ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 89】 大貫妙子 / クリシェ semスキン用のアイコン02

  

2006年 12月 30日

e0006692_22573492.jpg 中古CD店で300円引きセールをやっていたので、一昨日5,6枚買ってきた。これはその一枚。大貫妙子は好きで10枚ぐらい持っているが、どれも悪くないんだけど「これだ!」というのがない。その中でこの「クリシェ」はかなり上位に来るんではないか。もっと早く聴いておけばよかったと思った今回の出合いである。

 まず、坂本龍一と組んだ初めの4曲がいい。と言っても、「黒のクレール」と「ピーターラビットと私」は別の盤で既に聴いてはいた。この「ピーターラビット」はアレンジがよくて、前から気に入っていた曲だ。特にドラムが気持ちよい。打ち込みなんだろうがいい感じだなあと前から思っていたら、何と教授ご本人の演奏だった。ぼくのポップス童謡作りの一つのお手本となっている曲である。

 5曲目から後の、フランスのアレンジャーやミュージシャンとやったものも悪くはない。シャンソン風の⑥などいい味を出している。でも、全体にもうちょっと躍動感というか、切れが欲しいかな。

 この人は初期の作品なんかを聴くとヴォーカルがちょっと聴きづらいが、この作品の頃はもう安心して聴けるし、後になるほど良くなっている。もともといい声をしているが、それだけでなく歌い手としても精進してきたことが感じられる。

 全体にややおとなしいが、この人のよさが出た品のよい好盤。
e0006692_22564824.gif

by pororompa | 2006-12-30 23:27 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/4820299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 平泉澄 at 2007-01-29 21:23 x
こんにちは、平泉澄です。
大貫妙子は大好きですね。
”西洋かぶれ”の私は、日本人のミュージシャンはあまり聴かないのですが、大貫妙子は数少ない例外のひとりです。
何を隠そう、私も長年フォローしていて、比較的最近のものも聴いているのですが、初期の”フランスもの”の中では、mignonneやromantiqueあたりがお気に入りですね。
紹介されているCliche' に入っている「風の道」はいい曲ですね。
心が疲れた時、今でも時々取り出して聴くことがあります。
Commented by pororompa at 2007-01-29 21:36
大貫妙子いいですよね。あの声が好きです。
90年代に入ってからの「DRAWING」や「NEW MOON」あたりも気に入ってます。