ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 <   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 94】 WYNTON KELLY / WHISPER NOT semスキン用のアイコン02

  

2007年 01月 28日

e0006692_119989.jpg 郊外のショッピングセンターに晩飯がてら出かけ、CD屋に寄った。手ぶらで帰るのも寂しいので、1500円で出ていたこの国内盤を買って帰った。有名盤なので当たりもなければ外れもない。無難な選択。そう思って帰った。

 1500円。それは昔のLPの「廉価盤」の値段である。この1500円の「廉価盤」にどれほどお世話になったか。CDの時代になってもそれがまだ「廉価盤」の値段であるところが面白い。

 このアルバムは昔々、学生時代に友人がカセットでくれたために何となく買いそびれていたものである。ウィントン・ケリーと言えばVeeJayの2枚のトリオ物。後はまあ、それほど好きではないがリバーサイドの「Kelly Blue」。このアルバムも悪くはないが、何となく印象は弱いかなという気でいた。

 帰って早速聴いてみると、1曲目はおなじみの「ウィスパー・ノット」。好きな曲ではあるが、何となく冴えない。生々しさがない。今回の盤のせいかな、わざわざ買うこともなかったな、などとぼんやり思いながらコンピュータに向かっていると、3曲目辺りで急にスピーカーに引き戻された。「黒い瞳」である。素晴らしい。フィリージョーの叩き出すリズムに乗って、哀愁漂うロシア風味のケリー節が溢れ出てくる。思わずボリュームを大きくする。心なしか音まで良くなったように感じる。やっぱり買ってよかった。

 4曲目からドラムレスになってしまう。そう言えば思い出した。確か録音の時フィリージョーが来ないので、仕方なくドラムレスで録ったとかいう話を読んだことがあった。ところがこれはこれでなかなかいい。こうなると目立ってしまうケニー・バレルのギター。しっとりと語り合う6曲目のバラード「ドント・エクスプレイン」が、もう一つのハイライトである。最後は「黒い瞳」の別テイクのおまけ付き。これは蛇足ではなかった。最後までいい気分で聴き通すことができた。
e0006692_151435.gif

by pororompa | 2007-01-28 01:51 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 久しぶりの針音 semスキン用のアイコン02

  

2007年 01月 21日

e0006692_20175190.jpg 「ビニール・ジャンキーズ」という、レコードコレクターについて書いた本を読んでいたら、アナログ・レコードが聴きたくなったので、今日は久しぶりにレコード・プレーヤーの蓋を開けてみた。

 TRIO KP-800というこの機種もずいぶん古い。確か就職してすぐに買ったものだ。調べてみると1982年発売となっているので間違いない。四半世紀だ。その間引っ越し6回。ちゃんと現役で動いている。2,3年前にカートリッジもオーディオ・テクニカのAT15Ea/Gに換えて、それ以来あまり聴いてない。まだまだしばらくは聴けるはずだ。

 とは言ってもさすがにガタがき始めた。トーンアームの支えがすっぽ抜けたので、接着剤で付けてしのいだら、今度はオート・リフトアップが十分上がり切らなくなった。それでも肝心の回転は正確だし、音もしっかり鳴っている。もう少しがんばってもらいたい。

 「ビニール・ジャンキーズ」の中にもCDとLPはどっちが音がいいかという話題は出てくるが、結論は盤にも依るということになったりもするけれど、針の音のあの生々しさがなかなかCDでは出ないというのが多数の意見のようだ。最近はアナログよりいいと感じるCDもあるが、以前は、LPで聴き慣れた盤がCDではどうもぱっとしないということがしょっちゅうあった。CDが出始めた頃、気のせいかもと思い、ビル・エバンスの「エクスプロレーションズ」をCDとLP同時にかけて、スイッチで切り替えて聴き比べたことがある。結果はLPの圧勝だった。CDの音があまりにも貧相だったことが強く印象に残った。

