ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:音盤的日々( 332 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 347】大滝詠一/NIAGARA MOON semスキン用のアイコン02

  

2014年 01月 04日

e0006692_21372981.jpg 年が明けておめでたいわけだが、どうも年末に急死した大滝詠一のことがまだ頭に残っている。心の中がどこかまだ「喪中」なのだ。

 大滝がこの世を去ったちょうどその頃、我が家の息子と娘が何年かぶりに揃って、みんなでカラオケに興じていた。子どもたちが小さい頃から、大滝の主な曲は耳に刷り込み状態で聞かせていたので、子どもたちも歌えるのだ。特に息子は大滝のナンバーを得意としている。それは「ロン・バケ」にとどまらない。はっぴいえんどから始まって、ファースト・アルバムの「大滝詠一」や、この「NIAGARA MOON」も当然含んでいる。

 大滝の最高作品はファーストだと思っているけれど、この「NIAGARA MOON」もほんとによく聴いた。特に好きだったのが、「恋はメレンゲ」「夢中」「楽しい夜更かし」、どれも学生時代のテーマソングのようなものだ。そして、初めてテレビで耳にした時その斬新さにぶったまげた三ツ矢サイダーのCMソング集「CIDER '73'74'75」も、このアルバムに収められていた。

 大滝自身が、これに「ロン・バケ」を入れて自ら「3大名盤」と呼んでいたが、寡作で有名な大滝も、この3枚を残したからこそ永遠に名前が残った。その中でこのアルバムは、他の2枚とは毛色が違う。大滝言うところの「ノベルティ・ソング集」で、変てこでかっこよく、ふざけていながら粋な歌が、立て続けに飛び出してくる。詞も本人作が多く、より本人のカラーに近い作品かも知れない。この種の歌は「圧倒的なエネルギー」が必要で、「熱に浮かされた勢いで作る」から、「私にはもう不可能」と本人が述べていた。

 今回聴き直してみて、自分自身の歌作りにも深く影響を受けていると、改めて感じた。自分の歌を明るく彩っているのは、大滝に、特にこの作品などに影響された部分のようだ。

 松本隆は、葬儀の後、「ぼくらが灰になって消滅しても、残した作品たちは永遠に不死だね」と追悼の言葉を残したという。盟友の死を前にしての実感だろう。追悼大滝詠一。早過ぎる死が残念だ。
e0006692_2217113.gif

by pororompa | 2014-01-04 22:35 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 346】ELLA FITZGERALD / THE WAR YEARS semスキン用のアイコン02

  

2013年 12月 01日

e0006692_1643459.jpg 退屈な日曜の午後、借りてきた山下洋輔のエッセイでも読もうかとした時、BGMにかけたこの盤に引き留められた。物理的によい音という訳では決してない、しかし温かい響きで部屋を満たしたその歌は、優れた演奏がそうであるように聞き流しを許さなかった。

 ずいぶん昔に買った盤だ。デッカのエラの戦前、戦中の録音。ジャケットを手に取ると、輸入盤だから英文だけれど、丁寧なディスコグラフィが付いている。オーリン・キープニューズが再発のプロデュースをしたものだ。その辺りも関係しているのか知らないが、すうっと引き込まれて聴き続けることができる。

 2枚組だが、すっかりいい気持ちになって2枚目も聴いた。ルイとの共演だとか、コーラス・グループとの共演など、他の盤で聴き慣れた曲もある。やはりデッカ時代のエラは輝いている。後のヴァーヴ時代のエラ時代にない何かがある。勢いというか。でも、ま、しゃあないわな。若いわけだから。若さには勝てん。

 さすが本家本元からの発売なだけに、音はほんといい。あるいはこれも、キープニューズさんのがんばり?。こういうリイッシュー、少しぐらいダブってもいいから、もっと欲しい。

e0006692_1783986.gif

by pororompa | 2013-12-01 17:07 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 345】THELONIOUS MONK QUARTET / MISTERIOSO semスキン用のアイコン02

  

2013年 11月 04日

e0006692_13135524.jpg 3日も休んで体力があるので、ジャズの元気なのを大きな音で聴いた。これはモンクの中ではかなり気に入っている作品だ。

 ざわめきの中から「ナッティ」のイントロが聞こえてくる。ジャズ・クラブの空気感がいい。やがてジョニー・グリフィンのテナーが歌い出す。淀みなく、朗々とした響きだ。淀みのあるモンクのピアノが、突っかかり引っかかりしながらそれに続く。

 モンクのリーダー作ではあるが、ワン・ホーンだからどうしてもホーンが目立つ。この作品を聴いてグリフィンという人を見直した。全編にわたって吹きまくるグリフィンのテナーを聴くアルバムでもあると思う。

