ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 小田和正 / LOOKING BACK 2 semスキン用のアイコン02

  

2006年 11月 27日

e0006692_23214234.jpg 珍しく仕事のことをあまり考えない週末をのんびりと過ごし、ぼくはいつものようにあと30分で寝ようとしている。どこか心が満たされない気分だが、それはよくある日曜の深夜の気分だ。蛍光灯を消して白熱灯を二つ点け、ぬるいワインをついだ。パソコンを眺めすぎたのか、悲しくもないのに涙が出てくる。

 小田和正。本気で歌を作るようになってから、特に自分でアレンジをするようになってから、この人が音楽家として相当優れた人だというのが分かってきた。若い頃、どこか惹かれながらも、気恥ずかしいと思っていた歌が、歳を取って返ってすんなりと聴けるようになった。いやむしろ、時間が経ってみて値打ちが分かるようになってきた。昔、時間が経てばもっと値打ちが分かってくるよと思った歌の中には、無惨に色褪せたものもある。そして軽く見ていたいくつかの歌が消えずに残り、輝きを増しさえした。

 過去の自分の作品をもう一度練り直そうとしたこの作品は、この音楽家の底力がいっそう浮かび出る。相容れない部分もあるけれど、惹かれる部分の方が大きくて、ぼくは歳を取るほどこの人の歌に近づいていっている。歌謡曲。古いアメリカン・フォーク。歌の表面には出てこないけれど、ルーツにはそれがあるという。なるほど。そうだね。

 ぼくの40代も終わろうとしている。もうすぐ50か。目もかすみ、体も確かに衰えた。子どもも巣立った。それでも、この歌を楽しめる自分があることはうれしい。ワインをつぎ足し、目をつぶって聴いていたら、満たされない気分が少し解消した。おお、もう12時か。寝るとしよう。
e0006692_00046.gif

by pororompa | 2006-11-27 00:00 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/4625155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。