ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 CEC CD3300R semスキン用のアイコン02

  

2006年 08月 29日

e0006692_1956843.jpg CDプレーヤーを替えた。前のは正しくはCDレコーダー。PIONEERのPDR-D7という機種で、自作CDを焼くために買ったものだ。しばらくはその用途で活躍していたが、やがてその役割をパソコンに譲るようになった。その後は主に再生機として使っていたが、録音用としても使い道は残っていたので貴重な存在だった。それは針のレコードなどをデジタル化する時に、いきなりパソコンに取り込むと不安定なので、この機械を使ってCD-RWなどに取り込みデジタル化していたのである。ところがこの夏にハードディスク・レコーダを買ったことで、その必要もなくなった。

 このPDR-D7は、CDプレーヤーとしても優秀だそうである。定価は12万とか書いてあるが、ぼくは確か新品で6万ぐらいで買ったと思う。音がいいということになっているが、ぼくにはよく分からない。ぼくはソフトとしてのCDやレコードには興味があるが、オーディオの方はとりあえずいい音楽が鳴ってくれればいいぐらいにしか思ってない。その前に使っていてトレイの開きが悪くなったDENONのDCD-1610というプレーヤーと比べて、どこが違うとかあまり感じなかった。それよりこの機械は、再生機として使うにはいらいらする点があって、このことがいつも気になっていた。鳴る前に「CD? CD-R?・・・」と調べる時間が長い。録音機だからしょうがないのだろうけど、もうその用途が終わったのでわざわざ使い続ける意味がない。元気な内に売って再生専用のを買った方がいいのではと思ったのだ。ヤフーオークションでもう買い手がついたので、これがぼくの元を離れることは決まっている。

 替わりに届いたのはこれ、CECというメーカーの、CD3300Rという機種である。3万ぐらいのプレーヤーだが、値段以上のものだと、インターネットに集まる若い人の間で評判がいい。黒と銀色とあるが、ぼくが選んだのは黒い方である。見た目はどうでもいいけど、写真で見る以上に青い文字が鮮やかでいい。DCD-1610なんかと比べて安っぽいが、CDを鳴らすだけのシンプルな機械という感じもする。

 さて、配線が終わってと・・・。問題は音だ。まあCDなんてデジタルのファイルの再生だろ。回転する必要さえない時代だ。音の違いなんてあるのかな。とか思いながらCDをかける。息子が口ずさんでいた井上陽水。

 ・・・・・・・・・。ん?・・・・。何か軽いよね・・・・。気のせい・・・?。たまたま聴いていた妻もそう言う。その時一瞬、頭の中に、3つの機械の値段の差が図式として浮かんだ。6万、6万、3万・・・、やっぱり値段かなあ・・・。技術が進んでいるから、新しい方が上だと思ったんだけどなあ・・・。

 ところがあれこれ鳴らしている内に、けっこういい音で鳴り出したよ。確かに最初はすかすかした軽い音だったのに、30分もするとコルトレーンが豊かに鳴っている。これはどうしてだろう。おんぼろアンプが温まっていなかった?、かけたCDが悪かった?、最初は期待が大きいからそんな感じがするだけ?・・・。よくわからんけど、まあいいや。もともと違いが分からない男だ。シャバダーとインスタント・コーヒーでも飲んで、後は気にせずいろいろ聴きまくった。

 それでも、ジャンク扱いで売ろうと思っていたDENONのDCD-1610は、一応とっておくことにした。2万ぐらいの修理代で直りそうだからね。そうしたらこのCECよりよかったりして。とは言っても、今日も青い光を放ってクリフォード・ブラウンのラッパを軽快に鳴らしているこいつを、とりあえず聴きこむことにする。

by pororompa | 2006-08-29 20:46 | こころの糧 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/4068554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。