 だからと言って、誰のリーダー作か分からなくなることはない。曲は1曲を除いて全部モンクの曲だ。隅々に渡ってモンク・ワールドが展開される。それにしても、「共演者泣かせ」と言われるモンクとやって、何の違和感もなく、また変な遠慮もなく、モンクの曲のよさを十分に理解してバリバリと自信に溢れたソロを吹くグリフィンは、やはり大物ホーン奏者の一人なのだなあという感じだ。

 時々左スピーカーのグリフィンの辺りから、ソロの合いの手のようにうなり声が聞こえる。サックス・ソロの合間にうなるのは変だから、ドラムのロイ・ヘインズだろうか。会場もかなりうるさく、5曲目でモンクがソロで静かにバラードを弾いている時に、客が声高に騒いでいるのが残念だ。

 この作品はジャケットもいい。同じ時の録音の「In Action」の方が先に出て、こちらの方が続編だそうだが、こちらの方が値打ちがあるように見える。と言っても、「In Action」の方はまだ未聴なのだった。

e0006692_13141925.gif

by pororompa | 2013-11-04 13:52 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 344】DINO SALUZZI,ANTHONY COX & DAVID FRIEDMAN / RIOS semスキン用のアイコン02

  

2013年 10月 27日

e0006692_16494270.jpg アコーディオンに木琴とくれば、勤務先の4年生が音楽の発表会に向けて取り組んでいる、慣れない楽器群だ。いや、ここで聴かれるのは正しくはバンドネオンにマリンバ、そしてベースのトリオによる即興音楽である。

 このアルバムを知ったのは、時々覗く、「山帽子」さんという方の「満天ジャズCD倶楽部」というジャズ・ブログだった。買い求めて聴いてみると、正に書かれていた通りの音楽であった。黒人音楽をルーツに持つ伝統的なジャズの色はあまりないが、躍動的なリズムに乗って即興が紡がれていく様は、やはりある種のジャズかなという感じはする。というより、現代の即興音楽は全てジャズの中に取り込まれていくしかないのだろう。

 初めて聴いたとき、どこかよそよそしさとともに、矛盾するようだが、ある種の親しさも感じさせた。ジャズには珍しい楽器なので調べてみると、聞き慣れないバンドネオン奏者はやはりタンゴの人であった。と言っても伝統的なタンゴではなく、ピアソラの流れを引くモダンな奏者という話だが、もう少し人なつこい感じがした。

 それは俗な表現で言えば「哀愁」ということになるのだろう。躍動的なリズムに乗って即興が紡がれても、そこに奏者の技の見せびらかしや独りよがりの暴走はなく、民謡調のメロディが現れては消えして、秋の冷気に溶け込むように漂う。

 それでもどこか、冷たいよそよそしさを感じていたのだが、今日は前に聴いた時よりもすっと入ってきた。それは多分この季節のせいなのだろう。幸せではあるけれども、どこか寂しい秋の休日を過ごす勤め人の心を慰め、時には刺激した。「秋深き隣は何をする人ぞ」の音楽である、これは。

e0006692_17262691.gif

by pororompa | 2013-10-27 17:27 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 343】MEL TORME / SINGS SUNDAY IN NEW YORK semスキン用のアイコン02

  

2013年 10月 15日

e0006692_1725839.jpg 連休も今日で終わりなので、少しばかり仕事もした。さすがに秋である。日が暮れるのが早い。

 いろいろ聴いても、なかなか感じるのがない。クラシックを聴いたり、あれこれ取っ替え引っ替え…。その中でこのメル・トーメの「ニューヨークの休日」が、秋の夕暮れ時に似合った。

 これはLPを立て続けに買って外ればっかりだった時に、わりと印象がよかった盤だ。それほど好きな人じゃないし、昔から聴いてきた人でもないけど、これはなんか作りがいい。趣味がいいというのかな。まとまりもあるし、変化もある。盤質もいいのに当たった。ジャケットも品がよい。

 初めの「ニューヨークの秋」や「バードランドの子守歌」なんかが流れている内はそれでもよかったんだが、聴き進む内に、何か違うかなという感じもしてくる。軽薄の一歩手前というか、バタバタと元気のいいところも見せようとする。

 ただ、編曲家を3人使っているのは変化を付けるにはよかったかもしれない。ストリングスも効果的に添えられて、聴き飽きないように工夫してあるように思う。それで最後まで聴き通せた。

 まあ、作品のできは四つ星程度だろうけど、何かプラスアルファの惹かれるものを持つ佳品という感じかな。

e0006692_17533254.gif 

by pororompa | 2013-10-15 17:57 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 342】ART FARMER / ON THE ROAD semスキン用のアイコン02

  