 それならずっとアナログ党できたかというと、やはりCDの簡単便利さには勝てずに今に至っている。それでも今日、久しぶりにピアノ・トリオ(デューク・ジョーダンのライブ盤)を聴いてみたが、アナログをかけた時に感じる音の「豊かさ」みたいなものをやはり感じてしまった。

 スピーカーの上に乗っているのはピクソールMK2。初代ピクソールは交換用リフィルが手に入らなくて捨ててしまったが、数年前これをやっと手に入れた。レコード・クリーナーはこれ以上の物はないと断言する。一時期、絨毯なんかの掃除用の粘着ローラーで代用するという馬鹿なことをして、何枚かレコードをだめにしてしまった。

 水害で生き残ったジャズ中心のLPが200枚ちょっと。枚数は多くはないが、どれも金のない時代に買った思い出の多い盤ばかりだ。プレーヤーが元気な内に、またぼちぼち聴いてみようかなと思っている。

by pororompa | 2007-01-21 21:03 | こころの糧 | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 93】 CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL / CHRONICLE semスキン用のアイコン02

  

2007年 01月 20日

e0006692_2141495.jpg 学校で子どもたちにロックのリズムパターンを教えたら、それに取りつかれて段ボールなんかで朝から帰るまで叩く子が出てきた。休み時間になると「ドッタドドッタ、ドッタドドッタ」と叩き続ける。それに合わせてギターを弾いている内に、無性にCCRの「雨を見たかい」が聴きたくなった。ちょうどいい具合にヤフオクで安くで出ていたので手に入れた。

 実をいうとこれと同じようなものをCDで持っていたのである。水害でやられたのはLPばかりで、CDはほとんど無事だったのだが、わずかにチェンジャー式のカー・ステレオに入れていたものがやられた。ちょうどそのころ気に入って車の中で聴いていたのだろう。CDが水に弱いのを初めて知った。

 届いたこのCDも、前に持っていたものも、いわゆるベスト盤だが、何曲か選曲が違っている。一番残念なのは「コットン・フィールズ」が入っていないことだ。代わりに入っている曲がよければいいなと思っていたが、残念ながらあんまりよくない。ちょっと落胆しながら聴いていたら、最後に入っている「Someday Never Comes」がよかった。この曲、聴き覚えがあるのだが、いつ聴いたのだろう。中学生ぐらいの頃、よくラジオで「雨を見たかい」や「Up Around The Bend」が流れていたのは覚えているが、その頃耳にしたのだろう。

 昔はCCRが特におもしろいとは思わなかったので、「雨を見たかい」を口ずさんでいた程度で、あんまり真剣に聴いたことがなかったのだが、今の耳で聴き直してもなかなか魅力的なバンドだ。味のある痛快な曲が立て続けに飛び出してくる。

 それにしても「雨を見たかい」が雨でやられたのも皮肉だが、この雨というのは米軍の落としたナパーム弾のことらしい。ベトナム戦争の反戦歌だという説を最近知った。今まで何も考えずに聞き流していたが。

 一聴脳天気に聞こえるこのバンドの歌も、そう思いながらあらためて聴くと、なかなか深い。当時はまともなミュージシャンはみんなそれくらいの意識は持っていたものだ。
e0006692_22152924.gif

by pororompa | 2007-01-20 22:15 | 音盤的日々 | Trackback(1) | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 92】 BUD POWELL TRIO / TIME WAITS semスキン用のアイコン02

  

2007年 01月 14日

e0006692_22494915.jpg 最近自分は軽い「ネット依存症」じゃないかと思うことがある。休日にコーヒーを飲みながら漫然とインターネットを眺めているのは、楽しいのは楽しいのだが、何か充実感がない。同じサイトをぐるぐる回っていたりすることもある。おまけに、仕事を始めようとしても、曲を作ろうとしてもPCを使うので、長時間モニターに向かうことになる。庭によく出ている時の方が爽快感があった。ただ、これからしばらくは花粉症の季節であるのが残念だ。

