ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 133】 JAMES TAYLOR / OCTOBER ROAD semスキン用のアイコン02

  

2007年 10月 06日

e0006692_1203191.jpg ようやく一段落つき、久しぶりの休日らしい休日。届いたまま放置していたCDの包みの封を切った。

 ジェームス・テイラー「オクトーバー・ロード」。10月の休日に「10月の道」とはタイミングよすぎる。おまけに1曲目は「セプテンバー・グラス」だと。そういやあ先週は仕事と草刈りで過ぎたよな。もう10月か。さすがに涼しくなってきた。

 ジャケットがまた最高だ。ところがプラケースの上に「グラミーがどうだ・・・」とか「○○が入ってる」とか、醜悪なシールがべたべたが3枚も貼ってある。まずは剥ぐのに一苦労。困った輸入盤だ、お前らの国には「帯」なんちゅうのがねえのか、と悪態をつきつつ、トレイに乗せる。

 出てきたのは昔ながらのJTさんのスチール弦のギターの音。そうそう。この人はごてごて飾り立ててはいけないのです。このギターが半分はウリな訳だから。この期待感は最後まで裏切られず、アコースティックな感触で最後までいってくれた。このジャケットが期待させる雰囲気のままの音が入っていた。ただ、目玉曲がないというのもこの人らしいと言えばこの人らしい。やはり歌詞が分からないとこの人は本当には分からないのかも、今回も安さに負けて輸入盤にしたのは間違いだったかと、英語力の低さを嘆く。

 それでもCDが終わると、2回3回とまたスタート・ボタンを押していた。そういうアルバムはそんなにはないものだ。聴き飽きの来ない、そして聴く度に発見のありそうな、そんな期待の持てる、大人のための歌だ。
e0006692_12281784.gif

by pororompa | 2007-10-06 12:28 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/6579039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。