ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 カテゴリ:音盤的日々( 333 ) semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々388】FRIEDRICH GULDA / GULDA NON STOP semスキン用のアイコン02

  

2017年 05月 07日

e0006692_18180405.jpg  毎年の庭の作業が、雨でさっぱり進まない連休だった。こんな年は記憶にない。特に、用事が入っていない最初の三日間は、家人も休みだったのでもったいなかった。雨の中、休息に熟れてきたサクランボが落ちるのを窓辺で眺めていた。仕方がないので、居間のテレビで見られるようにしたDAZNで、Jリーグの緩い試合を呆然と見たりした。

 そうそう、連休に聴こうと思って頼んでおいたCDは早々と届いていたのだった。そう思ってこれをかける。「何で買ったの」系の一枚だが、このグルダは面白かった。
 
 最近ジャンルというものが自分の中でぐちゃぐちゃになっているが、これなんかもジャンル分けに入らない感じだ。いや、ショパンだのドビュッシーだのやっているので、クラシックと言えばクラシックなんだが、作りというか、構えがノンジャンルなのだ。

 ジャズもやる人だというのは知っていた。わりと真剣にやった人らしい。ここではやっていないけど、柔軟な感性は感じる。呟き声のように始まる「亜麻色の髪の乙女」とかいいな。そうかと思うと、ピアノを全部鳴らし切るような圧倒的な迫力も見せる。緩急、曲のうまい組み合わせで、飽きない。最後までスムーズに流れていく。

 音楽がよく分かっているピアノ弾きの、自在で気まぐれな演奏会という趣だ。キースのソロとか聴くぐらいなら、ぼくはこっちの方がいいな。
e0006692_18185333.gif 

by pororompa | 2017-05-07 18:49 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々387】KENNY BURRELL / GUITAR FORMS semスキン用のアイコン02

  

2017年 04月 02日

e0006692_21425489.jpg 2017年4月1日、この日は本来ならどういう日であっただろうか。その日の朝に目覚めて、ぼくはどういう気分でいただろうか。

 そんなことを思いながら昨日を過ごした。けれども、ともかくも教員を続けることを決めたぼくには、いつもの年度替わりだった。違っていたのは転勤したことぐらいだ。

 いや、そうではなく、「退職」という看板は意外に重みを持っていたのかも知れない。離任式や送別会でいただいたお祝いやお別れの言葉は、何十年分もあるのではないかと思うほどだった。その中には、少なからず「退職祝い」も入っていたのだろう。思いがけず息子や娘からもあらたまったお祝いのメールをもらった。

 そんな温かい夢のような祝福に包まれて、ぼくは残った仕事をした。前任校の6年間溜った荷物を片付けるのは予想以上に大仕事だったけれど、たくさんの、特に教えた子どもたちからの温かい手紙を読んで半ば夢心地で働いたので、苦痛はなかった。「報われようとしてはいけない」を肝に銘じ続けてきたこの仕事だが、今ばかりは「報われたような幸せ」に浸っていよう。

 今日は完全オフを決め込んで、そう言えば届いたまま未開封になっていたジャズのCDを開けた。ケニー・バレル。好きなギタリストの一人だ。

 いろいろなフォームで取り組むという趣向のようだ。クリード・テイラーの臭いがするからあんまり近づかなかった作品の一つだが、これはそう酷くない。本人の意向で始めた企画だということだ。中にいい曲もある。いつにない傾向のアプローチが新鮮だ。アコースティックを弾かせてもうまい人だということが分かる。「グリーン・スリーブズ」が瑞々しい。⑧のバラードも聴かせる。

 さあ、新しい出会いに期待しよう。シャッフルは終わった。こんどはどんな手か。元気は十分だ。
e0006692_22103881.gif

by pororompa | 2017-04-02 22:12 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々386】ART PEPPER / MEETS THE RHYTHM SECTION semスキン用のアイコン02

  

2017年 02月 18日

e0006692_17233115.jpg 年度末を飾る学級の子どもたちの発表会も大成功に終わり、今日はゆっくり休んだ。久々に大音響でジャズでも聴くとしよう。

 ジャズの有名盤は大概書き尽くしたと思っていたが、これはまだだった。内容だけでなく音質の良さでも知られる作品だけに、LPで聴きたいところだが、先日買ってきたCDがあったのでそれをかけることにする。

 それはバーゲンで叩き売りされていたレンタル落ちCDだ。べたべたと貼り付けられた汚らしいシールが何とも哀れである。だが音は普通にいい。「20bitK2」などと謳い文句がある。ただ、気のせいか曲の最後の方が余韻なくすっと切られている感じがする。こんなのだったっけ。

