ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 172】 BING CROSBY / ANYTHING GOES semスキン用のアイコン02

  

2008年 05月 25日

e0006692_23224165.jpg 昨日とうって変わって気持ちのいい日だった。一日中、庭にいた。「27度の快楽」。そんな言葉が頭に浮かんだ。天然のクーラーである。先日買った大型の庭用パラソルはなかなか具合がいい。朝顔も伸びてきた。メダカも元気である。熟れたグミをつまみながら、夏の格好をして風に吹かれていた。

 快適な日は快適な声に身を任せたい。「声のイケメン」、ビング・クロスビー氏である。美声そのものである。シナトラみたいなイモと比べるなって。ええい、頭が高い、ここにおられる御方をどなたとココロエる、というぐらいの、まさに別格、深い豊かな声である。通販で買ったイギリスかどっかの、一見怪しげな安物CDであるが、音もよく選曲もよい。丁寧に作られていて捨てたものではない。「True Love」が流れて来た。懐かしいねえ。

 こんな音楽を学生時代に聴いていたぼくは、やはりどう見てもケンコーな若者にはほど遠かった。「覇気が無い」などと言われても、「その通りです」と言うしかない。薄暗い明かりの下で、ウイスキーを舐めながら、この甘い歌声にズブズブに浸っていたっけ。そんなビンクロだが、中年の明るく健康な庭遊びにもよく似合う。

 一日の終わりにもう一度聴き直した。やはりウイスキーにもよく似合う、心地よい歌声だ。
e0006692_23221335.gif

by pororompa | 2008-05-25 23:46 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/8008086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。