 ぐったりした週末。早く床について体力を回復させた翌日は、昼間から何か元気なものが聴きたくなった。それで、大きめの音でこの「元祖モダン・ジャズ・ピアノ」をかけた。

 ビル・エバンスを普段から聴く人は多くても、バド・パウエルを聴くという人は少ないだろう。いいのは分かっていても、普段からじゃ疲れる。年末に中古屋のバーゲンで見つけて、安いから一応押さえておいた一枚だった。

 ところがこの人はやっぱり格が違う。「RVGエディション」なので、ヴァンゲルダー氏の音のマジックもあるのかもしれないが、出てくる音が生々しい。ぐいぐい引きつけられる。この時代はパウエルも全盛期を過ぎていると言われているが、なんのなんの全曲オリジナルでバリバリ弾きまくっている。そんじょそこらの若手とはやはり違う。

 そしてまたこのドラムがすごい。フィリージョー。煽る煽る。ウィントン・ケリーなんかとやると、ピアノ・トリオにはちとうるさいドラムだと思ったりもするけど、やっぱりうまいな。意外にビル・エバンスがこの人とよくやっていたのも、分かるような気がする。

 いいものはやっぱりいい。元気が出た。
e0006692_23443093.gif

by pororompa | 2007-01-14 23:44 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 91】 長谷川きよし / 遠く離れたおまえに semスキン用のアイコン02

  

2007年 01月 13日

e0006692_22443557.jpg 長谷川きよしの、長谷川きよしによる、長谷川きよしらしいアルバムだ。ギター一本、異国の路上で、究極の「ストリート・パフォーマンス」を繰り広げる。チューニングがどうだとか、弾き方が荒いとか、ミスがあるとか、そんなことばかり気になる上品なリスナーは聴かない方がよい。はやり歌とは無関係に、心にしみる歌を聴きたい人は、廃盤にならないうちにすぐ買おう。そして目の前に座って弾き語ってもらっているつもりで聴こう。続けて聴いているうちにだんだん引き込まれていくだろう。そういうアルバムだ。

 ぼくがこのアルバムを最初に聴いたのは、昔々、学生時代のFMラジオだ。自ら録音のエピソードを語りながら何曲かかけてくれた。今回のCD化でそれほど感慨があるわけではない。もともと路上録音だからサウンドが飛躍的によくなったとかあまり感じない。むしろ、チープなラジカセみたいなものから聞こえてきた方が感動できるかもしれない。それでも気楽に聴けるという点ではCDはいい。

 時を越えて、若い世代であるぼくの息子にもアピールしたのがタイトル曲の「遠く離れたおまえに」だ。ぼくの気に入りは、1番と2番の間に絶妙の山羊の声の合いの手が入る「キャティ」と、悲しくも美しいシャンソン「小さなひなげしのように」。LPで言えばB面がいい。

 このアルバムをCDで復刻したのは、もともとの制作者の兼松光氏だ。キングから買い取って、自らのレーベルで出しておられる。ぼくはうかつにも大手通販で買ってしまったのだが、直接買った方が兼松さんにとってはよかったようだ。長谷川きよしの公式サイトで語っている。これから買うつもりの人は、フラッシュポイント・レコーズから買ってほしいと思う。
e0006692_1911537.gif

by pororompa | 2007-01-13 19:12 | 音盤的日々 | Trackback(1) | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 90】 斉藤哲夫 / 僕の古い友達 semスキン用のアイコン02

  

2007年 01月 08日

e0006692_12125830.jpg 斉藤哲夫のCD4枚と長谷川きよしのCD2枚、合わせて6枚を、2回に分けて通販で注文した。その内の3枚が今朝届いた。6枚で14337円也。ちときついよな。この頃安い輸入盤や中古盤ばかり買っていたので、よけいに高く感じる。