 中身についてはいまさらご託を並べる余地ない名盤だが、今日は特に「イマジネーション」に聴き入った。有名な1曲目の「 ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」以外では、これが好きだな。LPではB面最後の「バークス・ワークス」もいい。

 LPには入っていないボーナス・トラックの「ザ・マン・アイ・ラヴ 」を聴いていたら、壁ドンをされたような気がして途中で止めた。多分フィリー・ジョーのバスドラだったのだろう。この曲も悪くはないが、オリジナルから省かれたのは分からんでもない。まあ長さの関係もあるだろうけど、作品全体のバランスかな。長けりゃいいってもんじゃないのは、これまでのいろんな盤のボーナス・トラックが証明している。

 最後が興醒めだったが、久しぶりに聴いて名盤であることを再認識。

e0006692_17571786.gif

by pororompa | 2017-02-18 18:06 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々385】CHARLES MINGUS / MINGUS AT ANTIBES semスキン用のアイコン02

  

2017年 01月 15日

e0006692_1631955.jpg 今時60過ぎでドルフィーとかコルトレーンとか大音量で聴いてる人、どれぐらいいるんだろうか。いや若くてもきついだろう。その場にいて興奮を分かち合ってでもいない限り。でなけりゃ休養十分で、元気がある時か。

 正月休みがたっぷりあった今年は、十分休養できた。そのおかげで休み明けの第1週もさして苦もなく乗り切れたような気がする。買ったまま放っておいたこのミンガスのライブ盤も、聴こうという気になった。

 壮絶だ。だがうるさくはない。騒々しいだけの音楽ではない。ミンガスの音楽は、唐突に叫び出すのではなく、ちゃんと歌があり、味わいのある節回しがあり、それが繰り返され、その結果として熱くなっていく。だから体力さえあれば、一緒に熱くなっていける。

 1960年の録音だというが、音はいい。ドルフィーは、熱くなりながらもどこかクールで外さない。ブッカー・アーヴィンは節回しの部分で多くを担っている。テッド・カーソンは元気溌溂。御大はいつもの如くブンブン唸る硬派のベース。たまに弾く知的な感じのピアノ。そしてダニー・リッチモンドの燃えようが凄い。

 1曲だけ出てくるバド・パウエルはまさにスペシャル・ゲスト。居なきゃ居なくてよかったってのはちと言い過ぎだけど、やはり「花を添えた」程度の存在でしかない。でも、確実に花は添えている。腐っても鯛。

 60過ぎてこのへヴィな音の波で興奮できるのは幸せなこと。いつまでもこの気分を失いたくないものだ。
e0006692_16592892.gif

by pororompa | 2017-01-15 16:59 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々384】BLOSSOM DEARIE / GIVE HIM THE OOH-LA-LA semスキン用のアイコン02

  

2016年 12月 28日

e0006692_17244985.jpg 恒例の九民研も終わり、学級児童への年賀状も投函して、かなりリラックスした気分だ。明日からは息子と娘が帰って来る。

 この前買ったブロッサム・ディアリーがよかったので、そう言えば前に買ったのがあったなと思いこれを出して聴き直してみた。なかなかいい。

 前に聴いた時はあんまりいいと思わなかったんだが、そしてそういう第一印象が後で覆ることはあんまりないんだが、今日はとても良く聴こえる。くり返し聴いてみた。

 この人のウリはもちろんこの声だ。これがプラスばかりでなく、マイナスにもなるんだろう。ジャズだからね。かわいい声が合うとは限らない。

 一つ言えるのは圧迫感がないのかな。押しつけがましくないからくり返し聴ける。そしてこの声に聴き慣れてみると、自分で弾くピアノも含めてこの人の「才」の部分がじわっと分かってくる。アレンジや選曲なんかも含めてね。

 ブロッサム・ディアリー、いいね。あと1枚買おうかなと思った。

e0006692_17471979.gif

by pororompa | 2016-12-28 17:47 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々383】NEIL YOUNG / SLEEPS WITH ANGELS semスキン用のアイコン02

  

2016年 11月 23日

e0006692_10323165.jpg 日曜参観を挟んだので、飛び石状態が繰り返されて変な気分だ。

 一昨日の休日は、職場のバンド演奏の後だったので、久しぶりにギターを弾く楽しさを感じ、ロックのライブ演奏の動画ばかり見ていた。ニール・ヤングもその一つだが、そのステージで演奏されていた曲に聴き覚えがあった。棚から引っ張り出してみると、このアルバムからの曲だった。

