ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 114】 SONNY CRISS / THIS IS CRISS! semスキン用のアイコン02

  

2007年 05月 28日

e0006692_1835137.jpg これも大分に行く前に買って車中で聴いたもの。前のブッカー・アービンのアルバム同様、これもワン・ホーンだ。ホーン奏者の力がそのまま出てしまう。

 この人はわりと軽く見られている人だが、一流と呼べるほどの深みや風格に欠けるとは、ぼくも思う。だが、もう少し評価されてもいいという気もする。

 実を言うとこのアルバムは、クリスが目当てというよりも、「スカイラーク」が聴きたくて買ったものだ。"Skylark, have you anything to say to me~ "という歌い出しが、何とも言えず好きだ。途中不思議な感じのする転調があって、フォーク少年からジャズを聞き始めたぼくにはよく分からなかったものだ。作曲は「スター・ダスト」や「ジョージア・オン・マイ・マインド」のホーギー・カーマイケル。好きな作曲家の一人である。

 このアルバムで「スカイラーク」が出てくるのは終わりの方なのが残念だが、演奏は期待通りだ。アルト・サックスという楽器が、この歌に合っている。テナーだったら重くなるし、ピアノやギターでは朗々としたのびやかさがない。アルト・サックスが、ひばりのように軽やかに舞ってくれた。

 さて、「スカイラーク」が聴けりゃあいいやぐらいに思っていたこのアルバムだが、1曲目の「ブラック・コーヒー」がなかなかの快演だった。あまり好きな曲じゃないだけに、よけいに印象に残った。けだるいピアノ・トリオによるイントロの後、ブルージーに入り込んでくる。往年のアート・ペッパーの「ブルース・イン」を思い出させる。いや、アートより「ブラック」だ。濃くて苦いコーヒーだ。やはりこの人はもっと評価されていい。

 ほかにも毛色の違った「サンライズ・サンセット」なんかも入っていて、なかなか楽しめるアルバムだった。
e0006692_1911112.gif

by pororompa | 2007-05-28 19:11 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 113】 BOOKER ERVIN / THE SONG BOOK semスキン用のアイコン02

  

2007年 05月 26日

e0006692_1455742.jpg 2週間ぶりの書き込みだ。先週末は用事で大分に泊まり、一昨日、昨日は修学旅行引率で鹿児島に行って来た。近場とは言え、週に2度の泊まり込みは教員の日常生活では珍しい。旅は楽しいけれど独特の疲れもあるものだ。出張が日常の企業戦士や、旅行会社の添乗員氏の生活もまた大変だろうなと思ったりした。

 さて、今日は久しぶりの休日である。あれこれしなければならないことはあったが、結局のんびりと過ごした。期限切れになっている図書館の本を返そうと思い、午後から読みかけの本を読み耽った。一つは美術贋作の事件簿、もう一つは「はっぴいえんど」周辺のスタッフの回想録だった。途中で暑さが耐えきれないほどになったが、それもそのはず、30度だったそうである。こんな時はあまり音楽を聴く気になれない。いろいろ聴いたが楽しめたものはなかった。

 夜になって涼しさが戻ってきたので、これをかけた。ブッカー・アービン。大分に行く前に届いていたので、車中でもずっと流していたものだ。これも例の1100円シリーズである。昔々、ジャズ喫茶で流れて、良かったという記憶はある。その記憶を頼りに買ったのだが、期待通りのアルバムだ。

 全編スタンダードで固めた6曲構成である。1曲目「The Lamp Is Low」が熱い。「ブロー」という言葉がぴったりする。でも決してうるさくはない。独特の歯切れ良さがある。爽快だ。2曲目と、LPではB面の2曲目にあたる5曲目がしっとりと吹いたバラード。3曲目と6曲目は、「All the Things You Are」と「Our Love Is Here to Stay」をやや速めにサラッと吹いて終わる。4曲目もそんな感じだ。

 例えば書道などの名人が、お題などを与えられてサラサラっと書いた感じと言えばいいだろうか。決して難しく考えて作った作品ではないだろうし、そういう良さがこのアルバムにはある。そんなことを感じながら大分までの山道をハンドルを握っていた。

 今また夜の冷気にこの音楽は合う。思えばちょうど秋の始まりに似た気候だ。違うのは、秋は暑さに耐え続けた日々の後に来るからありがたく感じるというだけだ。この音楽を聴いてようやく休日の安堵感を感じている。

 一つ言い忘れていた。「名盤請負人」トミー・フラナガンの存在感。作品に、何というか一種の気品を与えている。「エレガント」という形容詞が思い浮かんだ。
e0006692_23525954.gif

by pororompa | 2007-05-26 23:53 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 112】 GEORGE MRAZ & ROLAND HANNA / PORGY & BESS semスキン用のアイコン02

