ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 141】 DIZZY GILLESPIE,SONNY STITT & STAN GETZ / FOR MUSICIANS ONLY semスキン用のアイコン02

  

2007年 11月 12日

e0006692_2232149.jpg 珍しい月曜日の更新だ。しかも「くつろぎ系」じゃない。バリバリのアドリブ・ソロの応酬だ。昨日B面聴いたら、何か眠っていた感覚を呼び覚まされるような強烈な揺さぶりがあった。今日裏返して残りを聴いてみた。

 とにかく「Dark Eyes」。「黒い瞳」だ。これが何とも凄い。高速でぶっ飛ばす哀愁。意味不明だが、とにかくそんな感じだ。ソロイスト3人が、持ち時間もたっぷりにアドリブからアドリブで勝負する。そんな中なのに曲の持つ哀感が浮き出てくる。スタン・ゲッツなんてイモだと思っていたが、勝負を挑まれたら受けて立つしかないとばかりに全力で泣き節を繰り出す。世界陸上の400mバトン・パスみたいにソロがスティットに渡ると、これまた待ってましたとばかりにぐいぐい走る。パーカーに比べられるような人だもの。そしてガレスピー。この人は軽く見られてるけどほんとにうまい。改めて実力を思い知らされる。そしてそれぞれのソロの裏で残りの二人が煽る音かすかに聴こえる。これがまたいい。

 最後の方で、いるかいないか分からなかったようなピアノが、短いソロを取る。火花散る掛け合いの中ではちょっと意外な感じのするジョン・ルイス。だが、昔からけっこうこういう場面に顔を出している人ではある。案外これが効いているのかも。単なるジャム・セッションで終わるところを、ちょっとした仕掛けをほどこしたりして、この人が引き締めているのかもしれないと思った。

 残りの3曲もいい。元気が出てくる。今週もがんばるかな。そんな気持ちになれる。
e0006692_22593966.gif

by pororompa | 2007-11-12 22:59 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/6780833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。