2013年 10月 12日

e0006692_1773984.jpg ずいぶん更新しない間にもう秋だ。けれども、暑かった今年の夏は秋になってもいつまでも居座っているようだ。10月とは思えない。

 運動会も終わり、1学期も終わって、今年度のハーフ・タイム。年に一度の平和コンサート出演もうまくいって、ほっとしている。ずっと買ったままだったこのLPを、やっと聴いた。

 新品ということだった。「同様」ではなくて、「新品未開封」だそうである。昔の売れ残りか何かなのだろう。針を落としてみる。確かにノイズのないクリアーな音が流れ出した。

 ’70年代のコンテンポラリー。このジャケットは懐かしい。町角でたばこを片手に微笑むアート・ファーマー。学生時代にジャズ喫茶で流れていた。それほど話題になった作品ではなかったが。

 いや、話題にはそこそこなったかもしれない。アートはアートでも、麻薬地獄から帰ってきたあのアート・ペッパーが客演していたからだ。そして、そのプレイは、何かが欠けていた。昔誰もが魅了されたあのペッパーではなかった。そんなこともあってか、それほどもてはやされなかった作品と記憶している。

 今の耳で聴き直してみる。再起後のアート・ペッパーは別の人だ思うことにする。そんな思いで聴き直すと、なかなかよい。そして主役のファーマーはいつもの通りのファーマーである。温かいフリューゲル・ホーンの音色が好ましい。

 '50年代に比べたら洗練されたスタイルに変わったハンプトン・ホーズも、さりげなく好演している。ファーマーとふたりでやる「My Funny Valentine」が聞き物だ。続いて流れる「Namely You」、この曲のよさを再認識した。全体に選曲もよい。ベースがレイ・ブラウンで全体を引き締めている。

 本当に何十年ぶりに、新品のLPのわくわく感を味わった。
e0006692_17421241.gif

by pororompa | 2013-10-12 17:44 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 341】OTIS REDDING / SINGS SOUL BALLADS semスキン用のアイコン02

  

2013年 09月 01日

e0006692_17185298.jpg 明日からまた学校が始まる。月曜からだから、子どもも我々教員もきついことだろう。

 さて、夏も終わりだし、今日は庭で焼肉でもしようか。と思ったらあいにくの雨だ。これだけ降らなかった夏なのに、皮肉なことだ。

 オーティスはLPで聴いた方がいいんじゃなかろうか。ずいぶん前から持っていたCDだが、あまりいいと思ったことはない。ふと今日思った。アナログなら印象が違うんじゃないかと。

 今日はエアコン無しで過ごせた。このひと月、ほとんど飲まなかったホット・コーヒーと、湿った空気をかき回す扇風機。分厚く雲がのしかかり、朝から外が薄暗い。夕方かと思っていたら、まだ昼が残っていた。

 明日の仕込みを終えて、ほっとした部屋に、粘っこいオーティスの歌が流れる。今日の気分には悪くない。ジャズもいいけど、何か「歌」が聴きたかったからね。なかなかいいよ。でも聴き終わった後残るのは「カム・トゥ・ミー」ぐらいかなあ。

 バックの音が生々しくないんだよね。加工されたような感じで。やっぱりアナログで聴いてみるべきか。

e0006692_1741862.gif

by pororompa | 2013-09-01 17:45 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 340】ART FARMER / MODERN ART semスキン用のアイコン02

  

2013年 08月 25日

e0006692_16544723.jpg 何をする気も起きない暑い暑い夏だった。連日35度だもんなあ。今日は朝から学校の奉仕作業だったけど、曇っていたし、そう暑く感じなかったからよかった。30度ならまだ涼しいと感じる。

 盆には気になっていたPCの不調を何とかするために、OSの再インストールを行った。メールの一部と最近のメールアドレスを消してしまったけど、その程度の失敗で終わってよかった。

 今日は、夏の最後の休みみたいなものだし、頼まれていたジャズの原稿もあったから、一日ジャズを聴こうと決める。それもわりと元気のいいやつだ。

 あらためてLPで聴いてみて、やはりこの「モダン・アート」はアート・ファーマーの最高傑作だと思った。ビル・エバンスについては、まだ駆け出しの頃だし、前はあまり何も思わなかったけど、今日聴いたら、全体をびしっと引き締めてると分かった。このアルバムの、タイトというか、どこか引き締まった感じは、エバンスの持ち味だったのかな。

 音がいいよね。UAっていうレーベルは、数も少ないしジャズ界ではあまり騒がれないけど、何かいい印象がある。「バグズ・オパス」とかね。「アンダー・カレント」もそうだし。またLPがんばって買おうかという気にもなる。

