ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 182】 KENNY BURRELL / A NIGHT AT THE VANGUARD semスキン用のアイコン02

  

2008年 07月 27日

e0006692_2216519.jpg ケニー・バレルも大好きだ。ギター・トリオによるライブ盤。淡々と、静かに燃えていく。ろうそくの灯のように周りを、温かい、いい雰囲気にしてくれる。でも、触ると熱い。熱くスウィングしている。

 このジャケットのように部屋を暗くして聴いた。地球にはすまないが冷房も入れさせてもらおう。ビールはもう飲み干した。タバコはやめてもう25年経つが、時折吸いたくなる。こんな晩とかだ。ヒステリックなタバコ吸い叩きには加わりたくない。どこかから煙の臭いが流れてくる、「ちょい不健康」な空間は好きだ。

 「I'm a Fool to Want You」というバラードが流れ出す。これを聴く度に、日本の流行歌みたいな歌だと思う。実際こういう歌なかったっけ。題からしてそんな感じだ。直訳すれば「あなたが欲しいだけの馬鹿」。「わたしーはばかよー、あなたーを待つのー」、昔なら青江美奈とか歌っていそうだ。

 「恋は愚かというけれど」なんて邦題がすでに付いていて、ビリー・ホリデイなんぞがすでに歌っていたりするけれど、ケニー・バレルは歌謡曲っぽくしっとりとギターで歌ってくれる。そこがいい。

 ギター・トリオというフォーマットのせいか、ドラムが前に出てくる。誰だろうと見たら、ロイ・ヘインズだった。これはフォーマットというより、この人のスタイルか。でも、コンガとか使いたがるバレルのバックを、そんな雰囲気をドラムだけで出しながら、一人で持たせているのは、さすがと言う感じがする。

 一転してモンクの「Will You Need'nt」が鳴り出した。これが案外似合っている。アルバムのアクセントにもなっている。ヘインズもいっそう前に出て、インター・プレイが楽しいが、全体の雰囲気は壊さず上手に盛り上げる。

 客は終始静かだ。アメリカのライブはみんな客がはじけたり、聴いていなくて騒々しかったりするのかと思ったが、この時代に「ケニー・バレル・トリオ」を選んだ客は、静かに燃えたい客ばかりだったに違いない。

 久しぶりに聴いたけど、ケニー・バレルもいいな。試聴して、似た傾向の「Kenny Burrell / Round Midnight」を注文した。
e0006692_2331246.gif

by pororompa | 2008-07-27 22:54 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/8376202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。