ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 132】 PAUL SIMON / GRACELAND semスキン用のアイコン02

  

2007年 09月 24日

e0006692_21403079.jpg こんなことをしている場合ではない。学期末なのだ。2学期制になったので、運動会が終わっても一息付けないのだ、この頃は。と言いつつ、ポール・サイモン。

 有名なこの「グレイスランド」だけど、ぼくにとっては今回が初入手。もっとも、発売された頃FMで全曲聴いてはいた。ちょっと変な作品だなと思って、買うところまでいかなかったんだよな。その違和感は次の作品「リズム・オブ・ザ・セインツ」で決定的になり、とうとう売り飛ばしてしまって、サイモンへの関心もしぼんでしまった。

 もともとポール・サイモンは、小6で「サウンド・オブ・サイレンス」を買いに走って以来、少年時代のぼくのアイドルだったのだ。アコースティック・ギターに粋なハーモニー、メロディアスな曲作り、それが魅力だった。ソロになってからのビートの効いた曲も悪くなかった。あまり評判にならなかった「ハーツ・アンド・ボーンズ」も、ぼくは愛聴していた。それがこの「グレイスランド」を聴いた時、何かしっくりこなかった。グラミーをとるほどのできとは思えなかった。

 それでも今回聴き直して、いい曲も入ってると思えるようになった。次作の「リズム・オブ・ザ・セインツ」は、メロディの美しさが感じ取れなかったが、ここではまだその良さは残っていると思った。物足りないのは、アコースティック・ギターをいかした音作りじゃないからかな。

 よその音楽のいい所を感じ取るのもいいが、「かぶれ」で終わっては元のものに負ける。有名な「コンドルは飛んでいく」も、本場のフォルクローレには負けていた。やっぱりこの人の持ち味は、ギターを効果的に使ったメロディアスな曲作りにあると思うのだ。
e0006692_221007.gif 

by pororompa | 2007-09-24 22:10 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/6515420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。