 ぼくは昔から借りて録音してすますというのは嫌いで、気に入った作品はミュージシャンにちゃんと金が入るように必ず買っていた。でも最近中古ですますことが多い。ミュージシャンに金が入らないという点では中古でも同じだよなという後ろめたい気持ちはある。ここはやはり頑張ってきた二人の現役ミュージシャンに敬意を込めて、全部新品で買うべきじゃないだろうか。

 とか何とか、かっこいいこと言っても、やっぱ高えなあ。6枚の内5枚は水害までLPで持ってたやつ。水害水害といつまでも言いたくはないが、こういう時にまだ水害は終わっていないと感じる。
  
 今日届いたのは、長谷川きよしの「遠く離れたおまえに」と「サンデー・サンバ・セッション」、そして斉藤哲夫のこのアルバム「僕の古い友達」。届いたCDには昔のLP時代そっくりの赤い帯が付いていた。ぼくは普通、帯は外して捨てるが、このジャケットは帯を外すとなんか間の抜けた感じになる。ジャケットに挟み込んでやっと落ち着いた。

 さて、肝心の音だが、久しぶりに聴き直してみても落ち着いて聴けるサウンドが出てきた。どういう人がやっているんだろうとライナーを見ると、林立夫のドラムに後藤次利のベース、ギターが大村憲司でキーボードが松任谷正隆、思わず「失礼しましたー」と言ってしまうような錚々たるメンツであった。リマスタリングということであるが、確かに音もいい。アレンジは全て瀬尾一三。斉藤哲夫と共同プロデュースにも名を連ねている。陽水の初期のアルバムが星勝の音だとすると、このアルバムは瀬尾一三の音ということになるか。

 曲は粒ぞろいで、このアルバムで何が好きかは人によってかなり違うような気がする。一般に人気のある「さんま焼けたか」はぼくはあまり好きではない。最初にこのアルバムを聴いた時一番気に入ったのは「あなたの船」だが、これは残念ながら彼の曲ではなくて、このアルバムにも参加している渡辺勝の代表作だ。このアルバムの値打ちを一番支えているのは、「ワイングラスいっぱい」「すり切れたレコード」「ソー・ダンス・オールナイト」と言ったノスタルジックな地味目のナンバーではないかという気がする。若い頃はその懐古的な歌詞に疑問を持ったものだが、今聴くとしっくりする。

 とは言っても、この人は、精神的には明るく前向きの人だ。そこがいやだという人もいるだろうが、そこがいいという人には愛聴盤になり得る作品だ。人柄の良さが歌声から滲み出ている。
e0006692_13245912.gif

by pororompa | 2007-01-08 13:25 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 斉藤哲夫と小田和正 semスキン用のアイコン02

  

2007年 01月 04日

e0006692_21155127.jpg 年末に録画していた小田和正のテレビ番組を、昨日見た。例によって若手ミュージシャンと曲を作ったり、女優兼歌手の松たか子と歌ったり、全体に充実した楽しい番組だったが、一番印象に残ったのはゲストの斉藤哲夫と歌った場面である。

 「ぼくはずっと音楽の送り手でだったが、受取り手でもあった」と前置きして、このメジャー・シーンにほとんど出ることのなかったシンガー・ソングライターをステージに呼んだ。歌ったのは「悩み多き者よ」と「グッド・タイム・ミュージック」。この選曲も妥当だった。それにしても、さすがは小田和正である。よくぞ斉藤哲夫を引っ張り出してくれた。

 斉藤哲夫。ぼくは中高生の頃からずっとこの人のファンだった。アルバムはほとんど持っていた。時代の影響もあって「悩み多き者よ」のようなプロテスト・ソングから出発した人だが、もともとビートルズが好きでポップな面を持っていた。本人も、メジャーを志向していたに違いない。良くも悪くもその方向に行くには何かが足りなかったのだろうが、消えてしまうには惜しい人だった。

