ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 199】 ELLA FITZGERALD / ELLA SWINGS LIGHTLY semスキン用のアイコン02

  

2008年 11月 30日

e0006692_22462320.jpg 先週の休みは酷い気分で何もできずに引き籠もっていたが、今週は天気同様に調子が良く、金曜日の夜から、溜まっていた教育集会の文書作りに取りかかった。それが、中に会議を挟んで日曜の夜の今までだ。溜まっていた量が半端じゃない。さすがに疲れてきた。反動が恐いな。

 CDプレーヤーは相変わらず調子が悪い。だましだまし使っているが、あんまり聴く気が起きない。まだ新品といってもいいぐらいなのになあと思って腹が立つけれど、売っても二束三文だからすっぱり諦めて替わりのを探さなくてはならない。

 買ったまま忙しくて聴かなかった、ヘイゼルタインのトリオとラルフ・タウナーを聴いてみる。前者は期待外れ、後者はよさそうだが今の気分ではない。また今度聴き直そう。結局、この前聴いてよかったエラをかける。ウィスキー片手。風呂にはいるのが面倒だ。

 20曲も入ってる割に、地味なというかあんまり聴いたことのない曲が並んでいる。録音は1958年。ステレオ録音で、音は悪くない。伴奏はビッグ・バンドだ。マーティ・ペイチの編曲と指揮だからか、過剰にムーディでもなく、それほどやかましくもなく、程良くスウィングしている。なるほど、「スウィングス・ライトリー」、タイトルに偽りなしだ。1曲が短く、ジャズというよりもっと軽い売り方をされたのかも知れないが、歌手も指揮者も演奏しているものもみんなジャズの人だから、ジャズの旨味はちゃんと濃く付いている。

 知らない曲は多いけど、どれも悪くない。数少ない知っている曲の中では「ブルース・イン・ザ・ナイト」がいい。ただ、たまに出てくるブラスの叫びが今日はきついかな。エリス・ラーキンスのピアノだけで歌う「ソングズ・イン・ナ・メロウ・ムード」が聴きたくなった。でも今日は風呂入ってもう寝よう。

 などと思いながら聴いていると、終わり頃にはだんだん引きずり込まれて、疲れも感じなくなり聴き入ってしまった。「スウィングス・ライトリー」でも、ただ「ライトリー」なだけではない。やっぱエラは、凄いわ。
e0006692_231687.gif 

by pororompa | 2008-11-30 23:16 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/9105983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。