ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 THE MODERN JAZZ QUARTET / PORGY & BESS semスキン用のアイコン02

  

2005年 08月 20日

e0006692_10462423.jpg 秋風が吹いてきた。するとジャズである。折しも、大きな仕事が終わった。気分を変えるのにちょうどいい。

 ジャズへの入り方は人によっていろいろだと思うが、ぼくの場合はMJQである。アルバムで言うと「ピラミッド」。出会ったのは19ぐらいの頃だったと思う。それから学生時代に50年代の諸作や「ラスト・コンサート」「ヨーロピアン・コンサート」などをよく聴いた。ころころと転がっていくようなミルトのヴァイブの音が大好きだ。

 このアルバムはMJQの中ではあまり語られないが、ぼくは名盤だと思う。1965年というと、もうMJQなど忘れられ、話題にもならない。ジャズそのものがロックに食われて急激に廃れた時代だ。50年代後半に出ていたら、もっと扱いは違っただろう。でもぼくは、有名なプレステッジの「ジャンゴ」やアトランティックの「フォンテッサ」「大運河」なんかより、このアルバムの方がずっと好きだ。

 何と言っても曲がよい。ガーシュインの組曲「ポギーとベス」は、レイ・チャールズとクレオ・レーン、ローランド・ハナとジョージ・ムラーツ、そしてこのアルバムと、ぼくには3枚の愛聴盤があるが、「サマー・タイム」「アイ・ラブ・ユー・ポギー」「マイ・マンズ・ゴーン・ナウ」「ニューヨーク行きの船が出る」などなど、どれをとってもほんと名曲ぞろいだ。

 でもこの組曲、原曲はオペラなんだけど、そっちの方はちょっと遠慮したいと思った。この間ラジオで聴いたけど、なんかね‥。ベル・カント唱法で「サァ~マタァアアア~~ィム」なんてやっても、ちょっと違うというか、曲の本質に合わないんじゃないかな。

 ま、考えてみると、ガーシュインさんという人は、クラシック的なカチッとした枠と、ジャズやブルースの歌心を併せ持った人だから、クラシック趣味のジョン・ルイスと、ジャズやブルースの歌心全開のミルト・ジャクソンが絡み合うMJQには、まさにぴったりというわけだ。
e0006692_11265554.gif

by pororompa | 2005-08-20 11:31 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/578112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。