ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 177】 LISA EKDAHL & PETER NORDAHL TRIO / WHEN DID YOU LEAVE HEAVEN semスキン用のアイコン02

  

2008年 06月 28日

e0006692_20295517.jpg どういう事情なのか知らないが、大手通販サイトAMAZONで、CDが極端に安くで出ていることがある。今度買おうと思いカゴに入れておくと、しばらくして「注文できません」になっていたりする。リサ・エクダールのボサノバを歌った盤がそうだったので、残念に思っていたところ、代わりにと言うようにこの盤が破格で出ていた。急いで注文したが、短期間でまた消えていたので正解だった。その買い逃したボサノバ盤も、次に安くなった時に注文したので、一気にこの人が3枚になってしまった。

 後のボサノバ盤の方ははまだ聴いていない。と言うのは、このジャズ・ボーカル盤が大変できがよかったので、しばらくは繰り返しこれを聴いていたからである。

 調べてみると、リサ・エクダールのジャズ物は2枚。出たのはこちらの方が先のようだ。今回は選曲も曲順もよい。アルバムはスロー・ブルースで始まる。ポップスでバラードから始まるのはあまりないが、ジャズでは珍しくない。前半は渋めのバラードとミディアム・テンポのスタンダードが並ぶが、3曲目の「Cry Me A River」が前半のハイライトか。後半は「The Boy Next Door」「I'm A Fool To Want You」「My Heart Belongs To Daddy」と、いかにもという感じのナンバーが立て続けに並ぶが、甘さと苦さが絶妙に混じり合ってなかなかよい。シリアスなジャズ演奏と、脱力しそうな子猫ちゃんボイスとのコントラストが、危ない味わいを醸し出して、癖になりそうだ。結局最後までスムーズに聴いてしまう。

 そして、ぼくが買ったアメリカ盤の方は、ボーナス曲として「It's Oh So Quiet」という曲が2曲、テンポを違えて中間と最後に加えてあるが、ラスト・ナンバーのワルツが素晴らしく雰囲気を出している。これを聴くと、また1曲目が聴きたくなり、それを繰り返していた。

 面白いのは、このアルバムも全く違ったジャケット・デザインで3種類出ていることだ。このデザインがそれほどいいとは思わないが、他の2枚は中身の雰囲気に合わない気がした。この声はアメリカでは受けなかったと言うし、人気が出たのもフランス辺りかららしいから、売る側もなかなか頭を悩ます人なのだろう。ジャズのアルバムはその後は出していないようだが、ちょっと惜しい気がする。

 前回、何だかんだ文句を言いながらも四つ星半を付けたから、やられてしまったこのアルバムには、やはり星五つを与えねばなるまい。
e0006692_2253258.gif

by pororompa | 2008-06-28 22:53 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/8212081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。