  

2007年 05月 12日

e0006692_19323237.jpg 今週は結局毎日ヘイデンとハンク・ジョーンズのデュオを聴いていた。毎日聴いても飽きが来なかった。休日になり、何か代わりのものを聴こうとしたが、ピアノとベースのデュオをもう少し聴きたかった。ヘイデンの作品に対抗できるのはこれだ。ジョージ・ムラーツとローランド・ハナのデュオによる「ポギーとベス」。

 ビル・エバンスは別として、70年代にぼくが特に愛好して聴いていたピアノ・ジャズの3枚、それがトミ・フラの「エクリプソ」、デューク・ジョーダンの「フライ・トゥ・デンマーク」、そしてこの作品だ。前2枚がそれ相当の評価をもらっているのに、この作品だけはあまり知られないままである。それは日本のTRIOが原盤であるためだと思う。あまり人目に触れることなく市場から姿を消してしまったのではないだろうか。最近CD化されたので、ジョージ・ムラーツ・ファンは絶対聴いてほしい。

 この盤はとにかく曲良し・演奏良し・音良しと3拍子そろっている。二人のリーダー作というより、はっきり「GEORGE MRAZ IN DUET WITH ROLAND HANNA」とジャケットに謳ってあり、ムラーツ主体の作品である。ベースが豊かに鳴り響く。スウィングし、歌う。ピアノがジャズ的な美しさで響く。録音はオーディオ評論などでよく見かける及川公生氏。これを聴く限りでは確かな腕の人だと思う。

 ローランド・ハナはこれを聴くと、他の作品も期待してしまい、いろいろ聴いてみたが、ここでの演奏を凌ぐものには出合わなかった。でも、この二人のデュオにもまだ未聴のものがあるし、まだこんな盤が埋もれているのではと気になる人ではある。

 今最後の曲が終わった。改めて聴き直しても1曲の駄曲、駄演もない。感じ方はひとそれぞれだが、これを聴いて良くないと言う人とは、仲良くジャズを語れないかもしれない。
e0006692_2042467.gif

by pororompa | 2007-05-12 20:04 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 朝の埋葬 semスキン用のアイコン02

  

2007年 05月 10日

e0006692_092088.jpg 我が家の飼い猫でありながら、十年以上にわたってなつかなかったクロチャンのことは前にも書いた。この猫は最近大きな病気をしていてあまり食べなくなり、すっかり痩せて弱り果てていた。もう先は長くないようだったが、同じ様な症状から完全に復活したシンチャンの例もあったので、希望を持って看病していた。

 面倒を見ていたのは主に妻だったが、ぼくが休日で妻が仕事の日はぼくが餌をやったりしていた。するとどうだろう。急に、ぼくに懐くようになったのだった。あれだけぼくを見ると逃げ回り、撫でようとすると首をすくめるばかりだった猫が、進んで膝に乗ってくるようになったのには驚いた。これまではただ時々室内にいるというだけ猫だったのが、息も絶え絶えとなった今になって、やっと飼い猫らしくなってきたのだった。

 ただ症状は好転したかに見えて、やはり死に至る病だったようだ。ここ数日で急激に悪化し、昨日の夜ぼくの膝で息絶えた。

 ぼくにとって、この猫が真に飼い猫だったのは最後のひと月ぐらいだった。ようやく仲良くなったかと思ったら息絶えて、ぼくはぼくの可愛がり方が足りなかったようでこの猫に申し訳なく思った。けれどもそれがゆえに、ぼくはこの小さな命の消えてゆくのを哀れんでやることができた。その朝は、珍しくたくさん食べたという。夕方には大儀そうに土や草の上で寝ていた。夜過ぎに痙攣を始め、あっけなく死んでしまった。

 朝にはまた復活しているような気がして箱を覗いてみたが、眠ったような姿で冷えて横たわっていた。ぼくは庭の隅のつわぶきの生えている辺りを刈り取り、他の猫達の墓を掘らないようにしてできる限り深く掘った。そしてクロチャンの小さな体を横たえ、黒い土をかけた。「思い出の猫達が一匹一匹いなくなる」と妻がつぶやき、涙をこぼした。それは猫の死以上にこたえた。朝の埋葬だった。

by pororompa | 2007-05-10 00:09 | 駄猫列伝 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 111】 CHARLIE HADEN & HANK JONES / STEAL AWAY semスキン用のアイコン02

  

