのに一苦労。困った輸入盤だ、お前らの国には「帯」なんちゅうのがねえのか、と悪態をつきつつ、トレイに乗せる。

 出てきたのは昔ながらのJTさんのスチール弦のギターの音。そうそう。この人はごてごて飾り立ててはいけないのです。このギターが半分はウリな訳だから。この期待感は最後まで裏切られず、アコースティックな感触で最後までいってくれた。このジャケットが期待させる雰囲気のままの音が入っていた。ただ、目玉曲がないというのもこの人らしいと言えばこの人らしい。やはり歌詞が分からないとこの人は本当には分からないのかも、今回も安さに負けて輸入盤にしたのは間違いだったかと、英語力の低さを嘆く。

 それでもCDが終わると、2回3回とまたスタート・ボタンを押していた。そういうアルバムはそんなにはないものだ。聴き飽きの来ない、そして聴く度に発見のありそうな、そんな期待の持てる、大人のための歌だ。
e0006692_12281784.gif

by pororompa | 2007-10-06 12:28 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)