ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 128】 RY COODER / BOOMER'S STORY semスキン用のアイコン02

  

2007年 08月 31日

e0006692_18291660.jpg 若い頃聴いた音楽はその人の好みを決定するらしい。そしてまた、ある時代の記憶と音楽が切り離せないこともよくあることだ。慣れ親しんだ真黒いざらざらしたLPジャケットから見ると、ちゃちなプラケースの中でライが手を振って微笑んでいる写真は頼りなかったが、音が出た途端に、その音は否応なくぼくをあの時代に引き戻した。強烈に震えるライのスライド・ギター。ぼくは8月の最後の一日の夕暮れ、仕事帰りの蒸し暑い部屋に、呆然としてただ座り込んだ。

 どんな記憶かいちいち書かないでおこう。他者にはどうでもいいことだし、取るに足りない記憶だ。悩める時代ではあった。将来が見えず、公園の迷路のように行き止まりにぶつかっては試行錯誤を繰り返していた。そんな時代に、サウンドトラックのようにライのこのアルバムが流れていた。

 思えばライに興味を持ったのは、高校生ぐらいか。「ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート」が、ワーナー・パイオニアのサンプラーLPに入っていたのを聴いたことだった。インストだがこの演奏は強烈に耳に残る。都会の寂しい袋小路、その暗がりを思った。そして大学を辞めたり落ちたりしていた頃、兄貴の部屋の押入でこのLPは、へし曲がってしまっていたりしたっけ。波打つ針先から流れる「マリア・エレーナ」の美しさ。そしてへろへろとした物憂げなボーカル。何度も聴いたためにシャリつく音。そんな音とともに、あの水害までこのLPはぼくの人生に付いて来ていた。

 2,3日前の夜、酔ったぼくは700円即決の中古CDを、朦朧とした中で落としていたようだ。ちょうどいいタイミングで、そして素晴らしい音で、夏の終わりに懐かしい歌が帰ってきた。邦題「流れ者の物語」。今思うと聴いていた自分自身が人生の流れ者だったのだ。
e0006692_1921735.gif

by pororompa | 2007-08-31 19:05 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/6377847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。