ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 96】 DEXTER GORDON / GO semスキン用のアイコン02

  

2007年 02月 11日

e0006692_2349563.jpg まあこれも悪くはない。2回目、3回目と聴く内にだんだんよくなってきた。世間では「名盤」で通っているようだ。

 デクスター・ゴードン。長くジャズを聴いてきたが、あんまり縁のなかった人だ。今まで1枚も持っていない。映画「ラウンド・ミッドナイト」で、ほとんど「素」のまま主役のジャズマンで出ていた。その他はあんまり記憶にない。この前、YouTubeで観た映像にベン・ウェブスターらしきスロー・バラードが流れていたが、デクスターではないかという書き込みもあった。何か太いサックスの音を聴きたくなっていた時に、それがちょっと頭をかすめたので、何となく今回の注文に入れたのだった。

 1曲目、やや速めのマイナー・キー「Cheese Cake」で始まる。本人作のようだが哀調がある。2曲目がバラード、この流れもいい。3曲目のミディアム・テンポでちょっとドラムが気になる。やっぱりこの人だ、ビリー・ヒギンズ。チンチキ・チンチキと耳に触るスタイルが昔からどうも好きになれない。4曲目からLPならB面になるのだろう。スタンダードの「Love For Sale」。ラテン・フレイバーでテーマを流した後、いっそう際立つ「チンチキ」に乗ってソロが続く。でもまあ、ドラムを気にしなければ悪くない。ピアノはソニー・クラーク。主役だといつも不満が残るが、脇役なら問題ない人だ。5曲目のバラードでおやおやと思った。ベンの「ソウルヴィル」に入っている「Where Are You」ではないか。違いが分かって面白い。ベンよりは淡泊だが、十分楽しめた。最後はリラックスしたミディアム・テンポのナンバー。

 気がついたらまた1曲目からかけている自分がいた。不満も並べたが、なかなか親しみのもてるアルバムだった。
e0006692_0261193.gif

by pororompa | 2007-02-11 23:59 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/5134357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。