ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 105】 MILT JACKSON QUARTET semスキン用のアイコン02

  

2007年 04月 15日

e0006692_13174953.jpg これも前から欲しかった一枚である。そして期待通りの中身だ。55年録音で当然モノラル。だが音はいい。ミルト・ジャクソンのマレットさばきを充分堪能できた。後のMJQ時代よりもちょっと固めの音に感じるが、でもその金属音が心地よい。

 メンバーはピアノがホレス・シルバーである以外は初期のMJQと同じだが、ジョン・ルイスとホレス・シルバーでは出てくる音がまるで違う。このことについてはいろいろ言われるが、ぼくはどちらも好きだ。

 曲もいい。1曲目はどこかで聴いたと思ったら、ビル・エバンスの「シェリーズ・マン・ホール」でのライブ盤に出てくる「Wonder Why」。くつろいだ雰囲気で始まる。2曲目のマイナー・キーの曲はちょっと変わった解釈の「マイ・ファニー・バレンタイン」だった。3曲目はやはりマイナーの「Moon Ray」という曲。「朝日のようにさわやかに」ぐらいのテンポで快調にアドリブ・ソロが続く。後半はミルトらしいブルースを挟んでバラードが2曲。バラードはほんとにうまい人だ。

 ピアノがホレスだということはあまり考えなかった。ここではピアノは脇役である。フレームだ。額縁が違えば絵の味わいは変わるだろうが、それも主役あってのものだ。とにかくここでは主役が主役らしい。圧倒的な存在感を放っている。
e0006692_1451349.gif

by pororompa | 2007-04-15 14:15 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/5512015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。