2007年 05月 06日

e0006692_22395497.jpg 何も楽しいことなど無かった連休が終わろうとする夕方に、遠くで誰か呼んでいるような声がした。玄関に出てみるとそれは佐川急便の配達の人で、CDをただ1枚届けに来てくれたのだった。それは「メール便」と呼ばれる安価な配達物で、たしか郵便受けに入れておけば済むはずのものだが、できる限り本人に渡そうと思って呼んでくれたのだろう。

 何のCDが届いたのかピンとこなかった。開けてみるとこのアルバムだった。某大手通販のサイトでバーゲンで出ていたので注文していたのだった。こうしてこのCDは寂しい夕暮れに我が家にやって来た。

 聴いてみると、ちょっと憂鬱な休暇の終わりにはぴったりの音楽だった。枯れている。枯れ過ぎていると言ってもいい。チャーリー・へイデンとハンク・ジョーンズのデュオによる黒人霊歌・聖歌・民謡集。

 「ヘイデンのデュオに駄作無し」という言葉を時々ネットで見かけるが、ぼくも同感だ。デュオに限らず、彼の仕掛けた作品はどれも期待を裏切らない。しかし、これはあまりにも淡々とし過ぎているのではないか。例えばケニー・バロンとの「Night and the City」なんかと比べても、いかにも渋過ぎる。文句なく五つ星をあげたくなるような曲はない。一つ一つがあっさりとして進んで行く。曲の良さに寄りかかったような演奏ではという気もする。ハンク・ジョーンズという人が、主役を張るには地味過ぎるのか。

 それでも聴き終わった「後味」は不思議に良かった。気持ちが満たされ、もう一度聴きたくなった。いったい五つ星をあげたくなるような曲がないのに、全体が五つ星ということがあるだろうか。一人も区間賞がいないのに優勝してしまう駅伝チームのようなものだろうか。そしてこの、アルバム全体の統一感と、良質の音楽が1時間以上並ぶ量感。

 それからぼくは思い出した。「Night and the City」も後になってじわじわと気に入ったことを。そういった深みを、これから感じさせてくれるのではという期待が、「ヘイデン印」にはある。結局これも、何度もトレイに乗せることになるのだろう。
e0006692_2326270.gif

by pororompa | 2007-05-06 23:34 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 110】 GEORGE LEWIS / 1943~45 semスキン用のアイコン02

  

2007年 05月 06日

e0006692_11414268.jpg ふとジョージ・ルイスが聴きたくなった。ぼくはスウィング・ジャズも好きだが、ニュー・オーリンズ・ジャズまではなかなか聴かない。聴いてもサッチモぐらいだ。このアルバムも針を落とすのはもっぱらA面だけである。

 しかしそのA面が素晴らしい。ジョージ・ルイスの自宅で友人達を前に録られたものだという。港湾労働者としての日常から、突然ジャズ・マンとして脚光を浴びてのレコーディングだったようだ。ルイスのクラリネットに、ベースとバンジョーだけのシンプルな伴奏。でもそれだからこそ素朴な歌が余計に浮かび出る。一般にぼくは、ジャズに限らず、大編成になるほど苦手で小編成に好きなものが多い。

 1曲目、「波濤を越えて」。ぼくがこの作品とどうして出合い、なぜ買ったのか思い出せないのだが、ラジオか何かでこのワルツが流れて来たのだろう。オープニングのこのワルツを聴けば今でもすぐに買い求めるに違いない、それほど魅力的な、胸に沁みる調べだ。「アロハ・オエ」を崩した「ニュー・オーリンズ・フラ」も、アドリブ・フレーズが一緒に歌えるくらい印象に残っている。

e0006692_12272615.jpg ジャケットから面白いものが出てきた。買った店の「品質保証書」だ。店がそんなものを出すなんて聞いたことないが、名古屋サカエチカの「音楽堂」で買ったことは間違いない。昭和54年1月2日の日付印がある。当時は駅前の「ヤマギワ電器」かこの「音楽堂」で買っていた。今もあるのか知らないが、両方ともいい店だった。金のない学生時代なので、考えに考えて買い、一枚一枚をじっくり聴いたものだった。貧乏学生のぼくは、22歳の正月に、この妙なるクラリネットの調べに耳を傾けていたわけだ。
e0006692_12253032.gif

by pororompa | 2007-05-06 12:25 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 109】 遠藤賢司 / 満足できるかな semスキン用のアイコン02

  

2007年 05月 04日

e0006692_19204266.jpg 満足できない日だ。庭に出てもどんよりと曇って時々は降ったりやんだり。寒いのか暑いのかよく分からない、しけた一日だった。降るなら思い切り降れと言いたくなる。気を取り直して朝顔の苗の移植でもしようとすると、近所の高校生が路上で大騒ぎして落ち着かない。

