ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々 86】 岩崎宏美 / パンドラの小箱 semスキン用のアイコン02

  

2006年 12月 02日

e0006692_20473833.jpg 休日の朝に届いた2枚のCDの内の1枚がこれだ。いまさらアイドル歌手でもないだろうと妻に笑われたが、これも水害まではLP棚にあったやつだ。

 アイドル歌手に夢中になったことはないが、中高生時代にわりと好きだったのがこの岩崎宏美だ。もちろん外見も十分好きだった。そして歌もまた好きだった。その後大学に進んで、入り浸っていたジャズ喫茶のマスターが岩崎宏美のファンだったりしたが、そう言われても驚かないようなうまさと魅力がこの人にはあった。

 そんなジャズ馬鹿時代にも愛聴していたこのアルバム。しかし岩崎宏美というだけでは買い戻さなかったと思う。筒美京平が作曲・編曲・演奏全部に絡んで、抜群の完成度なのです。半分は筒美京平のアルバムじゃないかと思う。特に初っぱなの「媚薬」と「パンドラの小箱」。作詞は阿木燿子。「誰かが押したボタンで ジュークボックス廻って あの曲が流れてきたの 私は話し出す」。いいすよ。うまい作りですね。もちろん歌もうまい。アイドル歌手の範疇超えてる。これで歌が書けたらマライア・キャリー並でしたな。

 ま、ニッポン歌謡曲の最高レベルのアルバムということで。職人技と若き美声に敬意を表し、星五つあげちゃいましょ。
e0006692_2114567.gif

by pororompa | 2006-12-02 21:15 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/4662133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。