ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 98】 THELONIOUS MONK / PLAYS DUKE ELLINGTON semスキン用のアイコン02

  

2007年 02月 25日

e0006692_1748356.jpg 昨日は一日学校にいたので、今日は完全に休日を決め込んだ。ジャズのCDをまとめて買ったせいか、ここのところ家でも車でもジャズを中心に聴いている。聴き込むとディープなものを聴きたくなる。特に疲れもなく体力のある休日はそうだ。今日はLP棚から取り出してモンクを聴いた。確か就職してから一度も聴いた記憶がないブルーノート盤だとか、ヴォーグのソロ・ピアノ、そしてこのレコードだ。

 モンクはこの後リバーサイドで傑作を連発して一気に人気が出るが、これはモンクがリバーサイドに移籍して最初のアルバムだ。プロデューサーのオーリン・キープニューズは、いきなりオリジナル曲ばかりよりエリントン集あたりからと思ったようだが、結果的にはあまり受けなかったという。モンクと言えばその強烈に個性的なオリジナル曲に持ち味があるのに、こんなことをさせてと非難されたらしい。でも、ぼくはこのアルバムが大好きだ。モンクは作る曲だけでなく演奏そのものが強烈に個性的なのだ。特にエリントンは素材として合っていたと思う。

 ぼくは特にアマノジャクではないと思うのだが、ブルーノートはそれほど好きなレーベルではない。一番好きなのがリバーサイドだ。オーリン・キープニューズがいたからエバンスの「ワルツ・フォー・デビー」も生まれた。モンクにエリントン集を作らせたのも決して売れ線狙いではない。それそのものがいいというのが、例えばクリード・テイラーのVerveやA&Mでの売れ線盤なんかと決定的に違うところだと思う。

 曇り空の窓辺にモンクのあの突っかかり引っかかりのソロが流れて今B面が終わった。もう少し聴きたくなる。あの奇妙で人なつっこいメロディが聴きたい。コルトレーンと組んだ盤を聴こう。そう言えばちょっと前にコルトレーンとの音のいいライブ音源が発見されたと騒がれていたが、ぼくはまだ聴いていない。
e0006692_18222864.gif

by pororompa | 2007-02-25 18:28 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/5224106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 平泉澄 at 2007-02-25 20:27 x
トラックバックありがとうございました。
私もモンクは好きですね。
若い頃、何かに憑かれたようにモンクばかり聴いていた日々がありましたが、いつの間にかモンクを聴かなくなり、忘れられた存在になってしまいました。
数年前に、『portrait In Jazz』(新潮文庫)の村上春樹さんのモンクに関する文章を読んで共感し、モンク熱が再燃しました。
Commented by pororompa at 2007-02-25 20:42
ちょうど平泉さんのブログでも話題にされていましたね。
モンクは小学校教員の日常には不似合いだったのか、ずっと遠ざかっていたのですが、このごろ妙に聴きたくなり引っ張り出してみたのです。
日常には不似合いでも、しばらく聴き込むと耳が非日常的になってくるのか、今日はすんなり入ってきました。