ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 107】 井上陽水 / LOVE COMPLEX semスキン用のアイコン02

  

2007年 04月 27日

e0006692_2383293.jpg 明日から連休だということに気がついた。教員稼業にはこの日もまた一つの節目か。月曜日の夜に井上陽水を聴いてきたのでこれをかけている。

 陽水を生で聴いたのは何と35年ぶりである。中学生ぐらいに、労音で来た陽水を百円で聴いた記憶がある。安田裕美のギターと二人だけだったが、フォーク少年には強烈なインパクトだった。何という歌のうまい人だろうと思ったものだ。

 35年ぶりの今回のコンサートも充分楽しめた。選曲が初期の曲に偏りやや通俗的ではあったけれど、八千円も出して来てくれた古いファンへのトシを重ねた陽水なりのサービスだろうと思えたし、酷いPAの音も、席が悪かったと思えばそう腹も立たなかった。後半のエレクトリック・セットから一気に盛り上がったし、アンコールで4曲もサービスしてくれた御大に文句を言う気持ちはない。「5月の別れ」をやってくれただけでも感激だ。

 このアルバムは陽水のソロ・アルバムでは一番新しい。予習のつもりで買ったら、着いたのはコンサートの当日の朝だった。このアルバムからやったのは3曲だけだったのであまりその必要もなかったが、アルバムそのものはなかなか面白いアルバムだ。

 一番インパクトが強烈なのは、ラストに入っている「あなたにお金」。「あなたにお金~ 金をあげたら帰ろう~・・・」なんじゃそりゃ・・・。ところが、このフレーズがあの声で哀調たっぷりに歌われると、たちまちそこに何かしらドラマが生まれる。続けて「メロンを抱いて~ 星を見ながら帰ろう~・・・」ときた。「ああそうかぁ・・・、うん、そうね・・・わかる」という人生ドラマに、有無を言わさず引きずり込む。抒情的でペーソスたっぷりであるのだが、思わず笑わずにはおれない。

 もう一つ気に入ったのが、ウッド・ベースとフィンガー・スナップだけで始まる「蜘蛛の巣パラダイス」。「ブルー・セレクション」を作った陽水だが、このジャズ風アレンジは今現在の彼自身の音楽的嗜好の一つなのだろう。

 それにしてもこのジャケット。簡単にはトシはとらんぞというふてぶてしさと笑いが銀紙の向こうに見えるようだ。
e0006692_14395011.gif

by pororompa | 2007-04-27 23:58 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/5579693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。