 暗いアルバムである。エレクトリックだが、全体に陰鬱な感じなのだ。自死したカート・コバーンが関係しているらしい。ニルヴァーナについてはよく知らないが、遺書に自分の歌を引用されて強い衝撃を受けた話は有名だ。「この中の曲はほとんどがその前にできていたから考え過ぎ」という意見もあるが、ぼくはやはり追悼のアルバムだと思う。

 まず、ニールという人はそういう人である。過去に「TONIGHT'S THE NIGHT」の例もある。そして何より、この作品全体に流れているトーンが、レクイエムそのものである。そうとしか思えない。それに、タイトルがもろにそうだ。カートが書き残したというニールの言葉「Rust Never Sleeps」を連想させずにはおかない。

 そんな気持ちで聴いていくと、「Too late! Too soon!」と繰り返されるフレーズが沁みてくる。カートの死より前にすでにできていたと言われる「Change your mind」さえも、この中ではどうしても無関係とは捉えられない。

 ニールは残念でたまらなかったのだろう。若い、愚かな過ちを止めたかったのだろう。そして、自分の言葉がまちがって受け取られていたことが悔しく、つらかったのだろう。彼は愚直なほどまっとうな生き方を叫び続ける人だ。

 ニールのステージでは、歌だけでなくギターのソロも出てくるが、あまり技術的に難しいのは弾かない。ハーモニカやピアノだってそうだ。「ヘタウマ」などとも呼ばれているが、でも全てのフレーズに共感できる。音楽としていいものだ。それで十分に人の心を動かせる。それでいいのだと教えてくれる。

e0006692_11143095.gif

by pororompa | 2016-11-23 11:22 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々382】KENNY BARRON TRIO / LIVE AT BRADLEY'S II semスキン用のアイコン02

  

2016年 11月 03日

e0006692_18493.jpg 心身ともにリラックスした休日だ。パソコンをスピーカーとスピーカーの中間に置いた。狭い部屋なのでいろんな事情でそういう配置にはならないのだが、一度やってみたかったのだ。

 もちろん、音楽を聴くにはこれは変な聴き方で、ほんとはスピーカーと自分で作る三角形の頂点辺りで聴くべきらしい。それでも、音の中に頭を突っ込んで、音で周りを取り巻かれているようなこんな聴き方は好きだな。

 そんな状態でケニー・バロンの「ザ・モーメント」を聴いていたら素晴らしかったので、もっとバロンを聴こうと思って棚をあさったらこれが出てきた。ブラッドレーのライブ盤の第2集。これ、あんまり聴いてなかったな。1枚目はよく聴いたけど。あれは名盤だ。

 名盤の続編って、案外期待外れが多い。これも期待が強すぎたのだろうけど、出涸らしかなという印象だった。今日聴き直したら、そんなに悪くない。ただ、平穏な日常に急に聴くと、騒々しく感じる曲が多い。今日は聴く前に耳のウォームアップができていた。

 それでまあ今日から家人が娘の所に行って1人だもんだから、夕食は適当に冷凍うどんと納豆とビールですませることにして、演奏に頭突っ込んでうどん啜りながら聴いた。それなりに幸福感あり。このベン・ライリーってドラマー、ピアノ・トリオには悪くないね。

e0006692_1845792.gif

by pororompa | 2016-11-03 18:47 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々381】SARAH VAUGHAN / AT MISTER KELLY'S semスキン用のアイコン02

  

2016年 09月 20日

e0006692_17564656.jpg 夏に買ったジャズ・ボーカルのアルバムはどれもよかったが、これもその一つ。仕事中もかけていたが、採点のBGMにぴったりで捗った。

 サラ・ヴォーンは、例のクリフォード・ブラウンとやったの以外は持っていなかった。アクの強い歌い方があまり好きではないが、これはなかなかいい。淡々と進むライブ盤で、変に力んだりしない。1曲目からすっと入っていける。何気なく曲目を見たら、そうか「September in the rain」、「9月の雨」か。

 9月の雨どころか、大雨を降りまきながら夜中に通り過ぎた台風は、久しぶりに激しかった。起きてみると、それほど大きな被害はなかったが、県北の方はかなりの雨だったようだ。水に浸かったとかでテレビが映し出したのは、どうも友人のY先生の勤務校ではないかと思う。後片付けが大変だろう。我が家がやられた台風を思い出す。