 これを機会に斉藤哲夫の作品を聴いてみようという人も出てくるかもしれないので、今入手できる彼のアルバムをガイドしてみよう。

 まず、URCから出したデビュー作「君は英雄なんかじゃない(6/8)」。これはまだ青いけれども、フォークシンガーとしての斉藤哲夫、硬派の斉藤哲夫が聴ける名盤である。ぼくは高校生の頃このアルバムが大好きだった。人としての生き方や社会的な疑問などを、ぎりぎりの高音まで使いながら、全身で歌う。フォークシンガーとは言いながら、バックはピアノを中心としたバンド・サウンドで、ぼくはこのアルバムでそれまで嫌いだったピアノに対する認識を改めた。

 CBSソニーに移籍して最初に出したのが、「バイバイ・グッドバイ・サラバイ」。前作が前作なので、最初聴いた時はずいぶんポップになった気がした。でもまだ硬派なフォークシンガーの面影は残っている。曲数は少ないが、名曲であるタイトル曲をはじめ、じっくり歌ったいい曲が並ぶ。

 その次が「グッド・タイム・ミュージック」。番組で小田と歌ったタイトル曲はこれまた名曲だ。その他の曲は、ビートルズのアルバムに影響を受けたとかで、組曲風になっている。印象はやや薄いが、味わいはある。とにかく何よりもタイトル曲が圧倒的。番組のエンディングにも流れていたこの歌のオリジナル・ヴァージョンを、ぜひこの機会に多くの人に聴いてほしい。

 その後に出たのが、「僕の古い友達」。前2作のようなこれという超目玉曲はない代わりに、どれもいい曲ばかりで、アルバム全体の出来としては一番である。ポップで聴きやすく、温かい人柄も感じられ、斉藤哲夫の最高傑作と言っていいと思う。

 その後別の会社に移籍して2枚ほど出たが、それは今CDでの入手が難しいようだ。その後は、彼の曲でない「今の君はピカピカに光って」でちょっと話題になった以外は、あまり噂を聞くこともなくなっていった。実家の食堂を手伝っていたという話もあるが、ライブ活動などそれなりに地道に活動していたのだろう。今回の出演で、少しでも彼が再評価されるなら嬉しい。

 以上、入手できる代表作を並べてみたが、今調べてみたら、まずまずの選曲のベスト盤も出ているようだ。それ1枚ですませるという手もあるだろう。でも、それに漏れた曲にもいいものが多いので、できたらやはりオリジナル・アルバムを買うことをお薦めする。

 さて、久しぶりに斉藤哲夫を聴こうかなと思ったら、無い。LPが水害で全部だめになってしまっていたのだった。今回のテレビで、全部CDで買い戻すことに決めた。
試聴サイト

by pororompa | 2007-01-04 21:22 | こころの糧 | Trackback(1) | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 「レコード・コレクターズ」 semスキン用のアイコン02

  

2007年 01月 02日

e0006692_17582352.jpg 年末に古本屋で「レコード・コレクターズ」のバックナンバーを何冊か買った。

 この雑誌は創刊号から1995年ぐらいまでずっと買っていた雑誌で、よく引っ張り出して見ることが多いのでいつも本棚の取り出しやすい所に並べている。創刊されたのは1982年の春、ちょうどぼくが就職した年だった。写真の創刊号は表紙に「1981」と間違って記載されているが、82年である。創刊者の音楽評論家中村とうよう氏は実を言うとあまり好きではなかったが、古いジャズとその周辺のヴォーカルを中心に特集が組まれていて、ぼくの興味の対象と重なるので毎月買っていた。今インターネットで調べてみると、この創刊号に1万円の値を付けている店もあるようだが、もちろん手放す気はない。

