ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 91】 長谷川きよし / 遠く離れたおまえに semスキン用のアイコン02

  

2007年 01月 13日

e0006692_22443557.jpg 長谷川きよしの、長谷川きよしによる、長谷川きよしらしいアルバムだ。ギター一本、異国の路上で、究極の「ストリート・パフォーマンス」を繰り広げる。チューニングがどうだとか、弾き方が荒いとか、ミスがあるとか、そんなことばかり気になる上品なリスナーは聴かない方がよい。はやり歌とは無関係に、心にしみる歌を聴きたい人は、廃盤にならないうちにすぐ買おう。そして目の前に座って弾き語ってもらっているつもりで聴こう。続けて聴いているうちにだんだん引き込まれていくだろう。そういうアルバムだ。

 ぼくがこのアルバムを最初に聴いたのは、昔々、学生時代のFMラジオだ。自ら録音のエピソードを語りながら何曲かかけてくれた。今回のCD化でそれほど感慨があるわけではない。もともと路上録音だからサウンドが飛躍的によくなったとかあまり感じない。むしろ、チープなラジカセみたいなものから聞こえてきた方が感動できるかもしれない。それでも気楽に聴けるという点ではCDはいい。

 時を越えて、若い世代であるぼくの息子にもアピールしたのがタイトル曲の「遠く離れたおまえに」だ。ぼくの気に入りは、1番と2番の間に絶妙の山羊の声の合いの手が入る「キャティ」と、悲しくも美しいシャンソン「小さなひなげしのように」。LPで言えばB面がいい。

 このアルバムをCDで復刻したのは、もともとの制作者の兼松光氏だ。キングから買い取って、自らのレーベルで出しておられる。ぼくはうかつにも大手通販で買ってしまったのだが、直接買った方が兼松さんにとってはよかったようだ。長谷川きよしの公式サイトで語っている。これから買うつもりの人は、フラッシュポイント・レコーズから買ってほしいと思う。
e0006692_1911537.gif

by pororompa | 2007-01-13 19:12 | 音盤的日々 | Trackback(1) | Comments(2)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/4912189
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Lost Romance.. at 2007-01-20 00:42
タイトル : 遠く離れたおまえに
「日本のホセ・フェリシアーノ」と例えられることの多い長谷川きよしだが、盲目のギタリストでシンガーという共通項は有るものの、彼の構築する世界は、やはりワン&オンリーなものだと思う。 彼はデビュー当時から、サンバやシャンソン、カンツォーネなど、世界の様々な音楽を取り入れてやって来た。しかし個人的な見解ではあるが、よく聴いているとそれらは全て、良い意味で日本的なものへと収斂しているような気がする。そしてこのあたりが、彼ならではの独自性の秘密を解く鍵のひとつでもあるようだ。 「遠く離れたおまえに」...... more
Commented by oldblues at 2007-01-20 00:43
こんにちは。TBさせていただきました。
どうぞよろしくお願いします
Commented by pororompa at 2007-01-20 13:12
あ、わざわざありがとうございます。oldbluesさんもexciteだったんですね。

このアルバムを愛聴されている方に出会えてうれしいです。