ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 SOPHIE MILMAN / MILMAN semスキン用のアイコン02

  

2006年 10月 29日

e0006692_22551848.jpg 昨日はやたらに金を使った日だった。元々ぼくはあまり金を使う方ではないから、珍しい日だ。久しぶりに街でCDを数枚買い、職場の仲間と飲み、帰宅したらヤフオクに入札していたクラシック・ギターが落ちていた。まあどれも惜しいものはないし、金は使うためにあるものだ。

 この怪しげなおねーさんのCDはその中の一枚、タワー・レコードで買ったもの。本当は橘通にある「レコード・プラザ」という中古店に行くつもりだったのである。悲しいことに看板が取り外されていた。店を閉められたのだろう。ぼくも車生活になってから滅多に行くこともなくなっていたが…。

 そこで気を取り直してタワレコに向かった。いろいろ見たが、最近は通販で大体は押さえている。ビル・エヴァンスの「I WILL SAY GOODBYE」が千円で出ていたが、後はあまり面白いものはない。3枚組の安いジャンゴ・ラインハルトの箱物を買って、帰りにちょっと試聴機を覗いた。

 タワレコの試聴機でつかまるというのはわりと多いパターンだ。この前のセルメンがそうだし。このアルバムは宣伝文句に「現役女子大生…」とか書いてあったが、そんな興味で聴いたわけではないし、このルックスも好きではない。胡散臭そうだ。「ジャズボサ」というところにある3枚の中の1枚であったに過ぎない。

 1曲目の「おいしい水」が意外に正統派で活きがいい。曲順を見ると後半にぼく好みの曲が並んでいるので跳ばして聴いてみた。

 ほう。これはこれは。エラ・フィッツジェラルドである。ボサノバは1曲目だけで、バリバリのジャズ・ヴォーカルだ。いや、若いなりの仕掛けも所々にしてある。「My Heart Belongs to Daddy」がちょっとクサいスパイ映画何かの主題歌みたいな8ビートのアレンジで出てくるが、これがなかなか楽しい。それでいて歌はぐんぐんスウィングする。

 そうかと思うと「バラ色の人生」はフランス語だ。そして驚いたのは「黒い瞳」をロシア語で歌い出したことだ。それのそのはず、このミルマンさん、ロシア人だった。でも、小さい頃からジャズを聴き込んだというだけあって、ジャズはりっぱなもんである。日本盤ボーナス・トラックの「I Gotta Have My Baby Back」、大好きなエラのヴァージョンにも負けないできだった。これで急遽購入決定。

 帰ってじっくり聴いてみると、このアルバム、前半がちょっと凡庸だ。普通のジャズ・ヴォーカルになっている。曲順のミスという気がする。前半と後半を入れ替えたらよい。そしてビッグバンドをバックにマイナー調で豪快にスイングする7曲目の「Lonely In New York」あたりを一曲目に持ってくると、「ララバイ・オブ・バードランド」で始まるサラ・ヴォーンのアルバムみたいで、格好良く決まると思うのだが。

 しかしそういう欠点を補って余りあるぐらい後半がいい。選曲よし、編曲よし、演奏よしの3拍子を得て、のびのびと歌う有望新人の立派なジャズ・ヴォーカル・アルバムである。
e0006692_23384866.gif

by pororompa | 2006-10-29 23:38 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/4449068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。