 当時は少年サッカーの指導に熱中し、音楽からは離れた時代だったのだが、それでもこの雑誌は職場に出入りする書店に頼んで届けてもらっていた。途中1987年頃から、さすがに売れなかったのかロックやポップス寄りに編集方針が変わった。興味のない特集も多かったが、どうしようかと思いながらそのまま買い続け、書店もないような僻地勤務になっても買い続けた。1995年までは全巻揃っていると言いたいのだが、1990年の12月号、ジョン・レノン特集だけなくしている。

 1996年の1月号を最後に毎月買うのをやめた。あまりにも興味とかけ離れた特集ばかり続いたのが原因だった。その後は興味のありそうな特集の時だけパラパラと買っている。

 それでもこの雑誌、買った時は興味なくても、後から興味が出てじっくり読んだりすることが過去何度もあった。手頃な大きさで扱いやすく、背表紙に目立つゴチックでミュージシャンの名を並べていて、すぐ手にとって調べやすいように作られている。資料として扱うのに大変便利な雑誌だ。やはり買い続けるべきだったかなという気が今はしている。時々古本屋で見かけると、少しずつ買い足している。

 だぶって買わないように、96年以降のバックナンバーのリストを作ってみた。それを車の中に入れておこうと思う。

by pororompa | 2007-01-02 18:42 | こころの糧 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 浦和の時代 《全日本選手権決勝 浦和1-0鹿島》 semスキン用のアイコン02

  

2007年 01月 02日

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
新年明けましておめでとうございます。
週に一、二度書き込んでいきますので、今年もたまに覗いてやってください。
書き込みも歓迎です。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
e0006692_11205490.jpg サッカー好きの正月はまずこれから始まる。今年は珍しく順当なカードだ。鹿島・磐田の時代が終わって、レッズ・ガンバの2強の時代になってきたのかなという気もする。

 試合開始から予想通りガンバが押しまくる展開である。メンバーが揃えばレッズの方が上だとは思うのだが、けが人が多いレッズは劣勢が予想されていた。欠場が噂されていた鈴木も山田も出てはいるが、いつもの勢いがない。中盤で競り負けて防戦一方の展開が続く。しかしそこはリーグのチャンピオン・チーム、なかなかゴールは許さない。

 こういう展開になってくると、俄然目立ってくるのがゴール・キーパーだ。レッズのGKは普段は控えの都築。いや、本当はこの人が正キーパーだったのだが、控えだった山岸が日本代表になったあたりから立場が逆転していた。力の差はそれほどないのだろうが、二人使うわけにはいかないポジション、力はあっても全く出れないGKもいっぱいいるのだろうなと思う。レッズのブッフバルト監督は、この大会のGKを全部都築に任せていた。やる気を感じていただろう。うまい使い方だなと思う。

 おまけに都築は、元はガンバの選手だった。レッズに来たのは、西野監督との軋轢があったからだと噂されている。それが事実なら、燃えないはずがない。この大一番で何としても見返してやりたいだろう。よく、負けている方のキーパーがシュートを雨霰と受けている内にだんだん調子が出てきて、スーパーセーブを連発することがある。この日の都築がそうだった。トゥーリオも坪井もいない中、ガンバはレッズの3倍ものシュートを浴びせたが、とうとうゴールを割らせなかった。この日のマン・オブ・ザ・マッチを選ぶなら都築だろう。

 試合は、延長かなという雰囲気が漂い始めた頃、普段は控えの控えに甘んじている岡野が相手の裏に飛び出してゴール前に転がした。それを、これも普段控えの永井がシュート。止めたかなと思ったが、GKの手を弾いてころころとゴールに転がった。これで勝負あり。

 なるほど浦和は層が厚い。層が厚いということは、優れた選手がくすぶっているということでもある。そのくすぶっている選手が中心になって勝ち取ったこの優勝。単にタイトルが一つ増えたというだけでなしに、チームの雰囲気を高めるという点でも大きなものがあったのではないかと思う。

by pororompa | 2007-01-02 12:13 | TVサッカー観戦記 | Trackback | Comments(0)