 選曲もいいよね。バラード、ミディアム、うまく配分されている。その中で「ジュビレイション」がアクセントになっていて印象的だ。

 アンサンブルがいかにもゴルソン節だなあと思って聴いていたら、「ゴルソン編曲」となっているのは1曲だけで、ほとんどは「ファーマー編曲」とわざわざ書いてある。へええ、そうなんだ。でも、編曲者の書いてない「ジュビレイション」なんかのこの響きは、どう見ても「ゴルソン・ハーモニー」だよなあ。

 裏に小さい文字でびっしり書いてあるナット・ヘントフのライナーが読みたい。まだ人生は長いし、退職したら英語を学び直そうかなあ。

e0006692_1723356.gif

by pororompa | 2013-08-25 17:22 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 339】渡辺貞夫 / CALIFORNIA SHOWER semスキン用のアイコン02

  

2013年 07月 15日

e0006692_11514344.jpg 懐かしい。

 「フュージョン」と呼ばれる音楽が大嫌いだったぼくも、ナベサダのこの「カリフォルニア・シャワー」は好きだった。買って聴くほどではなかったが、巷ではよくこのメロディが流れていた。

 それでもこのLPは、35年前に手にしていたかもしれなかった。名古屋のジャズ喫茶「尾張屋」に通い始めた頃だった。何かの企画で曲名を当てる問題が出された。エリック・ドルフィーの有名なファイブ・スポットのライブ盤から、フルートの曲が流れた。「ライク・サムワン・イン・ラブ」。その曲名が頭に浮かんだが、もう一つ自信がなかった。手を挙げる人はいなかった。正解者に用意されていたのが、この「カリフォルニア・シャワー」のLPだった。マスターが、このジャケットを掲げた時の「惜しかった」という気持ちを鮮明に覚えている。

 その後、ぼくがこのLPを手にすることはなかった。もう一つ魅力が足りなかったのかもしれないが、何か悔しかったのもあると思う。今、35年の時を超えて、このLPがぼくの手元にある。6月に「ヤフオク」で手に入れた。まさか再び、針音でこのメロディを聴く日が来るとは思わなかった。

 この曲を聴くと、ジャズとはやはりかけ離れていると思う。むしろ、ハーブ・アルパートとかああいうインスト・ポップスに近い。メロディもアドリブも、ドレミファソラシドだ。この人の曲は案外そんなのが多い。でもそれも悪くはない。この人がパーカーを吹くより、こういう明るく単純な曲の方が、正直に言って魅力的だし、資質に合っていた気がする。本人もそれを感じていたのだろうか。

 この曲以外は、まあそれ風の、可もなく不可もない曲が並ぶが、その場面に嵌れば引き立つ曲なのかもしれない。運転中とかね。今日のような35℃もあるような休日に、エアコンの部屋に引きこもって聴くのも悪くはない。思い出の分を星半分加味しておこう。

e0006692_1234302.gif

by pororompa | 2013-07-15 12:34 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 338】ART FARMER / PORTRAIT OF ART FARMER semスキン用のアイコン02

  

2013年 06月 30日

e0006692_16241972.jpg 今日はサッカーの応援に行けなかったが、久しぶりに勝ったようだ。ホームでの勝ち試合を見逃したのは残念だが、自分主催の集会の宣伝が遅れていたので仕方ない。

 「外れ」ばかりで気持ちがめげかけているLP買いだが、これはまあ、どちらかと言えば「当たり」の部類か。あまり話題になることはない地味な作品だが、もともとが地味な持ち味の人なので、この淡々とした味わいは好ましくさえある。

 地味さの一翼を担っているのはピアノのハンク・ジョーンズ。この人のトリオに「グレート」の名前をかぶせて売った日本のレコード会社の商魂もずいぶんだったが、そうでもしなければ売れ線に仕立て上げることは難しかろうとは思う。

 録音は1958年で、後にフリューゲル・ホーンに専念するアートも、ここではまだトランペットを吹いている。決して耳障りな音を出さず、バラードもアップテンポも破綻なく吹ききっていく。この時代のコンテンポラリーらしく、音もいい。

 ライナーが、英文ライナーの日本訳で、曲毎に本人の解説が付いているのはうれしかった。ライナーの日本訳には、今なら翻訳ソフトにでもかけたのではないと思うような支離滅裂の迷訳もあるが、これはしっかりした訳だ。選曲の訳や、自作の解説、曲の魅力などについて語っていて、語り口には人柄もしのばれた。

 自作のブルースがやや落ちるが、バラードはもちろんいいし、「ステイブルメイツ」や「バイ・マイセルフ」などの得意曲もうまく散らしてあって、楽しめる作品である。
e0006692_15591079.gif

by pororompa | 2013-06-30 16:22 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)