 こんな日はどんな音楽なら癒されるのだろうか。若き遠藤賢司のこの名作をかけてみる。フォークだとかロックだとかはどうでもいいが、70年代に作られた日本の歌で五指に入る作品だと昔から疑わない傑作だ。

 エンケンには極端な「動」と「静」の両面がある。「激」と「秘」と言った方がいいかも知れない。近年は「激」の方が表に出て、時には付いていけないほどの疾走ぶりだが、ここでは1曲目を除いて秘やかなエンケンが味わえる。「軟弱さ」を恐れないから強いのである。あまりに「純」なつぶやきであるがゆえに、強烈なのだ。

 音は今聴いても安心して聴ける。バックははっぴいえんどの面々。演奏は所々綻びがあり、歌詞を間違えかけたりしているのだが、「だから何?」という感じで進む。ギターは抜群にうまい。70年代の「フォーク」に括られた歌い手で、これほどスチール弦のアコースティック・ギターがうまい人がいるだろうか。そして個性的だ。

 曲も粒ぞろい。スウィートだ。優しさとか、愛だとかを、何も気にせずに剥き出しに出してしまった、強くて純粋な甘さ。子どものような安らぎが得られる。e0006692_2005560.gif

by pororompa | 2007-05-04 19:59 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 憲法は守るべき semスキン用のアイコン02

  

2007年 05月 03日

 憲法は守るべきである。憲法記念日に改めてそのことを考えた。

 ぼくも、今の憲法が絶対と思っているわけではない。でも、今「憲法を変えよう」という意見は全て、戦争という蟻地獄に吸い込まれる役割を果たすと思う。たとえそのつもりがない素朴な善意の意見でもだ。だから、今はどんな議論にも騙されず、「憲法を守る」という結論をしっかり押さえておかなければならない。

 今、声高に「憲法を変えよう」と叫んでいるのは、戦争をしたい者達だ。戦争で利益を得る層が背後でそれを支えている。そういう者達にとっては、「戦争をしない」と明記している第9条が邪魔で仕方がない。だから、巧みな詐欺師や押し売り人のように、「国際貢献が必要だ」とか「恐い国が攻めてくる」とか煽って、何とか戦争してもいい国にしようとしている。そういう騙しが、じわじわと浸透してきている。

 だから今、多少の意見の違いがあっても、「憲法を守る」という点で足並みをそろえよう。改憲は戦争への道。ここをしっかり押さえておこう。何党でも何派でもいい。「戦争がいや」という点で、たいていの人は一致できる。

by pororompa | 2007-05-03 00:00 | 一言言わせて | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 108】 PATTI PAGE / MILLION SELLER HITS semスキン用のアイコン02

  

2007年 05月 01日

e0006692_013057.jpg 毎年この時期は庭をすることにしている。春はいつも花粉症で外には出ないので、4月まではいつも庭は荒れ放題だ。野草園と化した中で、猫達がトカゲを捕らえて食っている。まるでミニチュアのサファリパークである。とりあえずは草をぐっと減らし、花壇に肥料を入れて耕して、テーブルといすを並べた。

 BGMは小野リサ。このところ集中的にジャズを聴いていたのでちょっと毛色の変わったのが聴きたくなった。夜はレイ・チャールズを、昼はダラーっと小野リサを流していた。悪くはないが、何かしっくりこなかった。

 今夜、仕事をしながら、ふとパティ・ペイジが聴きたくなった。ついでにウィスキーをつぐ。おなじみの「テネシー・ワルツ」が流れる。このアルバム、「ミリオン・セラー・ヒッツ」と題しているだけあって、次々にいい曲が出てくる。

 中でも「モッキン・バード・ヒル」が好きだ。これを聴くと懐かしさで胸がいっぱいになる。新採用の頃、先輩に連れて行かれた「赤煉瓦」というバーで、この歌が流れた。ぼくはLPをかけていたバーテンさんに何という曲か尋ねた。この「トゥアララー~」が、それほどに鮮烈だった。

 「涙のワルツ」もいい。原題は「I Went To Your Wedding」、直訳すると「結婚式に行きました」という歌だ。スローワルツに乗って切々と、"Your mother was crying.Your father was crying.And I'm crying too."と歌われる。もちろん、「父や母」と「私」では、泣いている意味が違う。そこを"The tear drops were falling because we were loosing you"と締めくくる所が泣かせる。

 言わば「米国優良歌謡曲」なわけだが、「Cross Over The bridge」なんかでのビッグ・バンドを従えてのドライブ感溢れる豪快な歌いっぷりを聴くと、そう簡単に片付けてしまえない凄みのようなものを感じる。
e0006692_033573.gif

by pororompa | 2007-05-01 00:33 | Trackback | Comments(0)