 ボーナス・トラックが11曲も入ってる。オリジナル原盤よりおまけの方が多い。それがどれもできが悪くなく、どこからがおまけなのかよく分からないぐらいなのは見事だ。

 ずっと聴いていると、このアルバムがいいのは、バックのトリオがうまいからではないかと思い始めた。ピアノのジミー・ジョーンズという人は知らない名だが、歌伴の名手だという話だ。ベースはリチャード・デイヴィスにドラムはロイ・ヘインズ。ブラシが気持ちよく跳ねる。

 量でも稼いでいる点も含めて五つ星。

e0006692_18242919.gif

by pororompa | 2016-09-20 18:24 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々380】BOB MARLEY / KAYA semスキン用のアイコン02

  

2016年 08月 21日

e0006692_17571189.jpg 夏はやっぱりこれかな。暑い夏の午後、締め切った部屋で今年買ったエアコンを効かせて、大きな音でボブ・マーリーを聴いた。少しばかり心が満たされた気分だ。

 駄曲なしのこの充実した作品が、「Exodus」と同時期の録音なんだそうな。とても「残り物」という感じではない。怒濤の名曲連発。名盤そのものという感じだ。もう一方の「Exodus」も相当凄いから、何を作っても傑作ができるような創造性のピークにいたのかな。

 最初の3曲、この明る目の3曲がアルバムのカラーを決めている。この感じは好きだな。大きな音で聴くとまたよさが引き立つ。ズンと来るベース、歌に引き込むようなフィルインのスネアの音。バックのコーラスの絡みもいいし、じわっと流れているオルガンの響きもいい味を付けている。

 ③とともに⑤の「Satisfy My Soul」も ベスト盤「Legend」に選ばれているが、その他のどの曲もベスト盤に選ばれそうな曲ばかりだ。それに、テンポの変化もあり、短調の曲もうまく配してあって、飽きさせない。曲良し、録音良し、流れ良しだ。

 ⑦がやや弱いけれど、終わりの2曲がまたいい。特にラストの、太鼓が絡む「Time will tell」がいいな。余韻が残る。この終わり方は、「Burnin'」の「Rastaman Chant」を思い出す。

 1991年の「レコード・コレクターズ」誌、ボブ・マーリー特集号を開く。山の村にいた頃。ちょうどこの夏に見た家族ビデオの時代。ボブ・マーリーも、その頃よく聴いていた中の一つだ。子どもたちもこんな音楽に包まれて育ってきたんだな。「Time will tell」か…。確かに時が語ってくれた。思った通りのいい子達に育ってくれて幸せだ。

e0006692_1993439.gif

by pororompa | 2016-08-21 19:10 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々379】RY COODER / PARADISE AND LUNCH semスキン用のアイコン02

  

2016年 08月 13日

e0006692_13161668.jpg 帰省していた息子と娘がまた街へと戻り、ゆるやかな時間が流れている。今年は教育関係の集会にも参加してくれたりして、ひときわ印象に残る夏の帰省だった。家族を撮った古いビデオを大笑いしながら観たのもいい思い出になった。

 その古い動画の中で、ぼくがその頃聴いていた音楽が流れていた。このライ・クーダーに合わせて、幼い息子が踊る場面もあった。「刷り込みじゃ」と息子達は笑っていた。

 このアルバムは、「流れ者の物語」の次に出たアルバムで、出た当時はジャケットがあまり好きじゃなくて持っていなかったが、30才辺りからまたいろいろと音楽を聴き始めた中で買い求めたものだった。この辺りの一連のライの作品は、全て星5つの傑作だと思う。

 昔は好きじゃなかったこのジャケットも、今見直すとなかなかいい味を出してる。明るいイエローも、とぼけたようなライの表情やトロピカル・ドリンクも、アルバムのトーンに合っている。明るいアルバムだ。

 ラストにジャズ・ピアノの重鎮、アール・ハインズがゲストで出てくるが、この後「ジャズ」と題した作品を作ることを考えると、ライのその頃広げていたアンテナが想像できる。分厚い野郎コーラス隊もそうだ。これもこの後の「ライ・クーダー・ライブ」辺りに自然に繋がっていく。

 それからもちろん、たっぷり聴けるライのギターも最高だ。甘く温かい音色でマリンバが絡んでくる「Mexican Divorce」なんかを聴いていると、家に居ながらもリゾート気分に浸ることができる。
e0006692_15353327.gif

by pororompa | 2016-08-13 15:36 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)