ぽろろんぱーぶろぐ

pororompa.exblog.jp

ブログトップ | ログイン

semスキン用のアイコン01 【音盤的日々391】THELONIOUS MONK / SOLO MONK semスキン用のアイコン02

  

2017年 08月 13日

e0006692_21205368.jpg 8月になってようやく休みが取れると思ったらPCが壊れた。それから慌ててPCを買い、恒例の夏の集会は台風にたたられながらもそのニュー・マシンで何とか切り抜け、息子も帰省してようやく夏らしくなったと思ったら、もう十日も過ぎていた。

 そう言えば図書館から借りた本を返す日が来ていた。一冊だけ読んでない本があったので、それを何気なく読み始めると、なかなかに興味深い本だったので、返すのを一日延ばした。それが昨日。

 それは、
モンクについて書かれたものを村上春樹がまとめた本だった。村上自身の書いた文はさっぱり面白くなかったが、モンクを知る関係者の書いたものがかなり面白い。一日中モンクをいろいろとっかえひっかえ聴きながら、その本を読んだ。

 特によかったのが、リヴァーサイドのオーナー、オーリン・キープニューズが書いたもの。ぼくは
リヴァーサイドに好きなものが多い。それがなぜかがよく分かる文だった。その、キープニューズがはっきり書いている。メジャーに行ってから出したもので、うちで出したものを超える作品はなかったと。

 異論はない。同感だ。そしてそれはモンクに限らない。

 まあでも、そんなには悪くないかも。十分休んで、身も心も調子よく感じる今だからなのか、一連のCBS盤もいつになく好ましく聞こえた。

 この作品は、曲がスタンダード寄りであるし、モンクにしては洗練され過ぎている。でも、悪くない。うん、悪くないんだが、星をつい辛くしてしまうのは、どうしても比べてしまうせいかな。
e0006692_21220564.gif

by pororompa | 2017-08-13 21:56 | 音盤的日々 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://pororompa.exblog.jp/tb/25979195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。