ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 190】 NEIL YOUNG / PRAIRIE WIND semスキン用のアイコン02

  

2008年 09月 28日

e0006692_15183380.jpg 一つのことに夢中になることがなくなってきたのはとしのせいであろう。聴く音楽への思い入れも薄くなっている。ジャズを聴いたかと思うと、フォークを聴いたり。昨日晩飯食いに出かける前は、ビング・クロスビーを聴いていた。

 だが、時代とともに音楽鑑賞の方法も変わるのか。大金を使わなくても、その瞬間だけでも濃厚な世界へと引き戻してくれる、そういう仕組みがすでにあったのである。DVD付きのこのアルバムで、映像の力を借りて、久しぶりに深い衝撃と感動を味わった。

 タワー・レコードでジャズの棚に欲しい物もなく、帰ろうとする直前にバーゲンの棚で見付けたのがこれだ。バーゲンで売られる物とは思えないが、DVD付きで高過ぎて売れ残ったのだろう。半額で買ってきた。

 1枚は普通のCDで、もう1枚がDVDになっている。これを映してみて驚いた。全曲のレコーディング風景が収められているのである。しかもプロジェクターでスクリーンに大写しにして、音もオーディオ装置に繋いだので、一気にスタジオにご招待だ。部屋は暗いし、画面は最高だし、音もいいし、その世界にいきなり引き込まれてしまう。シンプルな音楽だからついギターまで持ち出して弾いてしまった。恐れ多くも御大と「共演」している気分だ。
e0006692_19335088.jpg
 何か呼び覚まされるものがある。年令とともに忘れてしまったり捨ててしまったりした、あの感覚だ。血が騒ぐというやつだ。自ら老いていくことはない、感性を磨けと、最新のメディアをうまく使って還暦ロッカーがメッセージを送っている。

 この映像の助け無しにこの音楽だけ聴いても、聞き流してしまっただけかもしれない。全体は柔らかいアコースティック・サウンドで、曲もやや淡泊、昔のニール作品のようなインパクトには欠けると思えただろう。だがこの映像が、そんな聞き流しを拒否して、ニールの側まで連れて行ってくれる。

 DVDには、CDと同内容ながら高音質のオーディオまで付けてくれている。なるほど、これはCDの方がおまけだったのだ。新しい時代の音楽の聴き方を、ニールが示してくれたような気がする。
e0006692_1553342.gif

by pororompa | 2008-09-28 15:55 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/8679554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。